地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷

地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷、副題( 森鴎外と福沢諭吉、三田文学における その後 ・・・ )

加計関係者発言の速記録「存在しない」特区WGで内閣府

2017年08月07日 | 文部科学省
加計関係者発言の速記録「存在しない」特区WGで内閣府

8/7(月) 18:13配信

政府の国家戦略特区ワーキンググループ(WG、八田達夫座長)のヒアリングに学校法人・加計(かけ)学園の関係者3人が同席・発言していたものの、公表された議事要旨に記載がない問題で、内閣府の塩見英之参事官は7日、民進党の調査チームで、2015年6月に行われたヒアリングの速記録は「用済みになったので存在しない」と明らかにした。獣医学部の新設提案をめぐっては、WGが愛媛県と同県今治市からヒアリングした際、加計学園の関係者3人が同席し、発言していた。今年3月公表の議事要旨にそのことが載っていない理由について八田座長は6日、同学園関係者は「説明補助者」であり、「通常通り、提案者以外の発言は掲載しなかった」との見解を示した。これを受け、民進党が内閣府に対し、ヒアリングの全容を開示するよう求めたところ、塩見氏は、業者に委託した「速記録」をもとに議事要旨を作成したとし、「議事要旨を作れば用済みになるので、元の速記録は存在しない」と語った。「(説明)補助者の発言は(議事要旨に)掲載しない。非公式な発言であって、正式な議事要旨に載る発言ではない」とも述べた。

     ◇

〈国家戦略特区ワーキンググループ〉 特区の制度設計や関係省庁との折衝、提案者からのヒアリングなどを行うため、政府が設置した組織。9人の委員は民間有識者で構成され、最終的な意思決定は国家戦略特区諮問会議(議長・安倍晋三首相)が行う。 朝日新聞社


【関連記事】
• 特集:加計学園問題
• 加計幹部同席の不記載「通常の扱い」 WG座長が見解
• 特区会議に加計幹部 議事要旨に出席・発言の記載なし
• ガトリン、優勝してブーイング浴びる理由は 会見でも
•関ケ原、天下取りの戦いではない? 小早川の裏切りも…

・ .・ 平成29年8月7日、朝日新聞デジタル 21時57分 最終更新 より

私のコメント : 平成29年8月7日、政府の国家戦略特区ワーキンググループ(WG、八田達夫座長)のヒアリングに学校法人・加計(かけ)学園の関係者3人が同席・発言していたものの、公表された議事要旨に記載がない問題で、内閣府の塩見英之参事官は平成29年8月7日、2015年6月の速記録は「用済みになったので存在しない」と明らかにした。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【加計学園問題】「4条件維持」「倍率は15倍」菅義偉官房長官、首相の獣医学部全国設置方針に

2017年06月26日 | 文部科学省
【加計学園問題】「4条件維持」「倍率は15倍」菅義偉官房長官、首相の獣医学部全国設置方針に

菅義偉官房長官は26日午前の記者会見で、安倍晋三首相が「神戸『正論』懇話会」(24日・神戸市)において、獣医学部新設を全国で認める意向を明らかにした経緯に関し、「全国で45%近くの私立大学が定員割れする中、獣医科大学全体の応募倍率は15倍ある。引き続き手を挙げる学校がある可能性はあるのではないか」と述べた。新設を希望する大学が、今後も出現し得るとの認識を示した発言だ。政府が平成27年の「改訂日本再興戦略」で提示した特区認定の4条件が、獣医学部の新設時に維持されるかについては「4条件に照らして整合的かどうか検討することになるだろう」と語った。・・・ 平成29年6月26日(月)、産経新聞 配信より

私のコメント : 平成29年6月26日(月)、防府ロータリークラブ会長 渋谷正様から、日本大学本部 薬学部と渋谷正様との交流についてを拝聴できた内容、及び、私の元義姉、九州大学 薬学部卒であった事実経緯、及び、その後における、九州大学 事務部 庶務係 古賀華子様と私が、対談をした内容 受けて、東京都内 星薬科大学 総務部 職員との間において、ドイツ総領事館 文化部、外務省 中東欧課 も介しての、その私の身の上における 日独交流に関する経緯に関しては、私から、今まで、星薬科大学 大学生と、私の慶応義塾大学 在学 時代における親交内容の説明も添え、報告書面も入れて、星薬科大学 総務部による、その助言を仰いだ。

平成29年6月28日(月)、山口県警 萩警察署 刑事課 警察官からの助言も得た後、その相談した内容に関し、私は、山口県萩市役所 萩市民活動推進部 市民活動推進課 植村正課長からの聴いた内容から、萩市長へ、私による公文書開示請求後の対応に関し、当該 担当者の山口県萩市役所 萩市民活動推進部 市民活動推進課 中田喜代子主幹へ、確認の連絡を入れた。

平成29年6月23日(金)、海老蔵さんは、自宅で長女、長男らと麻央さんの死去を見守った。 同日、「花燃ゆ」、山口県萩市役所 萩市民活動推進部 市民活動推進課 植村正課長、中田喜代子主幹と私は、面談した。今回の面談内容に関しては、当該 萩市役所へ お尋ねください。

平成29年6月20日(火)、福岡県警察 被害者支援・相談課へ対し、山口県警察 刑事課 職員との広域にわたる案件 その対談を持った後、私は、以下の内容に関し、その相談を入れて、その後、福岡県警察 被害者支援・相談課 職員 からの助言をもとにして、九州大学 事務部 庶務係 古賀華子様と私が、対談した内容を受け、山口県 萩市役所へ私は、山口県 萩市役所内 農地委員会 職員との間にて、今回、その関係する内容に関しての連絡と確認を入れ、その内容に関係している件で、あいおいニッセイ同和損害保険 広島支店 窓口との間でも、私は、その連絡対応を持った後、あいおいニッセイ同和損害保険 代理店から、私の許へ、連絡が入り、私の身の回りにおける現状に関しての状況に関する連絡と確認を、お互いがおこなった。その後、島根県 津和野町 総務財政課 安村係長と私は、連絡対応をもった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ロータリー創立105周年記念 防府市内3ロータリークラブ合同例会

ロータリー創立105周年記念 防府市内3ロータリークラブ合同例会が、平成22年2月25日(金)に 開催された。「ロータリーの未来はあなたの手の中に The  Future of Rotary is in Your Hands」のもと 防府市内で、3ロータリークラブ合同例会あった。元RI理事 南園義一様より105年前、アメリカ合衆国 シカゴにおいてロータリークラブが創設された経緯と現況についての説明。「価値を認める人間の在り方」「倫理的ルール、社会的なルールを守る」「国連デーが、ロータリークラブの中にある。『国連デー』世界規模で発展している。基本となるのは奉仕の精神。」「具体的なことをやっていく。善意にやっていく姿勢、大切である。」「ロータリークラブの姿について マスコミ ポリマー化していく。」「常日頃から、ロータリーの存在についてを国際社会に訴えていく。社会に貢献していくこと大切。」等。私は、防府ロータリークラブ会長渋谷正様と懇談し、渋谷正様の母校日本大学 本部と私との交流経緯について説明する。防府ロータリークラブ会長 渋谷正様からは、日本大学本部 薬学部と渋谷正様との交流についてを拝聴できた。


平成29年6月20日(火)、福岡県警察 被害者支援・相談課へ対し、山口県警察 刑事課 職員との広域にわたる案件 その対談を持った後、私は、以下の内容に関し、その相談を入れて、その後、福岡県警察 被害者支援・相談課 職員 からの助言をもとにして、九州大学 事務部 庶務係 古賀華子様と私は、対談をした内容を受けて、山口県 萩市役所へ私は、山口県 萩市役所内 農地委員会 職員との間にて、今回、その関係する内容に関しての連絡と確認を入れ、その内容に関係している件で、あいおいニッセイ同和損害保険 広島支店 窓口との間でも、私は、その連絡対応を持った後、あいおいニッセイ同和損害保険 代理店から、私の許へ、連絡が入り、私の身の回りにおける現状に関しての状況に関する連絡と確認を、お互いがおこなった。その後、島根県 津和野町 総務財政課 安村係長と私は、連絡対応をもった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
平成29年度 津和野町 国際交流協会 第1回 総会資料の送付について、・・・

