三丁目の飛行機屋

飛行機マニアのオヤジが
撮影遠征記やマル秘コレクションの公開などをしていきます。

大晦日、 年越し蕎麦ではないですが

2011年12月31日 | 立ち食い系 そば屋さん
毎日冷え込みの厳しい信州(今朝は氷点下9度)ですが、いよいよ今日は大晦日

綺麗な快晴の空、今朝の伊那谷遠望です 寒かった~!

ライブカメラがあったなんて知りませんでした
今の伊那谷の様子が見られますよ(辰野町のHPにリンク)


さて肝心の 今年最後の立ち食いネタ
 ~ 今年一番「美味かった!」立ち食い蕎麦 です ~

秋に訪問した黒部渓谷鉄道、そこで試した駅そば
始発駅である「宇奈月駅」で見つけた「峡谷そば」と書かれた駅そば屋さん
しかし団体での移動中、横目で見ただけで通りすぎちゃいました

その後、乗降客の多い途中駅の「鐘釣駅」でもホームにあるのを確認して
 「食べたいなぁ~」とトロッコ列車より眺めただけ

終点の「欅平駅」にはあるかな・・・?


あった! あった! でも時間がないので慌てて観光済ませて、なんとか試食
 
同じ団体の皆さんも小腹が空いたのでしょう
厨房のおネェサンが一生懸命作ってる姿が印象的


値段は500円です、宇奈月駅の峡谷そば の値段は確か 450円
まぁ運賃を考えると50円の値上がりは仕方ないかも
ちなみに途中駅「鐘釣」の蕎麦もここと同じ500円の表示が見えました
天ぷら蕎麦の天ぷらは海老天です


出てきた蕎麦は一見山菜蕎麦ですが、これが普通の渓谷蕎麦
一口食べて「美味い!」、声でちゃいました
一緒した仲間も同じように「お~いし~いね~」

麺も柔らか過ぎることもなく、汁の美味さは飲み干したくらい
もう一杯食べたいね! が感想でした

黒部渓谷鉄道は長い冬眠に入ってしまい今は食べられません
春が待ち遠しくなる蕎麦です


この1年、沢山の皆さんにご訪問いただきありがとうございました
先日気がついたらアップした画像が5000枚を超えていて自分でもビックリ!
こうして長く続けられるのも、皆様の御声援、御訪問のおかげです

今年は諸般の事情により撮影遠征の回数も例年の半分以下でしたが
来年は「ズク(方言でやる気)出せ!」の1年にして
精力的に飛行機ネタを探して行きたいと思います

来る新年も皆様方にとりまして良い年になりますようお祈りいたします
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

なすびが降りた 信州まつもと空港 

2011年12月28日 | 信州まつもと空港
年末になって私用、所用で「信州まつもと空港」近くに出かける機会が増え
ついつい覗いてしまいました

急に寒さが増した信州、陽射しがないと体の芯まで冷え込みます
撮影環境は厳しくなり、トラフィックの少ない空港で機体を待つのは辛いです

この秋から正式運用が始まった長野県 2機目のドクターヘリ

ユーロコプター EC135P JA120D 運用は中日本航空さん


そしてFDAの新機材(6号機) ERJ175 JA06FJ パープル はこの日がお披露目 



さすがに新しい機体は綺麗だ!
○○と飛行機は新しい方がイイというのもうなずける(爆)

私は都合で逆光側にいましたが
巡光側には沢山のギャラリーが待ち構えていました


空港バックには、雪雲から白く染まった姿を現せ始めた「美ヶ原高原」
翌日の地元新聞には「信州の青空や風景によく似合うパープル」と誉め言葉
4号機の 緑色 が飛来した時にも同じようなお言葉が・・・


同じ日に降りてきたビジネス機です
信州まつもと空港 では大きなお客様

ドイツのFAI rent-a-jet社 チャレンジャー CL604 D-AFAI
今回はこの会社の Ambulance service 部門での飛来かも

なすびの飛来も嬉しかったが、サプライズなコイツの飛来には万歳したかったよ


今年最後の飛行機ネタが「まつもと空港」で終えられたことは
地元のマニアとしてはなにより
来年も多くの飛来機 (外来熱望) を期待したいものです

最後に情報を、FDAの新機材「パープル」は私が撮った19日以降はズ~ト
「まつもと空港」に貼り付きで飛来中とのこと、年末まで「まつもと空港」は狙い目かもよ
(機材の都合もあるので、あくまで ”かも” 遠征は自己責任でね)
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

宮崎 とくれば ~

2011年12月26日 | 立ち食い系 そば屋さん
新田原航空祭報告と前後して毎年上げていた、宮崎の 報告(食い物だよ

今年は以前にも行った「丸万」へ行ったので、
内容は以前と変わらず、美味しさも文句ナシで前回参照ということにして


今回は初めて利用した、JR宮崎駅で駅蕎麦 (立ち食い蕎麦屋) を探した報告を

駅のホームには発見できませんでしたが、駅ビルの一角に

「三角茶屋 豊吉うどん」 というお店を見っけ!
メニューを見ると 「うどん」 だけではなく 「蕎麦」 もあり


持ち帰りを頼むお客さんが何人か並んでました


私は立ち食いの定番 「天ぷら蕎麦」を注文 260円とはリーズナブル
天ぷら は 魚のすり身 ということで、どんな天ぷらか興味津々 ワクワク!


