デカダンとラーニング!?
パソコンの勉強と、西洋絵画や廃墟趣味について思うこと。
 




華やかなタイ式マッサージの呼び込みが多かった通りから路地に入ってみた。屋台が並ぶ小路地だ。


砕氷機か。氷がまるで雪みたいになっていた



写真によるメニューが貼られていたので屋台の男性に指で
しめし注文したら、その男性は斜め向かいの屋台の人だった。
一昨日の失敗を繰り返してしまい頭を抱えたくなったが、
ありがたいことに私の代わりにタイ語で注文を伝えてくれた。
お礼を言ったら即「マイ・ペン・ライ」と返事してくれた。



とても美味しいご飯に留まらず、
うれしいことにサービスで氷水も。



おばちゃんや年配の婦人たちの声がよく響いていた。お昼時、この
界隈の人たちが食事しながらおしゃべりを楽しむような空間だった。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« ついつい長居 チャイナ・タ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。