平成29年6月19日、津和野町国際交流協会、( 津和野町国際交流協会 事務局 津和野町 つわの暮らし推進課 )より、「平成29年度 津和野町 国際交流協会 第1回 総会資料」が私の許へ、到着する。島根県日仏協会、松江日独協会、しまね国際センター、島根県 環境生活部 文化国際課との連携があることが、「平成29年度 津和野町 国際交流協会 第1回 総会資料」を読み、私は、確認することができた。また、日米交流事業を実施する団体(ローラシアン協会を通じて、6月にアメリカ人高校生と引率教諭を1週間受け入れる。本事業を通じ、高校生が、海外へ視野を広げること及び町内で持続可能なホームスティができる環境づくりを目指す。とのこと。津和野町国際交流協会 会員向け勉強会の企画・運営をおこなう。などの内容は、今後、島根県津和野町の内外においても、注目されていくものと思われる。ドイツ総領事館、ベルギー王国大使館、オランダ王国大使館 英国大使館、等との連絡対応、及び、外交上における各調整も、ある私には、以下の内容についても含め、今後の対応について、「 IFRS導入に伴う 監査領域の拡大 EU および ドイツの事例 」  等における、その論文内容へ対応し、国内外の教育機関、大学の有識者からの助言も得て、津和野町国際交流協会の行事にも参加し、日本における、国際会計論の相違と調和 その調整もはかっていきたいと考えている。

平成29年6月19日、島根県 松江市 亀井事務所 長谷川様との間で、私は、連絡対応をもった。
..........................................................
メルケル独首相 日欧EPA早期締結を

ドイツのメルケル首相は16日、日本と欧州連合(EU)の経済連携協定(EPA)交渉について「必ずまとめなければならない。協定は日本とのさらなる協力拡大につながるだろう」と述べ、早期締結を求めた。首都ベルリン郊外のオラニエンブルクにある武田薬品工業の工場で演説した。

日本とEUは7月上旬に予定する首脳協議で、EPA交渉の大枠合意を目指している。

メルケル氏は、保護主義的な政策を掲げるトランプ米大統領を念頭に「ドイツは、保護貿易主義は信奉していない」と強調。「日本は経済的パートナーとして、ドイツと共に開かれた市場を追求している」として、日独の連携を深める考えを示した。

メルケル氏は演説に先立ち、武田の工場に新設された生産設備を視察。9月に首相4選が懸かった連邦議会(下院)選挙を控えており、今回の視察には、雇用確保のために外国からの投資を呼び込む姿勢をアピールする狙いがあるとみられる。(共同) ・・・ 平成29年6月17日、毎日新聞、22時35分(最終更新 6月17日 22時35分) 配信より

私のコメント : 平成29年6月16日、ドイツのメルケル首相は16日、日本とEUのEPA交渉について「必ずまとめなければならない。協定は日本とのさらなる協力拡大につながるだろう」と述べ、早期締結を求めた。

平成29年6月17日、日本政府はEPA(経済連携協定)を巡って、今週に来日したEUの首席交渉官らと非公式に協議を重ねています。日本は、EUに輸出する乗用車に掛けられている10%の関税の撤廃を求めています。そのため、ヨーロッパ産のチーズ、・・・・・等については、まず、その最初、EUからのチーズの関税を現在の最高約3割から 撤廃、カマンベールなどソフトチーズは引き下げる方向で調整に入ったということです。EUからのワインの関税、1リットル最高125円もなくす方向。
............................................................
地方自治体の職員にも「産業連関表」の教育啓発について努力をしています。

西川俊作教授の論文は「産業連関表」が利用されている。「米市場の部分開放」、山口県産米、花燃ゆ、島根県産米、

通産大臣 佐藤信二 平成9年3月
「日本経済の構造改革―産業構造審議会総合部会基本問題小委員会中間とりまとめ」
産業構造審議会総合部会基本問題小委員会委員長 辻村江太郎、

「産業連関分析ハンドブック」「長州表と戦前期表」が論述されています。私の大学生の時代には、沖縄県農産品について、西川俊作教授と話し合いを持っていた。

平成26年10月「長州藩士桂家文書」論文、立正大学から入手。伊木寿一、石橋湛山による研究方法、私は、拝聴している。

平成27年10月、津和野町日原にて、宮本常一氏と日原町史との関係、慶應義塾大学 卒業論文 題名「萩藩宝暦の改革と熊谷五右衛門」、慶應義塾 西川俊作教授の許へ提出、父、森田良吉が、山口県文書館に勤務していた当時、私が見聞した文化交流の経緯を津和野町教育委員会へ説明した。

「防長風土注進案」「萩藩閥閲録」は、石橋湛山、伊木寿一からの支援を受け、山口県文書館 研究主事の努力より、完成されたものである。

平成28年6月7日、島根県吉賀町職員より「吉賀記を読む ~歴史が語る~ 」に関し、説明を受けた。

平成28年12月5日、島根県益田市役所総務部より連絡を私は、いただいた。

山口県 山口市役所 総合政策部 企画経営課 政策調整 担当 主幹、副主幹と面談した。

山口県 AIR SEOUL 空港 担当 職員と連絡を持ち、山口県 環境生活部 環境政策課との間にて 私は、面談をした。その内容は、「 外務省 いわゆる 密約書 不在の問題 」に関係している。

平成28年12月22日、山口県庁 山口県観光スポーツ文化部 県史編さん室 大村勇主幹と私との対応があり、山口県 萩市 総務企画部 総務課 秘書室 三好亮二秘書係長より、萩市役所にて、萩市の立場について、その説明と解釈を私は、聞いた。島根県 津和野町へ私は、行き、島根県 津和野町 商工観光課 職員と私は、津和野における観光に関する面談もし、その後、津和野町 教育委員会 文化財係 主任主事と今まで、山口県 萩市 ・島根県 津和野町 間に亘る経緯に関する文化財保護に関する課題 等も説明を申し上げた。

平成29年6月9日に、日本内閣府、及び、財務省、外務省、文部科学省、文化庁、山口県 防府市、山口県教育庁 教職員課、広島県 広島市立大学、広島修道大学、広島大学、九州大学、山口大学、山口県立大学、 ・・・ 等 に亘る その広域 学事 内容であるため、九州大学 貝塚地区 事務部 庶務係り 古賀様 宛てに、私から、連絡文を送信している。

平成29年6月10日、 メキシコにはフォルクスワーゲン(VW)など1800社以上の独企業が進出。独企業にとってNAFTAによる自由貿易体制の維持は重要。メキシコ訪問中のメルケル独首相は9日、ペニャニエト大統領との会談後の記者会見で英下院議員選挙の結果に触れ、英国と欧州連合(EU)の離脱交渉は予定通り進むとの見方を示した。

平成29年6月9日、「 山口県(日本国)とクラスノダール地方行政府(ロシア連邦)との間の貿易・経済・文化・スポーツ・学術 及び 観光分野における協力に関する協定 」 に関し、山口県 観光スポーツ文化部 国際課 村田真一主査と私は、山口県庁 国際課において、面談をした。

平成29年6月9日、また、山口県 観光スポーツ文化部 国際課 村田真一主査と私は、山口県庁 国際課において、対談における内容にも関係し、以下の内容、私が、その対応している件について、九州大学 准教授から電話連絡が私の許へ、入り、地方自治体会計に関係する各学事 内容については、更に、「出光興産株式会社と昭和シェル石油株式会社との会計基準における諸問題、その相違 関係との関係もあり、今後、出光興産株式会社と昭和シェル石油株式会社が、合併するかどうかという国際会計基準の上での諸問題にも、連絡している各内容については、それが、到達していくため 」 九州大学 准教授が、作成された手紙で、削除すべき根拠となる わかりやすい理由についても、それを記載をされ、九州大学 から、私の許へ、ご返事いただきたい旨 申し伝えた。

「極東ロシアへの企業進出と会計」 慶應義塾大学三田キャンパス 平成28年10月8、9日 北東アジア学会 第22回 学術大会へ、関係している件について、・・・・・・

平成29年6月6日、九州大学 潮崎智美准教授と私は、当時の勤務先 山口県立防府商業高等学校 私の許へ、外務大臣 官房総務課により、その後の対応も経て、「IFRS導入に伴う監査領域の拡大 EUおよびドイツの事例」 潮崎智美准教授の論文、及び、それに関係する「極東ロシアへの企業進出と会計」 齊藤久美子教授 論文 等における 国際会計学 概略 その学術上における 現況について、解説いただき、今後の対応もあるために、私は、九州大学との間にて、今後、その学術上 種々、展開と進展、予想されるため、私との間における連絡方法 確認した。

