地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷

地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷、副題( 森鴎外と福沢諭吉、三田文学における その後 ・・・ )

柳井市長選告示 両候補、出陣式で第一声

2017年02月20日 | ポリエチレン製 ガス管
柳井市長選告示 両候補、出陣式で第一声

19日に告示された柳井市長選はいずれも無所属で、3選を目指す現職の井原健太郎氏(42)と元会社役員で新人の岸井静治氏(71)=届け出順=が立候補し、現職と新人による一騎打ちで8年ぶりの選挙戦に入った。両候補はそれぞれ出陣式を開き、市の課題を巡り第一声を上げた。              

井原候補はゆめタウン柳井駐車場で出陣式を開き、約600人(陣営発表)が駆け付けた。「2期8年間、市民と一緒に考え、決め、取り組んできた」と第一声。「地域の課題を自ら解決する夢プランの作成を全市に広げ、学校区によ… [記事全文]  ・・・ 2017/02/20 00:00  【山口新聞】 配信より

私のコメント : 山口県 柳井市長選 告示 両候補、出陣式で第一声、柳井市長選、現職と新人による一騎打ちで8年ぶりの選挙戦に入った。 関係者 皆様、8年ぶりの選挙戦に入った柳井市長選についても注目をしていきたい。

山口県 柳井市長選挙の投票は一部の地域を除いて今月26日に行われ、即日開票される、今回の選挙で市内178か所に設置される候補者のポスターの掲示板のうち1か所で設置されていなかったことが柳井市選挙管理委員会でわかり、19日の午後になって設置したということです。柳井市選挙管理委員会は「選挙事務内容の再確認、チェック体制の徹底を図り、厳正な選挙事務の執行に努めます」とコメント。

これから、家庭用浅井戸ポンプ 、井戸 ポンプ 給水機 製造会社、水道メーター、水道管、水道工事 関係者 皆様 にとっても、・・・・

山口県 柳井市出身の 山口県 故山本繁太郎 前県知事による、今迄に、全力で、その身命をかけた、故郷を思う、お気持ちについても、その内容を継いでいける努力されるであろう 柳井市長選 候補者へ 応援されていかれたいと感じる。

平成29年2月20日、島根県 津和野町 商工観光課より、私の許へ、連絡が入り、その連絡内容について、私は、津和野町 商工観光課へ対応した。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

昭和シェルとの統合に反対=大株主の出光創業家が表明―総会承認が困難に

2016年06月28日 | ポリエチレン製 ガス管
昭和シェルとの統合に反対=大株主の出光創業家が表明―総会承認が困難に

出光興産の創業家とその関連会社は28日、2017年4月に予定する出光と昭和シェル石油の経営統合に反対すると表明した。創業者の出光佐三氏の長男で1981年から93年まで社長を務めた出光昭介氏らが反対しており、創業家側の持ち株比率は33.92%に上る。今後開催が見込まれる臨時株主総会で、統合承認に必要な議決権の3分の2以上の賛成を得るのは困難な情勢となった。

人口減少や自動車の燃費向上などで国内石油市場の縮小が続く中、石油元売りで国内2位の出光と5位の昭和シェルは生き残りを図るため、経営統合に基本合意した。創業家側は28日に公表した文書で、国際石油資本(石油メジャー)に対抗してきた出光と、メジャー系の昭和シェルでは企業体質が異なると統合に反対。「統合効果を挙げるには多大な困難と時間が必要」と主張している。

これに対し、出光は「経営統合が最善の策と確信しており、統合に向けた協議を継続していく」とコメントを発表した。昭和シェルも「経営統合の準備は今まで通り粛々と進める」(広報部)とコメントした。  ・・・ 平成28年6月28日(火)、時事通信 14時48分配信より