出てきたのはこの蕎麦

レレレ・・・、天ぷらは・・・? 何処? 注文間違えた・・・???

この さつま揚げ? が 天ぷら? 確かに魚のすり身・・・ だわなぁ~(笑)
コリャ、 おでん蕎麦になっちゃうよ (大汗)

ということで、帰郷後に調べてみました

情報によると~
 一般的に「てんぷら」と言えば、魚介類や野菜などにころもをつけて揚げた「天麩羅」を指しますが
 宮崎県の南部から中部あたりでは、魚のすり身を油で揚げたものを「てんぷら」と呼んでいます。
 ですから、宮崎のうどん屋さんで「てんぷらうどん」を注文すると、うどんの上にこの「てんぷら」が乗って出てきます
 「天麩羅うどん」が食べたい人は、「海老天うどん」とか「野菜天うどん」と言って注文しなければなりません
 また、宮崎の食べ物は全般的に甘いのが特徴で
 甘口の醤油やみりんを使用するため、全般的に甘めの味付けになっています

とのことで、メニューをよく見れば

「やさい」 とか 「ごぼう」とかが私達が思う天ぷらのこと
次回チャンスがあればこの「やさい」を頼もうかな
でもこの店頭メニューも旅の者には内容がわからないよね(爆)

店内には画像つきのメニューがありましたが、思い込みとは恐ろしいもの
「天ぷらそば」=普通の「天ぷらそば」と疑いもしなかったので
(具が魚のスリミなんてあるんだねぇ~ っと)
私は券売機のキーを押し、写真など見向きもせずおばちゃんにお願いしました
こんな大きな画像に気がついたのは、実は帰宅して画像整理中・・・

さて言い訳はこのくらいにして、遅くなりましたが肝心の蕎麦は~
蕎麦麺の味や食感はまぁまぁで、汁の味はバッチシ美味い!
関西系が強いが関西ではないこの味、九州の味なのかな
九州で初めての立ち食いは当たり! でした
豊吉うどん」さんのHPです


こういうことがあるから食の探訪は本当に面白い!

この豊吉さんの隣には、サンタも立っている 米国籍の 鳥揚げ屋さん がありましたが
そこではこういった郷土の風土食?に会えたり味わえることは絶対にないわなぁ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新田原へ行こう! 最終回 ファントム と ブルー

2011年12月23日 | 航空祭 11~17年
引退時期が確実に迫ってきた大好きなファントム
対地攻撃デモでのフライトは例年ワンパターンなのだが
なんとなく今年は「力」が入っていたような


直前にランチェンになり、離陸後のスプレットアウトを狙う自転車が何台も走り去った
ファントムの離陸で、脚をこの角度に引き込んだ瞬間が好き!


この後に両機は腹を見せあいスプレットアウトでブレイク
立ち位置からはランチェンに関係なく遠くて絵になりませんでした


(参考に I さんより画像提供いただきました)

通常のポップアップ・ボム・パターンに入る前に

いい角度で突っ込んでくれた


ポップアップのプルアップ時には、一瞬だが翼上面がベイパーで覆われた

これで午前の部は全て終了

例年はこの後、昼休みを利用して基地内に向かうのだが
今年の航空祭では米軍の参加はナシ、展示機に目新しいものもないので
基地内に入らず終日基地外で過ごすことにしてここで昼休み
陽射しが強くコートは着ていられないほどのポカポカ陽気
眠気に襲われ・・・、ウトウト・・・

そしてこの日のトリを務めるブルーインパルスは
岐阜に続き舞台裏からの鑑賞だ、レンズも500mmを付けたままで狙う


岐阜と違い視界を遮るモノもないので、低空課目もOK



そして最後はクリスマスツリーで締めくくり
宮崎らしく、お茶畑の上空を行くブルーの編隊

今年の航空祭遠征もこれで打ち止め
わずか2回だけの本格的な航空祭への遠征に終わった今年だが
そのシメが快晴で終わったことは本当にありがたい
高木さん、I さん、偶然再会できたstoneさん ご苦労様でした
機会がありましたら、また宜しくお願いいたします 

撤収後にたどり着いた駅で、高木さんと開けるビールが美味かった!

でもこの後、この日の暑さで少し体調不良に
暑気あたり かな? やはり水分取らなきゃだね
翌日には完全復帰しましたが 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

新田原へ行こう! 4、  外来の F-2は今年も派手!!

2011年12月20日 | 航空祭 11~17年
毎年見逃せない機動飛行に
隣の築城基地から飛来する F-2機がある

今年もやってくれましたが、機体は F-2でも複座の F-2B
コイツの機動飛行は岐阜(テスターカラー)所属機以外では初めて見ることができた


演技の順番はわからなくなってしまったので、あくまで羅列



いつものHUD緑色ガラスがアップで映りこんだコマはなかったが
相変わらずの派手な飛行で楽しませてくれる



今年はわけあって鼻切れも出してます




F-2の機動が終われば、振り回したカメラの重さが気にかかる
明日あたりは筋肉痛になるかもね~ (明日? 明後日以降だよ

温かい陽射しの遠くに、霧島連山が見えていた

画像真ん中あたりで、噴煙が見える「新燃岳」
左の三角山は高千穂峰?かな
警戒情報が出たままだったので、遠征前にはヤキモキさせられたが
この日は比較的おとなしい?感じでなにより
コメント
この記事をはてなブックマークに追加