平成29年6月2日、広島県 広島市立大学 国際学部 潮﨑智美准教授より、私宛てへ、当時の「ドイツ会計制度改革の本質的特徴」及び、「IFRS導入に伴う監査領域の拡大 EUおよびドイツの事例」の各論文 謹呈をしていただいているために、その論文との対応があり、広島市立大学 国際学部へ連絡するが、潮﨑智美准教授が、平成26年3月31日、広島市立大学 国際学部をご退職になり、福岡県 九州大学で教鞭をとられている旨を広島市立大学 国際学部 庶務係りより拝聴し、私は、福岡県 九州大学 経済学部・大学院経済学府・大学院経済学研究院 庶務係りへ、その論文に関する事柄にて、九州大学 経済学部 潮﨑智美准教授へ お尋ねに関する 連絡を入れた。・・・・・

.........................................................
【大動脈が危ない 関門新ルート実現を】(上)巨大災害への備え必要

(中略)

・・・・ : 関門橋、関門トンネル、関門鉄道トンネルの現ルートが、何らかの原因で遮断された場合、九州は文字通り孤島となる。この経済損失を、九州経済連合会が22年に行った「関門トンネル・関門橋の交通遮断に伴う経済損失影響に関する報告書」が想定している。 関門新ルート実現、大型地震 等の災害に備えて、早期着工、その構想について、すでに、その議論をされていた山本繁太郎 前山口県知事の時代から、それが、望まれている。
...............................................................
「 IFRS導入に伴う 監査領域の拡大 EU および ドイツの事例 」 

平成29年6月14日、「 IFRS導入に伴う 監査領域の拡大 EU および ドイツの事例 」 九州大学 潮崎智美准教授の論文、及び、九州大学 潮崎智美准教授による 私へ、その関係する連絡文、また、平成29年6月9日には、日本内閣府、及び、財務省、外務省、文部科学省、文化庁、山口県 、山口県教育庁 教職員課、広島県 広島市立大学、広島修道大学、広島大学、九州大学、山口大学、山口県立大学、慶應義塾大学 塾長室 ・・・ 等 に亘る 広域 学事 内容であるために、九州大学 事務部 庶務係 古賀華子様 宛へ、私からの連絡文も送信をしているため、今回、私から 九州大学 事務部 庶務係へ、連絡 対応もあり、
 ・・ 中略 ・・ その後、島根県 津和野町 総務財政課 安村義夫係長作成による、その説明文を拝受し、下記 「 平成29年度 津和野町 国際交流協会 第1回総会の開催 」 開催における内容も踏まえ、対談をすることができた。
...................................................
「 平成29年度 津和野町 国際交流協会 第1回総会の開催 」

平成29年6月8日、島根県 津和野町 つわの暮らし推進課 岸田様 宛てへ、「平成29年度 津和野町国際交流協会第1回総会の開催について」に関しては、平成29年6月初旬に、その連絡の書面が届き、また、さらに、平成29年6月7日まで、そのご出席の有無についての返事 投函をしてくださいとの対応については、ドイツ総領事館、ベルギー王国大使館、オランダ王国大使館 英国大使館、等との連絡対応、及び、外交上における各調整も、ある私には、それを投函するにあたり、今回は、その期間が、あまりにも、短く、その対応 等が、大変、難しい旨について、津和野町国際交流協会 山岡浩二会長には、連絡していただきたい旨を、島根県 津和野町 つわの暮らし推進課 津和野町国際交流協会 事務局 岸田様へ伝えた。
.....................
日本外務省 欧州局 に、日独交流につき 経過の文書 送付の件

いつもお世話になっております。日独交流につき、経過報告します。私から、平成22年7月21日付け、ドイツ総領事館 文化部宛 『件名: 「シーボルトのピアノ」に関し、私どもとドイツとも永年の各交流 等についても連絡しています件』 内容について・・・・ 「ドイツ会計思想史について」の連絡文1枚、私からドイツ総領事館 文化部への連絡文1枚について ご確認下さい。 外務省 欧州局 中東欧課からも日独交流につき、この件につきましても、私に、配慮を宜しくお願い申し上げます。

平成23年11月22日(火)、日独交流150周年におけるシーボルトのピアノ コンサートについて、「シーボルトのピアノ」につき、ドイツ総領事館との日独文化交流に関し、ペリカン日本株式会社 カスタマーサービス担当からの連絡が入る。私は、今までの日独交流、歴史経緯説明し、永い期間におけるドイツ、ペリカン社製品の愛顧者としてペリカン日本株式会社 カスタマーサービス 担当から、ドイツ総領事館 文化部からの見解を聴いた。

/////////////
平成24年6月11日(月)、ドイツ総領事館 文化部の担当へ、島根県津和野町 森鴎外記念館における「森鴎外生誕150周年」行事の件について内容連絡をする。ドイツ連邦共和国ベルリンにおいて、「森鴎外生誕150周年」の行事は、開催されたとのこと、今回、日本で開催される「森鴎外生誕150周年」各行事の件についても、ドイツ総領事館 文化部では、ケースバイケースで、その対応もするとのこと 等を拝聴する。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

三笠宮さま、墓所に埋葬=愛用の品々と一緒に

2016年11月04日 | 文部科学省
三笠宮さま、墓所に埋葬=愛用の品々と一緒に

先月27日に100歳で亡くなられた三笠宮さまの遺骨を埋葬する「墓所の儀」が4日午後、豊島岡墓地(東京都文京区)の墓所で行われた。これで本葬「斂葬(れんそう)の儀」の行事は全て終了した。三笠宮さまのご遺体は午前中の「葬場の儀」が終わった後、新宿区の落合斎場に移され、火葬された。遺骨は午後4時すぎ、豊島岡墓地に戻り、墓所に埋葬された。三笠宮さまの墓所は長男寛仁(ともひと)さま、次男桂宮さま、三男高円宮さまが眠る墓所のすぐそば。副葬品として、愛用していた洋服や食器、俳句を書き留めていた手帳のほか、これからも執筆活動ができるようにと原稿用紙や筆記用具、国語辞典が納められた。午後5時ごろには、喪主代理を務める三笠宮家の彬子(あきこ)さま(34)が墓所に玉串をささげ、深々と拝礼。安らかに眠るよう祈る「斂葬詞」を読み上げた。続いて、喪主の同妃百合子さま(93)ら皇族方が拝礼した。宮内庁によると、4日に豊島岡墓地で行われた一般拝礼には1335人が参列。墓所への一般参拝は6、7日の午前10時~午後3時に受け付ける。 ・・・ 平成28年11月4日(金)、時事通信 18:24配信 より

私のコメント: 平成28年11月4日(金)、島根県芸術文化センター(益田市) 開館式典に招待した際も 三笠宮さまとの間で、島根県 吉賀町出身 澄川喜一島根県芸術文化センター長が、東京芸大で学部長や学長を務めていた当時、トルコを中心にオリエント美術に詳しい三笠宮さまを客員教授に迎え、毎年、集中講義を開いてもらっていた内容、また、三笠宮さまは、その島根県内 訪問の際は、島根県津和野町の歴史的な景観が残る街並みを散策し、島根町立安野光雅美術館で作品を鑑賞されたという経緯 等もあり、私は、島根県吉賀町役場 総務課に行き、島根県吉賀町役場 総務課 大田 主任と面談した後、私は、「 外務省 いわゆる密約書 不在の問題 」に関係している、その任意の公文書 公開 申出の書類 島根県 吉賀町役場 総務課へ私は、提出した。

.........................................
芸術や街並み愛され

◇三笠宮さまご逝去

三笠宮崇仁親王殿下が27日に逝去され、県内のゆかりのある人たちが悼んだ。(立山光一郎、岡信雄)