私のコメント: 創業家側は、国際石油資本(石油メジャー)に対抗してきた出光と、メジャー系の昭和シェルでは企業体質が異なると統合に反対。 「 統合効果を挙げるには多大な困難と時間が必要 」と主張している。メリットのない統合だと。出光と、メジャー系の昭和シェルとの体質や 全国各地の製油所、主要地における、ガソリンスタンドの経営競合や、配置へとも 続くと、メリットないことが、すでに、上場もされている各社における株式、株主における利益分配へと、今後、更に、問題も生じてくる。その大分銀行における・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山口合同ガス株式会社 山口支店 供給部 供給課 

2016年03月24日 | ポリエチレン製 ガス管
平成28年3月24日(木)、私から、今回の私道 コンクリート打ちの工事における、工程表が到着しないという内容の件にて、平成28年3月22日に、山口合同ガス株式会社 山口支店 供給部 供給課 立石義雄課長へ連絡していた内容にて、山口合同ガス株式会社 山口支店 供給課 立石義雄課長が、来宅をされて、今までの山口合同ガス株式会社による私への対応について、不手際があり、工事日程表と工事に関する、今後の工事着工に関する調整をされた。

その際、山口合同ガス株式会社 山口支店 供給課 立石義雄課長による、私のブログ表記における私の説明内容について、その意見があったが、私からは、私の立場の正当防衛を、周囲の皆様へ、その説明している旨についての了解を求めた。今までのブログ表記内容についても、その事実の経緯に沿っているため、山口合同ガス株式会社 山口支店 供給課 立石義雄課長から、山口合同ガス株式会社による 私への対応については、現在も、その不手際があり、その了解をされた。

平成28年3月7日(月)、山口市 山口合同ガス株式会社 山口支店へ私は、行き、山口合同ガス株式会社 山口支店 供給部 供給課 立石義雄課長と私は、「 ガス導管埋設のための私道使用承諾書 」に関する 面談をした。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「 ガス導管埋設のための私道使用承諾書 」

2016年03月09日 | ポリエチレン製 ガス管
「 ガス導管埋設のための私道使用承諾書 」

平成28年3月9日(水)、山口市 山口合同ガス株式会社 山口支店へ私は、行き、山口合同ガス株式会社 山口支店 供給部 供給課 立石義雄課長と私は、「 ガス導管埋設のための私道使用承諾書 」に関する 面談し、自宅の前には、自家所有の駐車場 スペースもあるため、その条件をつけて、私は、「 ガス導管埋設のための私道使用承諾書 」に関する契約書をとりかわした。

平成28年3月9日(水)の同日、防府市 防府ロータリークラブ、傘下 防府商業高等学校 インターアクトクラブ活動 顧問教師の立場ににおいても、私が、そのお世話になっていた株式会社 羽嶋松翠園 代表取締役 羽嶋秀一様のもとへ、連絡を入れた。

平成28年3月7日(月)、山口市 山口合同ガス株式会社 山口支店へ私は、行き、山口合同ガス株式会社 山口支店 供給部 供給課 立石義雄課長と私は、「 ガス導管埋設のための私道使用承諾書 」に関する 面談をした。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山口市 山口合同ガス株式会社 山口支店

2016年03月07日 | ポリエチレン製 ガス管
平成28年3月7日(月)、山口市 山口合同ガス株式会社 山口支店へ私は、行き、山口合同ガス株式会社 山口支店 供給部 供給課 立石義雄課長と私は、「 ガス導管埋設のための私道使用承諾書 」に関する 面談をした。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山口市大内御堀1715番 山口合同ガス株式会社 山口支店長 兒嶋 徹氏から・・・

2016年03月07日 | ポリエチレン製 ガス管
平成28年3月7日(月)、山口市大内御堀1715番 山口合同ガス株式会社 山口支店長 兒嶋 徹氏から 私に対し、「 ガス導管埋設のための私道使用承諾書」が 山口合同ガス株式会社 山口支店 職員より、ようやく、その提示をされた。