彫刻家で県芸術文化センター(益田市)の澄川喜一センター長(85)は、東京芸大で学部長や学長を務めていた当時、トルコを中心にオリエント美術に詳しい三笠宮さまを客員教授に迎え、毎年、集中講義を開いてもらった。講義は堅苦しくない語り口だったといい、澄川氏は「何か面白い話をされた際、どう反応してよいか思案していると、『ここは笑ってもいいんだよ』とおっしゃってくれました」。講義が終わると、一緒に大学近くの下町のすし店に行き、「政治や国のあり方などを熱心に語られ、芸術家の私たちも大変勉強になった」という。2005年10月、同センターの開館式典に招待した際、三笠宮さまは石州瓦で覆われた独特の建物外観に驚き、「地元の特長を生かした施設で、これはいい」と感心されていたという。澄川氏は「地方の文化を大事にしないといけないと感じられていたのでしょう」と推察し、「ユーモアがあり、ざっくばらんな殿下で、大変残念です」と話した。三笠宮さまは、この県内訪問の際、津和野町の歴史的な景観が残る街並みを散策し、町立安野光雅美術館で作品を鑑賞された。当時、町内を案内した前町長で同館名誉館長の中島巌さん(83)は「片田舎の町に来ていただき、大変ありがたかった。しっかりとした足取りで歩かれ、古い街並みの素晴らしさに感心されていた」と振り返った。館内ではゆっくりと鑑賞されたといい、「『静かな町にふさわしい』と声を掛けていただいたことを覚えている。まだまだ、元気で過ごしていただきたかった」と悼んだ。三笠宮さまは1967年11月、旧旭町木田(現浜田市旭町木田)を私的に訪れ、地域に伝わる大元神楽「託舞」を参観された。同町出身の歴史家・服部 之総(しそう) 氏と親交があり、服部氏の没後の訪問で、その生家の正蓮寺(同)に3泊された。運転手を務めた藤本正士さん(86)(同)は、おしゃれなスーツ姿でベンツの後部座席に乗り込まれる三笠宮さまを覚えている。山道では「狭い道を通れるのでしょうか、運転手さん」と気遣われ、藤本さんは「大丈夫です」と応じた。後日、礼に直筆の色紙が届いた。藤本さんは「神楽をご覧になられた後は、本当に上機嫌でした」としのんだ。三笠宮さまは、正蓮寺で出された料理を残さずに召し上がった。前住職の服部 是真(ぜしん) さん(74)(同)は「物静かな印象で、田舎料理をおいしそうに召し上がっていた。亡くなられてさみしいです」と振り返った。 2016年10月28日 ・・・2016年10月28日 、読売新聞 島根県地方坂 配信より






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平成15年(行情)諮問第326号、文化庁 文化財部 建造物課 大林玲子様・・・・。

2016年10月13日 | 文部科学省
平成28年10月13日、文化庁 建造物 担当との間で、私は、以下の内容に関し、平成28年10月7日に、対応を持った。

過去、平成15年(行情)諮問第326号について、文化庁 文化財部 建造物課 大林玲子様と私との対談内容に関しては、文化庁 文化財部 建造物課 大林玲子様からのお聞き取りをお願い申し上げます という対談内容。

...............................................................................
平成15年(行情)諮問第326号について

文化庁長官 関与 国指定 重要文化財 民家の所有者 変更に関する件

文化庁 及び 内閣府との記録は、私と伯母 ( 萩市在住 ) との対応において発生しているものです。叔父(父の弟)との関係において生じているものでは、ないことを説明します。

問 庁 : 文化庁長官
諮問日:平成15年6月 3日 (平成15年(行情)諮問第326号)
答申日:平成15年8月11日 (平成15年度(行情)答申第251号)

事件名:重要文化財の所有者変更に関する文書の一部開示決定に関する件

答 申 書
第1 審査会の結論
重要文化財特定住宅の所有者変更について(文化庁原議書)及び文化財所有者氏名等変更届(以下「本件対象文書」という。)につき,その一部を不開示とした決定について,諮問庁が不開示とすることとしている部分については,不開示が妥当である。

第2 異議申立人の主張の要旨
1 異議申立ての趣旨
本件異議申立ての趣旨は,行政機関の保有する情報の公開に関する法律(以下「法」という。)3条の規定に基づく行政文書の開示請求に対し,平成14年11月15日付け諸庁財第124号により文化庁長官が行った一部開示決定について,これを取り消し,本件対象文書の開示を求めるというものである。

2 異議申立ての理由
異議申立人の主張する異議申立ての主たる理由は,異議申立書及び意見書の記載によると,おおむね以下のとおりである。当家では,重要文化財の特定住宅が,亡祖父の財産の寄与分,遺留分を含め,特定個人に相続はすんでいない。そのため,当家の宗教活動,奉仕活動が停止に近い状態になっている。文化庁の不開示とされた個人印により,国重要文化財の特定住宅を管理している当家の相続が中断したままである。今後の国重要文化財の管理運営に大きな問題が生じる。これまで文化庁から発送された担当者名が明記されていない文書や,いままでの文化庁職員の対応よって,異議申立人に,それに関わる必要のない多大の出費,時間の制約と精神的な苦痛を与えている。よって,不開示とされた個人印の印影の開示を求める。

( 以 下 省 略 )

第6 答申に関与した委員

吉村德則,高木佳子,戸松秀典


ベルギー国王夫妻迎え晩さん会=皇居  国賓として来日したベルギーのフィリップ国王夫妻を歓迎する天皇、皇后両陛下主催の宮中晩さん会が11日夜、皇居・宮殿で開かれた。皇太子ご夫妻、秋篠宮ご夫妻ら皇族方のほか、安倍晋三首相夫妻ら平成に入り最多となる170人が出席。天皇陛下はあいさつで、日本の皇室とベルギー王室との長年にわたる交流について紹介した上で、「両国の間の幅広い分野での交流がますます広がり、相互理解が深まってきていることをうれしく思います」と述べられた。国王はこれに対し、「両国は経済や貿易、学術の分野で長きにわたり真の協力関係を築いてきた」とあいさつ。「両陛下が示されている誠実で英知に富み、思いやり深い姿勢に心からの敬意を表します」と述べた。  ・・・ 平成28年10月11日(火)、時事通信 20時57分配信より

私のコメント:  国賓として来日したベルギーのフィリップ国王夫妻を歓迎する天皇、皇后両陛下主催の宮中晩さん会が 平成に入り最多となる170人が出席 11日夜、皇居・宮殿で開かれた。ベルギーのフィリップ国王は、「両国は経済や貿易、学術の分野で長きにわたり真の協力関係を築いてきた」とあいさつ。「両陛下が示されている誠実で英知に富み、思いやり深い姿勢に心からの敬意を表します」と述べた。祭政一致。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

明治維新から150年で事業検討

2016年10月08日 | 文部科学省
明治維新から150年で事業検討

菅義偉官房長官は7日の閣僚懇談会で、2018年が明治維新から150年の節目に当たることを受け、記念事業など関連施策を検討するよう要請した。これを受け政府は同日、内閣官房に「明治150年」関連施策推進室を11日に設置すると発表した。

安倍晋三首相は、維新実現に大きな役割を果たしたかつての長州、山口県出身。政府関係者は「首相のこだわりが反映されている」と述べた。

菅氏は、明治維新150年について「日本にとって一つの大きな節目だ。明治の精神に学び、日本の強みを再認識することは重要だ」と指摘。関連施策の実施に当たり、関係各省庁や各界からも意見を聞く考えも示した。【共同通信】 ・・・ 平成28年(2016年) 10月 7日、ロイター 00:57 JST  配信より

私のコメント: 吉田松陰、西郷隆盛、橋本左内、佐久間象山、シーボルト、緒方洪庵、大村益次郎、伊藤博文、井上馨、山田顕義、福沢諭吉、大隈重信、渋沢栄一、成瀬仁蔵、新島襄、・・・・・


表千家同門会 県内30年ぶり全国大会

茶道の表千家同門会全国大会「信州大会」が、29日から2日間の日程で松本市や富士見町など県内5会場で始まった。全国大会は1977年から各地で年1~2回開いており、今回が節目の70回目。県内で開くのは1984年以来30年ぶり2回目となる。全国各支部、アメリカの支部から約900人が来県し交流を深めている。茶席は松本市の護国神社に家元席を設けたほか、同市の松本城と松本館、富士見町の白林荘、茅野市の蓼科グランドホテル滝の湯に支部席を設け、県支部(支部長・藤森郁男竹屋社長、会員1500人)が心を込めてもてなしている。全国から訪れた会員はバスに分乗して2日間ですべての茶席を巡るという。 護国神社の家元席で而妙斎千宗左宗匠は、全国から集まった会員ににこやかに応対。29日夕からキッセイ文化ホールで開いた式典では、「5月の新緑の美しい季節に大会を開くことができた。2日間大会を楽しんでほしい」と呼び掛けた。  30年ぶり2回目の全国大会を迎えた県支部の藤森支部長は、「天気が一番の心配だったが、好天に恵まれてよかった。茶道の本質である自然との調和を体現できるように支部席を新緑の美しい富士見や蓼科に設けた。全国から訪れた会員に信州の自然を満喫してもらえれば」と話していた。 ・・・ 平成27年5月、長野日報社 配信 記事より、

私のコメント : 祭政の場において、茶華道の献式を皆様、心がけましょう。

平成28年5月1日(日)、「全国 護国神社 巡拝ガイドブック」を拝読する。( 濱田護國神社は、石見国の浜田藩の居城であった浜田城本丸跡にあります。濱田護國神社には、木口小平の銅像があります。同神社の本殿の後ろにある門は、「津和野藩庁の門」が移築されたものです。 ・・・ 等 )、「全国 護国神社 巡拝ガイドブック」には、全国 護国神社のわかりやすい説明文が記載されてあります。日本人として、その志ある皆様方には、「全国 護国神社 巡拝ガイドブック」を拝読されて、全国の護国神社を巡拝、参拝されますようにと、推薦を致します。


平成28年4月30日(土)、山口県 山口市 常栄寺 御尊牌 拝礼し、その後、山口県護国神社へ参拝し、山口県護国神社 神職員様と私は、対談もする。 山口県護国神社は、吉田松陰命、久坂玄瑞命 はじめとして 歴史に名を残す御祭神も、お祀りされています。「花燃ゆ」、・・・



山口県萩市 黒川 国重要文化財 民家 森田家 住宅内における 岡山県出身 弁護士、牧師活動の件 その後の経過について、

山口地方裁判所にて、萩市 黒川 国重要文化財 森田家 住宅内 における 弁護士、牧師活動の件について、当時、民事法廷にて、山口地方裁判所 判事 岡山県出身 坂本倫城様に、私は、異議を唱えました。しかし、当時の山口地方裁判所 判事 坂本倫城様は、「その内容について、何ら問題はない。」と私の主張についてを取り下げられました。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
文化庁長官 関与 国指定 重要文化財 民家の所有者 変更に関する件

以下 文化庁 及び 内閣府との記録は、私と伯母 ( 萩市在住 ) との対応において発生しているものです。叔父(父の弟)との関係において生じているものでは、ないことをブログにて説明します。

問 庁 : 文化庁長官
諮問日:平成15年6月 3日 (平成15年(行情)諮問第326号)
答申日:平成15年8月11日 (平成15年度(行情)答申第251号)

事件名:重要文化財の所有者変更に関する文書の一部開示決定に関する件

答 申 書
第1 審査会の結論
重要文化財特定住宅の所有者変更について(文化庁原議書)及び文化財所有者氏名等変更届(以下「本件対象文書」という。)につき,その一部を不開示とした決定について,諮問庁が不開示とすることとしている部分については,不開示が妥当である。

第2 異議申立人の主張の要旨
1 異議申立ての趣旨
本件異議申立ての趣旨は,行政機関の保有する情報の公開に関する法律(以下「法」という。)3条の規定に基づく行政文書の開示請求に対し,平成14年11月15日付け諸庁財第124号により文化庁長官が行った一部開示決定について,これを取り消し,本件対象文書の開示を求めるというものである。

2 異議申立ての理由
異議申立人の主張する異議申立ての主たる理由は,異議申立書及び意見書の記載によると,おおむね以下のとおりである。当家では,重要文化財の特定住宅が,亡祖父の財産の寄与分,遺留分を含め,特定個人に相続はすんでいない。そのため,当家の宗教活動,奉仕活動が停止に近い状態になっている。文化庁の不開示とされた個人印により,国重要文化財の特定住宅を管理している当家の相続が中断したままである。今後の国重要文化財の管理運営に大きな問題が生じる。これまで文化庁から発送された担当者名が明記されていない文書や,いままでの文化庁職員の対応よって,異議申立人に,それに関わる必要のない多大の出費,時間の制約と精神的な苦痛を与えている。よって,不開示とされた個人印の印影の開示を求める。

( 以 下 省 略 )

第6 答申に関与した委員

吉村則,高木佳子,戸松秀典

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
その後、以下の内容が、関連もし、その記事として配信されていますので、関係各位 皆様は、この状況についても注視していただきたいと私から、お願い申し上げます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
民主・土肥氏「竹島領有権、日本は主張中止を」 韓国議員と“共同宣言”

わが国固有の領土にもかかわらず韓国が不法占拠を続けている竹島について、衆院政治倫理審査会会長で菅直人首相が主宰する政策グループ代表の土肥隆一衆院議員(兵庫3区)が「日韓キリスト教議員連盟」の日本側会長として、日本政府に竹島の領有権主張中止などを求める同議連の日韓共同宣言に名を連ね、韓国の国会で共同記者会見していたことが9日、分かった。土肥氏は産経新聞の取材に「個人的には、竹島は日本の領土とは一概にはいえないのではと思っている」と話している。

共同宣言文のタイトルは、「和解と平和を成す韓日両国の未来を開いていこう」。日本に対し「歴史教科書の歪曲(わいきょく)と独島(韓国が主張する竹島の名)領有権主張を直ちに中止する」などの3項目を要求。議連の日本側会長の土肥氏ら3人の連名としている。土肥氏によると、共同宣言は先月27日、韓国の植民地支配下の独立運動を記念した「3・1節」の関連行事の一つとして開催された、同議連の共同記者会見で発表された。土肥氏は日本側会長の立場で、日本から唯一出席。韓国には当日入り、式典の前に「この共同宣言を発表したい」と日本語訳が添付された宣言文案を渡され、内容を確認して了承、共同会見に臨んだという。土肥氏は産経新聞の取材に「共同宣言は外交交渉上有効になるようなものではない」と説明。「この議連は本来、キリスト教的精神で日韓問題を考えようという趣旨のもの。どちらか一方だけが悪いということにはならないはずだが、韓国では竹島、慰安婦、教科書、靖国に対する自国の主張を述べないと、日本と向き合ったことにならない」とも述べ、韓国側が作成した宣言文に理解を示した。共同宣言は、韓国内では主要各紙が報道。会見した土肥氏らの写真も掲載された。土肥氏によると、同議連はキリスト教信者の両国の国会議員によって約11年前に発足。日本側は7人程度だが、韓国は国会議員の3分の2にあたる約150人が所属しているという。土肥氏は通称「菅グループ」と呼ばれる菅首相主宰の「国のかたち研究会」代表を務め、昨年9月の民主党代表選では菅首相の推薦人だった。

◎ 「軽率すぎる行動」
拓殖大の下條正男教授は「政権与党幹部の一人が韓国側の主張に沿う共同宣言を公の場で共同発表したことは、韓国側には『日本政府が韓国の領有権主張を認めた』と解釈される。軽率すぎる行動で、領土問題の根幹をまったく理解していない」と指摘している。

【用語解説】  竹島問題
竹島は隠岐の北西157キロの日本海に位置する2つの島と多くの岩礁からなる。もともとは無人島だったが、韓国が昭和27年、一方的に海洋主権宣言をして領有を主張。29年から警備隊を常駐させ、不法占拠を続けている。平成11年の新日韓漁業協定で、周辺は両国共同管理の暫定水域とされたが、韓国船が主に操業。17年3月には、島根県議会が「竹島の日」条例を可決している。 ・・・平成23年3月9日(水)産経新聞 配信より

私のコメント: 日本国民は、注視してもらいたい。








山口県 山口市 日本女子大学 所有 成瀬公園 

日本女子大学の創立者、成瀬仁蔵は安政5年(1858)に吉敷赤田の地に生まれた。成瀬家は吉敷毛利の家臣であったので、仁蔵は少年時代憲章館に学び、明治9年山口県教育養成所を卒業し、しばらく小学校の教師をしていたが、後に大阪に出て、郷土の先輩沢山保羅を助けてキリスト教の布教にあたった。また、梅花女学校、新潟女子校、北越学館などを創立し、女子教育に力を尽くした。その後、明治23年にアメリカに留学しクラーク大学で学んだ。帰国後、日本に女子大学を創ることを計画し、官・財界の協力を得て明治34年(1901)4月に我が国初の女子大学を東京目白に創立した。その後、仁蔵は女子教育の発展と向上にその生涯をかけ、大正8年(1919)3月、62歳で死没した。旧宅跡は、面積1,411㎡で、建物や礎石など全くなく、現在公園化され毛利元昭筆の「日本女子大学創立者 成瀬仁蔵氏誕生地記念碑」が建っている。 ・・・ 山口市指定文化財概要 ~ 史跡・史跡及び天然記念物 ~ 説明文より