平成28年3月4日(金)、「 ガス導管埋設のための私道使用について 」 山口合同ガス株式会社 山口支店長 兒嶋 徹氏から私への 今までにおける、その配下における山口合同ガス株式会社 山口支店 職員による、「 ガス導管埋設のための私道使用承諾書、その説明における各経緯に関しても 」 その対応経過が、はなはだ、不明な点も多く、その内容にかかわる出費についても私には、多いため、これからは、その内容に関しても、私のブログに、山口合同ガス株式会社 山口支店 兒嶋 徹氏から私に対する各内容についても説明し、全国各地における関係者 皆様、また、地域住民の皆様からも、私に対する、その支援を得ていきたいと考えている


事業譲渡委が答申、優先交渉者に山口合同ガス/宇部市ガス事業  (2013.7.22 ガスエネルギー新聞 配信より)

山口県宇部市の「宇部市ガス事業譲渡先選定委員会」(委員長=千葉泰久・宇部商工会議所会頭)は1日、ガス事業民営化の優先交渉権者に山口合同ガス(河野孝正社長)を選定する答申を久保田后子市長に手渡した。山口合同ガスは、市内に宇部支社を新設して事業を引き継ぐ。提示譲渡額は約26億円。来年4月に譲渡する予定。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山口合同ガス株式会社 山口支店 兒嶋 徹氏より・・・

2016年03月04日 | ポリエチレン製 ガス管
山口合同ガス株式会社 山口支店 兒嶋 徹氏より・・・

平成28年3月4日(金)、「 ガス導管埋設のための私道使用について 」 山口合同ガス株式会社 山口支店 兒嶋 徹氏から私への 今までにおける、その配下における山口合同ガス株式会社 山口支店 職員による、「 ガス導管埋設のための私道使用承諾書、その説明における各経緯に関しても 」 その対応経過が、はなはだ、不明な点も多く、その内容にかかわる出費についても私には、多いため、これからは、その内容に関しても、私のブログに、山口合同ガス株式会社 山口支店 兒嶋 徹氏から私に対する各内容についても説明し、全国各地における関係者 皆様、また、地域住民の皆様からも、私に対する、その支援を得ていきたいと考えている。



辺野古訴訟が和解、 政府の狙いはどこに?

アメリカ軍普天間基地の移設問題で、国と沖縄県は、名護市辺野古沿岸部の埋め立て工事を中止した上で、事実上、裁判を一本化し、その判決が出るまでに解決に向けた協議を行うなどとした裁判所の和解勧告を受け入れることで合意しました。国と県は去年も工事を中断して協議しましたが、決裂しました。本当に一致点を見いだそうとしているのでしょうか?今回の合意は、確かに言葉の上では「和解」ではあるんですが、実態としては、対立の構図は何も変わっていません。今回の和解の最大のポイントは、国と沖縄県での訴訟合戦となっていた裁判を事実上、一本化して、その判決が出れば、双方ともその結果に従うと明記したところです。判決が出るまでの間に国と沖縄県は解決に向けた協議を続けるわけですが、まとまらないまま判決が出れば、お互い文句は言わずに従うと決めたわけです。安倍総理は翁長知事に「円満解決に向けて話し合いを進めていきたい」と述べましたが、政府側には、辺野古沿岸部を埋め立てて普天間基地を移設する計画を白紙撤回する考えはありません。あくまでも辺野古移設が問題解決の唯一の方法だと沖縄県側を説得し、受け入れられないなら裁判の結果に従うという、お互いにとって極めて厳しい直接対決が始まったといえます。(04日17:53) 最終更新:3月4日(金)18時19分 ・・・ 平成28年3月4日(金)、TBS 系(JNN)18時19分配信より

私のコメント: 今までにおける 佐藤栄作先生、佐藤信二先生・・ 等、沖縄石油精製、また 出光興産 沖縄支店との関係についても私には、あるが、今後の状況を見守りたい。以下は、それに関連し、今まで、配信されている記事。