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

<熊本城>石垣修復費用354億円 文化庁試算

2016年06月11日 | 文部科学省
<熊本城>石垣修復費用354億円 文化庁試算

熊本地震で被害を受けた国指定特別史跡の熊本城(熊本市中央区)について、熊本市の大西一史市長は10日、市議会6月議会で、崩落した石垣の修復費用に約354億円を要するとした文化庁の試算を明らかにした。市熊本城総合事務所によると、熊本城の全石垣約7万9000平方メートルのうち、50カ所の約2万3600平方メートルで石垣が崩落したり、ずれたりした。文化庁の試算では、石垣の撤去や積み直しなどの作業に伴って、1平方メートル当たり150万円かかると見込んでいる。50カ所のうち市道や民有地に石垣が崩れ落ちた4カ所については、1日から撤去作業が始まっている。瓦が落下した天守閣や倒れた塀などはまだ被害の全容が分かっておらず、修復費用の試算はされていないという。【野呂賢治】 ・・・ 平成28年6月10日(金)、毎日新聞 19時44分配信より

私のコメント: 平成28年6月10日(金)、山口市 河村建夫代議士 事務所において、河村建夫代議士 秘書の藤井様と宮川秘書と私は、面談をした。同日、山口市都市整備部 街路公園担当 田中秀実主幹より、私のもとへ、連絡が入り、平成30年の明治維新150年に向け、「やまぐち幕末ISHIN祭」を展開するに関係し、私と山口市都市整備部 街路公園担当 田中秀実主幹との間では、山口市の管理下 井上公園にある、私の親類にあたる河内山賢祐作 井上馨銅像及び、その周辺地域の 護持に関する対談 等をおこなった。

平成28年5月17日、私とドイツ総領事館文化部 外交官、職員との今までにおける文化交流、山口県庁 国際課へ提供しているものと同様の英文 日独関係の論文資料 等を私からのドイツ総領事館文化部へその資料提供し、その対応に関して、私は、外務省 中東欧課 石倉様へ報告した。また、今回のG7. 伊勢志摩サミットに対応している件、外務省 経済安全保障課、外務省 中東欧課へ報告を入れた。竹下登代議士のもとに、当時のプラザ合意における、島根県・山口県下、各地元の諸問題とも関係し、山口県広報広聴課へ、諸連絡と確認もしているという経緯とその後における経過があり、平成28年6月10日に、午前11時頃、山口県 宇部市広報・シティセールス部広聴課 広聴係 三好様より私の許へ、連絡が入り、その対応のために、平成28年6月10日付 公文書公開請求書 宇部市情報公開条例の規定に沿い、私からの、その公文書公開請求「 宇部市教育委員会 教育長、現教育委員会教育次長、及び、前 教育委員会教育次長が、その就任経緯に関する公文書、教育委員会教育長が、その就任される職歴について。また、前 教育委員会教育次長が、萩市 国重要文化財 民家 森田家住宅パンフレット等の返却の対応より、宇部市役所内にて、申立人(私)が、その関係する文化財問題を含む、対談を持った後、前 宇部市教育委員会教育次長 宇部市職員 等による、宇部市内にある旧 吉見家関係の歴史文化財の保護、及び、その後の経過に関する、宇部市教育委員会内、その審議に関する公文書の公開を請求する。」に関し、それを宇部市 広報・シティセールス部 広聴課へ送信した後、山口県庁 広報広聴課 主査のもとへ、私は、その相談にあがり、その助言も得た。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

G7教育相会合「倉敷宣言」採択 理念共有、連帯誓い合い閉幕

2016年05月16日 | 文部科学省
G7教育相会合「倉敷宣言」採択 理念共有、連帯誓い合い閉幕

倉敷市が会場となった先進7カ国(G7)教育相会合は15日、貧困、テロ、難民・移民といった国際課題に対し、教育の力で解決を目指すとした「倉敷宣言」を採択し、閉幕した。民主主義、法の支配、人権の尊重といった価値観に基づいた教育理念をG7として初めて共有し、連帯を誓い合った。宣言は26、27日の主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)の議論に反映される。

 倉敷宣言は、昨年11月のパリ同時多発テロなどを踏まえ、「国際社会の平和を守り、持続可能な発展を促進するためにも教育は極めて重要」と指摘。教育を通じて若者の過激化を防ぎ、テロ阻止に結束を強める姿勢をアピールした。

 紛争地域からの難民が欧州などで急増していることから、文化、宗教、言語の異なる子どもをグローバルな視点で指導できる教員の育成に向け、国際協働することを明記した。

 障害のある児童、虐待やいじめに苦しむ子どもたちが、生活や仕事に必要な知識・技術を習得できるよう最善の努力をすると盛り込んだ。多様性が尊重される教育環境の実現も掲げた。

 タブレット端末などICT(情報通信技術)を活用した教育は、主体的で双方向の学びに効果的との見方から促進を強調。社会・経済的に不利な状況に置かれたり、心身の事情などで学校に通えていなかったりしても学びに応じられるとして推奨する。

 さらに女性の社会参画の機会を保障するとともに、理工系女性の支援を通じてリーダーシップを発揮できる教育の推進を提唱した。

 各国閣僚らは15日の会合終了後、会場の倉敷アイビースクエア(倉敷市本町)で記者会見。2日間にわたった会合で議長を務めた馳浩文部科学相は「教育理念を共有できたことが、今回会合の意義の第一。次世代を担う子どもたちを世界が一体となって育てていく」と述べた。

 馳文科相はまた、2017年度の政府予算で、G7各国で教員の国際交流などを行う「倉敷宣言プログラム」を始める方針を明らかにした。 ・・・ 平成28年5月16日(月)、山陽新聞デジタル 0時35分配信より

私のコメント: 先進7カ国(G7)教育相会合は15日、貧困、テロ、難民・移民といった国際課題に対し、教育の力で解決を目指すとした「倉敷宣言」を採択し、閉幕。民主主義、法の支配、人権の尊重といった価値観に基づいた教育理念をG7として初めて共有。宣言は26、27日の主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)の議論に反映される。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

きょうからG7教育相会合 各国代表、小中学校を視察 岡山

2016年05月16日 | 文部科学省
きょうからG7教育相会合 各国代表、小中学校を視察 岡山

■給食味わい剣道など授業見学

 先進7カ国による「G7倉敷教育相会合」(14、15日)の開幕に先立ち、13日、倉敷市ではプレ行事が行われた。各国を代表する教育関係者がエクスカーション(体験型見学会)で小中学校を訪れ、授業や給食の様子を視察した。

 エクスカーションには、日本の義家弘介文科副大臣、米国のキャロライン・ケネディ駐日大使ら約30人が参加。同市の伊東香織市長の案内で、最初に市立老松小学校を訪問した。

 児童たちは各国代表に手作りのレイをプレゼントし、合唱で歓迎。ケネディ大使らは、サワラや白桃ゼリーなど地元の食材を使った給食を児童と歓談しながら味わった。ケネディ大使と同席した同校6年の高橋俊作君(11)は「大使は『日本食ではうどんが好きだ』と言われました。僕は校内行事や歴史ある倉敷の町などを紹介しました」と話していた。

 その後、一行は市内最古の築約80年の校舎が残る市立西中学校で、書写や剣道といった日本特有の授業などを見学。夜には同市や地元各種団体などでつくる実行委員会が歓迎レセプションを開催し、郷土芸能などで各国代表をもてなした。

 同会合は主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)に関連した閣僚級会合の一つ。「教育におけるイノベーション」をテーマに、国家間の人の移動が世界的に進む中、異なる文化・宗教を持つ子供たちへの教育の支援や、指導に当たる教員の人材育成など国際的な課題を話し合う。 ・・・ 平成28年5月14日(土)、産経新聞 7時55分配信より