沖縄石油精製、04年4月に製油所閉鎖

出光興産(兵庫県姫路市)が子会社の沖縄石油精製(与那城町平安座島、児玉宣夫社長)の製油所を閉鎖する問題で、児玉社長は10日午前、県庁で記者会見し「内外の厳しい経営環境の中で、製油所の稼働率は50%を切るレベルにまで下がった。将来にわたり『自立経営』は困難と判断し、原油処理を停止することを決断した」と説明。2004年4月までに石油精製部門を閉鎖し、原油備蓄や油槽機能は残して、県内での石油製品供給などの営業は継続する方針を示した。ただ名称を含め会社を今後どういう形で存続させるかは未定。従業員123人(正社員95人、臨時社員28人)の多くが削減対象の見通しだが、詳細はまだ決まっていないという。解雇される職員は県外の出光グループへの配置転換などで対応する方針。児玉社長は再就職支援に全力を挙げると表明したが、社員の大半は地元出身者で、再就職問題は厳しくなりそうだ。会見で児玉社長は「操業当初より県内需要が少なく、輸出に頼らざるを得ないという地理的条件の中で苦しい経営を余儀なくされてきた。国内外の需給構造・市況動向に加え、景気後退による需要減退、金融不安など社会経済情勢は予想を上回るスピードで変化している」とし、製油所維持が困難との考えを示した。一方、岩田稔製油所所長は10日午前に平安座自治会などを訪れ、従業員の雇用確保については再就職支援室を設置して対応すると説明した。沖縄石油精製の前身は米国のガルフ石油精製で、1970年の設立、72年に操業開始。復帰後、日米の合弁会社となったが、80年にガルフ社が撤退後、出光が全株式を取得。石油類の輸入、精製、販売を行い、県輸出総額の約4割、工業出荷額の14%余(2000年度)を占めている。02年3月期決算の売上高は744億1100万円で、県内第四位。常に上位にランクインする有力企業だが、01年3月期に比べると売上高は177億7000万円(19・3%)減で、大幅に業績が悪化していた。1998年には沖縄石油精製や関連会社の沖縄ターミナルなど3社の代表が「このままでは沖縄撤退の可能性もある」として、平安座島の特別自由貿易地域指定、外航船投入による原油・石油製品の輸送費軽減などの優遇措置を講ずるよう県に要望した経緯がある。 ・・・ 2002年12月10日  琉球新報 14:36  配信より
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ガス漏れ恐れの老朽ガス管、私有地に8万本

2015年05月06日 | ポリエチレン製 ガス管
全国の商業ビルやマンション、アパートなどの私有地で、ガス漏れの恐れがある古いガス管が約8万本あることが、経済産業省の調査で分かった。

 東京ガスや大阪ガスなどのガス会社は、腐食や地震に強い新型ガス管への交換を呼びかけているが、費用負担が壁となっている。

 1990年代まで主流だった鋼鉄製のガス管は古くなると腐食しやすく、およそ20年を超えると、ガス漏れの発生件数が増える傾向がある。96年以降は旧式のガス管の埋設が禁止されたが、それ以前に整備されたガス管はおおむね交換の目安の「20年」を迎える。

 経産省は、腐食しにくく、耐震性も強いポリエチレン製の新型ガス管への交換を促している。経産省の調査によると、国内の私有地(一軒家を除く)には都市部を中心に2013年度末時点で旧型のガス管が約8万本ある。03年度の4分の1程度に減ったものの、すべてを交換してもらうのは容易ではない。

 道路側のガス管はガス会社の持ち物だが、私有地のガス管は建物の所有者の持ち物なので取り換え費用は自己負担だ。工事の規模によって数万円から数千万円かかるため、大きなトラブルが起きないと先送りされやすいという。 最終更新:5月6日(水)12時4分 ・・・ 平成27年5月6日(水)、読売新聞 12時4分配信より


私のコメント: 1990年代まで、その主流だった鋼鉄製ガス管は古くなると腐食しやすく、およそ20年を超えると、ガス漏れの発生件数が増える傾向があるため、当時、石橋湛山先生が、通産大臣、その代議士を地元で、つとめられていた時は、噴火・地震に対し、地元における鋼鉄製 ガス管 等の増設と敷設に関し、関係有識者を交え、その細心の注意を払われていた。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加