私のコメント:  先進7カ国による「G7倉敷教育相会合」の開幕に先立ち、13日、倉敷市ではプレ行事が行われた。各国を代表する教育関係者がエクスカーション(体験型見学会)で小中学校を訪れ、授業や給食の様子を視察した。エクスカーションには、日本の義家弘介文科副大臣、米国のキャロライン・ケネディ駐日大使ら約30人が参加された。同会合は主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)に関連した閣僚級会合の一つ。「教育におけるイノベーション」をテーマに、国家間の人の移動が世界的に進む中、異なる文化・宗教を持つ子供たちへの教育の支援や、指導に当たる教員の人材育成など国際的な課題を話し合うとのこと。岡山県で、今回、開催された「G7倉敷教育相会合」の報告書も見守りたい。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「あなた誰よ!日本の外務省か!」 元慰安婦、面会の韓国外務省高官を罵倒

2015年12月30日 | 文部科学省
「あなた誰よ!日本の外務省か!」 元慰安婦、面会の韓国外務省高官を罵倒

【ソウル=名村隆寛】日韓両政府による慰安婦問題の最終決着の合意を受け、韓国外務省高官は29日、元慰安婦の女性らと面会し、合意内容を説明した。これに対し、女性らは事前に相談がなかったなどと強く反発し、韓国政府による合意履行を前に、早くも暗雲が垂れこめている。

いきなり声荒げ…聞く耳持たず

 「あなた誰よ! 解決したと報告に来たわけ?」

 韓国メディアによると、元慰安婦支援団体、韓国挺身(ていしん)隊問題対策協議会(挺対協)のソウル市内にある関連施設を訪れた韓国外務省の林聖男(イム・ソンナム)第1次官に、元慰安婦女性の一人は面会冒頭、こう声を荒らげた。

 「何が外務省だ。所属は? 日本の外務省か」との非難も浴びせた。

 別の女性は「安倍晋三首相が直接『法的に間違っていた』と正式謝罪したわけでない」と批判。当事者らに相談なく、在韓日本大使館前の慰安婦像の撤去問題が合意に盛り込まれたことにも抗議したという。

林氏は元慰安婦らが「亡くなられる前に解決できるよう最善を尽くした」と理解を求め、膝を屈して「おしかりを受けにきた」とも述べたが、女性らが耳を傾ける様子はなく、平行線に終わったようだ。

大使館前の像「誰も手を触れられない」

 面会後、女性らは報道陣に「誰も手を触れられない」と改めて大使館前の像の撤去を拒否し、慰安婦像を「米国各地に設置した後、必ず東京の真ん中にも建てる」と語ったという。

 同省の趙兌烈(チョ・テヨル)第2次官も同日、ソウル郊外にある元慰安婦の支援施設「ナヌムの家」を訪れ、安倍首相のおわび表明などについて説明。「これ以上の名誉回復は難しい」と伝えた。

 大使館前の慰安婦像の周囲には、28日夜に立ち入り禁止のロープが張られた。しかし、29日には像の前で少数の市民活動家が散発的に抗議デモを行った。 ・・・ 2015.12.29 産経新聞 20:16更新より

私のコメント: 今までに、私は、日本の外交官や外務大臣のように、韓国へ旅行や仕事に行ったこともないので、韓国の状況はわからないが、韓国の女性は、「安倍晋三首相が直接『法的に間違っていた』と正式謝罪したわけでない」と批判。当事者らに相談なく、在韓日本大使館前の慰安婦像の撤去問題が合意に盛り込まれたことにも抗議したという 等 の 韓国内での対日感情は、かなり、深刻な状況、うかがえる。日本人は、韓国旅行へ、行くことは、控えたほうが、無難であると思われる。 竹島の日、来年は、山陰地方へも、その国内旅行、皆様へ、お勧めします。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

慰安婦合意 記憶遺産不参加を否定 日本側認識に韓国「事実無根」

2015年12月30日 | 文部科学省
慰安婦合意 記憶遺産不参加を否定 日本側認識に韓国「事実無根」

【ソウル=藤本欣也】慰安婦問題の最終決着をうたった日韓の合意を受け、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の記憶遺産に慰安婦問題の関連資料の登録を申請する動きに韓国が加わらないとの日本政府の認識について、韓国外務省報道官は29日の定例記者会見で、「事実無根」だと否定し、日本との間で合意した事実はないと強調した。合意に対する日韓の認識の齟齬(そご)が早々に露呈した形だ。

 報道官は、記憶遺産申請について「韓国内の民間団体が主導して進めている」と説明。ただ、この団体は政府から委託され活動している。

 岸田文雄外相は28日、尹炳世(ユン・ビョンセ)外相との共同記者発表後、記者団に記憶遺産申請について「今回の合意の趣旨に鑑み、韓国が加わることはないと認識している」と説明していた。

 ■米独豪、合意を歓迎

 【ワシントン=青木伸行、ミュンヘン=宮下日出男】日韓両政府による慰安婦問題での合意を受け、ケリー米国務長官は28日、「米国の最も重要な2つの同盟国の関係改善に資する」と合意を歓迎する声明を発表した。オバマ米政権は安全保障上の必要性からも日韓の妥結を強く促してきた。

 ケリー氏は、合意が「最終的かつ不可逆的」なものであることを強調し、再び蒸し返されないことに期待感をにじませた。「日韓の指導者が合意に達した勇気と先見を称賛する」とし、「国際社会に合意を支持するよう求める」と訴えた。

 ドイツ外務省報道官は28日の声明で「日韓関係は新たな始まりへの展望が開かれる」と期待を示し、ビショップ豪外相は29日、「(地域の)国家関係に不可欠な和解を達成しようとする両政府のリーダーシップをたたえる」と強調した。・・・ 平成27年12月30日(水)、産経新聞 7時55分配信より


私のコメント:  

日韓の合意を受け、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の記憶遺産に慰安婦問題の関連資料の登録を申請する動きに韓国が加わらないとの日本政府の認識について、韓国外務省報道官は29日の定例記者会見で、「事実無根」だと否定し、日本との間で合意した事実はないと強調した。

日韓の合意に対する日韓の認識における、その齟齬(そご)が早々に露呈した形となっているが、安全保障上好ましいものではない。ドイツ外務省報道官は28日の声明で「日韓関係は新たな始まりへの展望が開かれる」と期待を示し、ビショップ豪外相は29日、「(地域の)国家関係に不可欠な和解を達成しようとする両政府のリーダーシップをたたえる」と強調しているが、しかし、現況は、極東における国際間の国際緊張を一段と、それを高めている。

平成27年12月28日、岸田文雄外相は、尹炳世(ユン・ビョンセ)外相との共同記者発表後、記者団に記憶遺産申請について「今回の合意の趣旨に鑑み、韓国が加わることはないと認識している」と説明していた。

国連教育科学文化機関(ユネスコ)の記憶遺産に慰安婦問題の関連資料の登録を申請に関しても、日本国民は、現在、どちらの国の主張、その言っていることを信じたらいいのかわからない現況もある。

ユネスコにおける記憶遺産登録の申請に関する問題は、今後、日本におけるユネスコへの文化財登録との問題とも関連していくため、その内容、日本にとっては、重大な外交問題となっていく。

ユネスコにおける記憶遺産登録については、現在に到る、その日本の外務大臣、外交官、外交官の出身者 皆様方からの外交活動についても、その記憶遺産登録が、今後、されていくという認識と危機感も、日本の外務官僚の皆様方に、それが働いて いかないと、日本外交、前進して いかないという状況に到っている。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日韓合意「被害者も国民も理解を」…朴大統領

2015年12月29日 | 文部科学省
日韓合意「被害者も国民も理解を」…朴大統領

【ソウル=豊浦潤一】韓国政府は、慰安婦問題で合意した28日の日韓外相会談で、目標としていた「年内妥結」と、日本政府の「責任」表明を引き出した。

しかし、法的責任の認定などで譲歩した部分に対する韓国内の説得や日本大使館前の少女像の撤去など「重い宿題」を背負った。

朴槿恵(パククネ)大統領は会談後、「日韓関係改善と大局的見地から、今回の合意について被害者も国民も理解してほしい」と訴える国民向けメッセージを出した。

韓国外交省関係者も会談後、韓国報道陣に「日韓は先鋭化した立場の違いがある。現実の制約がある中、努力のたまものと評価してほしい」と強調した。

朴政権が慰安婦問題の交渉に臨む基本戦略は、日本が法的責任を認める可能性がない中で、日本政府の「責任」を明確化し、金銭給付を賠償の形に近づけ、野田政権時代の2012年に水面下で李明博(イミョンバク)政権に示された解決案よりも前進したものとすることだった。 ・・・ 平成27年12月29日(火)、読売新聞 配信より

私のコメント: 日本外務省と韓国政府は、慰安婦問題で合意した28日の日韓外相会談で、目標としていた「年内妥結」と、日本政府から、その「責任」表明を引き出し、日台間、日韓間、その外交における、そのパンドラの箱をあけてしまった。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

<日韓慰安婦問題合意>台湾、同様の対応要求へ

2015年12月29日 | 文部科学省
<日韓慰安婦問題合意>台湾、同様の対応要求へ

【台北・鈴木玲子】台湾総統府は28日、「日本政府の行動を評価する。(台湾は)一貫して日本側に慰安婦に対する正式な謝罪と賠償を要求してきた。この揺るぎない立場で日本との交渉を求めていく」との報道官談話を発表した。外交部(外務省)は同日、台湾の駐日機関「台北駐日経済文化代表処」に対し、台湾の元慰安婦にも謝罪と賠償を行うよう日本側に求めることを命じたと明らかにした。

 馬英九総統は今年5月、就任7年記念式典に元慰安婦の女性を招くなど慰安婦問題に強い関心を持っており、2023年完成予定の軍事博物館に慰安婦の展示エリアを設ける方針を示している。

 一方、台湾で元慰安婦を支援する女性人権団体「婦女救援社会福利事業基金会」の康淑華執行長は28日、毎日新聞の取材に「20年来、日本に謝罪と賠償を求めてきた運動の中で大きな進展だ。日本政府が直接10億円を拠出することは評価に値する」と述べた。

 康氏は「日本が心からこの問題を解決したいと思うならインドネシアや中国、台湾などについても謝罪と賠償を考えるべきだ。政治的な協議ではなく、日本政府の誠実な謝罪が必要だ」とも指摘した。同団体によると、台湾の元慰安婦は少なくとも58人で、生存者は4人。同団体は台北市内に台湾初の慰安婦記念館を来夏に開設することを計画している。 ・・・ 平成27年12月28日(月)、毎日新聞 21時35分配信より

私のコメント: 平成27年12月28日、台湾総統府は、「日本政府の行動を評価する。(台湾は)一貫して日本側に慰安婦に対する正式な謝罪と賠償を要求してきた。この揺るぎない立場で日本との交渉を求めていく」と発表した。外交部(外務省)は同日、台湾の駐日機関「台北駐日経済文化代表処」に対し、台湾の元慰安婦にも謝罪と賠償を行うよう日本側に求めることを命じたと明らかにしたとのこと、今後、日本外務省から台湾総統府への対応も、注目されていくと思われる。馬英九総統は今年5月、就任7年記念式典に元慰安婦の女性を招くなど慰安婦問題に強い関心を持っており、2023年完成予定の軍事博物館に慰安婦の展示エリアを設ける方針を示している。



「 The Japanese-German Conference in Tokyo, Sept. 25-27, 1979 」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

<下村文科相辞意>新国立競技場…辞意も撤回けじめどこに?

2015年09月26日 | 文部科学省
<下村文科相辞意>新国立競技場…辞意も撤回けじめどこに?

新国立競技場を巡る問題で下村博文文部科学相は25日、検証委員会から報告書を受け取った前夜に安倍晋三首相に辞意を伝えたと明らかにした。結局、内閣改造を目前に控えた時期の「辞任」は首相の説得で翻意し、内閣改造での「交代」となる。下村氏は給与の自主返納も発表し「けじめ」を強調したが、責任の所在があいまいなままの幕引きとなった印象は免れない。

 ◇内閣改造前…ささやかれていた“既定路線”

 「検証委の報告書とは別の次元で私自身の判断として辞任を申し入れた」。25日の閣議後会見で、下村文科相は辞意が「自主判断」だと再三強調した。

 2012年12月に文科相で初入閣して以来、教育委員会制度改革や「道徳」の教科化など安倍首相がこだわる教育改革を実現させてきた下村氏だったが、今年に入って「失点」が相次いだ。2月に支援団体「博友会」を巡る資金問題が週刊誌報道で浮上し、国会で激しく追及された。6月には新国立競技場の総工費の高騰問題がわき上がり、窮地に追い込まれた。それでも首相は責任を問わなかった。政権運営のダメージを回避するためだ。

 首相が旧整備計画の白紙撤回を表明したのは7月17日。最重要課題の安全保障関連法は前日に衆院を通過したばかりだった。下村氏を更迭すれば、野党に新たな攻撃材料を与える。関連法の参院審議は難航することが見込まれており、続投させざるを得なかった。

 白紙撤回後も自らは職にとどまりながら、担当局長を交代させた下村氏への風当たりは強くなるばかりだった。そんな中で7月24日、下村氏は文科省に検証委を設置すると発表する。総工費が乱高下した経緯を調査するとともに、「私へのヒアリングも含めて検証してほしい」と要望した。

 しかし、ある政府関係者は冷ややかにみていた。「みそは検証委の報告期限だ」。期限は9月中旬とされた。設置からわずか1カ月半しかなく、事案の大きさに比べ異例の短さだった。

 この狙いを政府関係者はこう解説する。「国会で追及されても『検証委で調べてもらっている』と言えばこの間の野党の矛先も鈍る。でも、期限を『年明け』にしてしまうと、逆に『逃げようとしている』と責められる」。既に内閣改造が9月下旬にも行われるとの見方が広がっており、下村氏の交代説がささやかれていた。徹底した検証よりもこんな政治的な事情を優先したとの見方だ。

 25日の下村氏は「辞意」とともに給与6カ月分の自主返納を発表。「前例に照らせば最大でも3カ月分が妥当というのが事務方の判断だったが、私としては政治的に判断した」と、厳しさをアピールした。再発防止策として、大臣官房の機能強化や日本スポーツ振興センター(JSC)との連携強化なども打ち出した。

 それでも周囲の見方は懐疑的だ。政府内では検証委の報告書が発表された時点で下村氏と河野一郎JSC理事長が辞意を表明したうえで、下村氏だけを慰留する形で幕引きを図るとのうわさがささやかれていた。ある中堅議員は「内閣改造での交代は既定路線。更迭とみられないだけいいだろう」と突き放した。ある政府関係者は「内閣改造が迫る時期に辞任を申し出ても慰留されると分かっていること。やらせのようなものだ。結局辞任しないのなら、自分の胸に秘めておくべきこと」と話す。【三木陽介、野原大輔、田原和宏】

 ◇工費高騰 報告受けず現場任せ

 「(報告が)上がってこなければ、それぞれのところでうまくやっているだろうと善意に解釈している」

 検証委は報告書とともに関係者への聞き取り内容を公表し、そこで下村氏はこう語っていた。新国立競技場の工事費高騰の報告がトップまで上がらない一方、下村氏も現場任せだった実態が浮かび上がる。

 2013年10月、毎日新聞は「工事費が約3000億円に膨らむ可能性がある」と報じた。これを受け下村氏は参院予算委員会で「縮小する方向で検討する」と答弁した。下村氏は「この際に3000億円を超えそうだと知った」という。既に同7月、設計会社が3462億円という数字を出し、JSCはコンパクト化した7案を文科省の山中伸一事務次官(当時)らに提示して、協議していた。下村氏は文科省と財務省が同12月、概算工事費1625億円で合意した報告は受けていた。14年8月にJSCは建築物価上昇などを考慮すると1988億円になると文科省に伝えたが、トップはまたも蚊帳の外だった。

 下村氏が深刻な状態を把握したのは今年4月10日。旧国立競技場の解体工事を視察した際、JSCの河野理事長から「このままでは20年五輪に間に合わない。予算も1625億円を大幅にオーバーしそう」と切り出された。年初には建設会社が工事費を3088億円と試算していた。

 下村氏は聞き取りに「今考えれば本件はJSCの能力を超えていた」と述べた。一方、河野理事長は聞き取りに「解体現場で話した時以外、大臣と膝詰めで話し合った機会はない」と証言した。報告書は文科省の体制を「報告・相談が密に行われる仕組みづくりや風土の醸成が十分ではなかった」と結論づけ、下村氏の責任を認めた。【山本浩資】 ・・・ 平成27年9月25日(金)、毎日新聞 23時2分配信より


私のコメント: 新国立競技場を巡る問題において、下村博文文部科学相が、その深刻な状態を把握したのは今年4月10日とのこと。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加