三丁目の飛行機屋

飛行機マニアのオヤジが
撮影遠征記やマル秘コレクションの公開などをしていきます。

老兵の記憶をここに~ 銀河 をプラモで再現

2011年07月29日 | 老兵の記憶 父達の戦争体験
前回7月5日の記事からの続きです
カテゴリー「老兵の記憶~ 」も新設いたしました
今後の「老兵の記憶~」は、カテゴリーより
お入りいただくと読みやすくなると思います


RIATから帰国後、銀河の連合軍コードネームを調べようとしたが
1999年の私にネット環境などなく検索などは無理
航空雑誌を開こうとしたが~ 捜すの面倒・・・

手っ取り早く「銀河」のプラモを自宅前の模型店に捜しに行った
義父の乗機は魚雷攻撃もした、ということを聞いていたので

ハセガワから1/72で発売になっていた雷撃型を即購入
そのボックスに書かれていたのは

空技廠 日本海軍陸上爆撃機「銀河」
そしてコードネームは Francis(フランシス)
なんとも爆撃機らしくない響きの綺麗な連合軍コードネームだこと
(後に調べるとFrancisと命名後に、
    Frances(フランセス)と改名されたとの文献もあった)

それを完成させたものがこれ


大きな改造箇所はないが、義父に贈呈するので展示ケースも自作
ケースはアクリル透明版から台座も全て自作した
さらに出張先で立ち寄った模型店で購入した
メタル製の1/48スケール 「誉」エンジンも置いてみた



機体番号等は記憶が薄いということで単純に付属デカールをそのまま使用

雷撃機ならば魚雷も鏡で見えるようにしてみた


パネル縁に塗装の剥がれも再現したつもりですが難しいね

機体はタイヤにネジを埋め込み台座に固定
たぶん逆さにしても落ちないとは思うが
機体側に固定した脚元部は普通の接着なので強度はたいしてない


完成品はこのまま義父に進呈してしまうので
無用のケース開封など出来ないように
極小ネジで全て固定してしまった

横にある義父の写真は、霞ヶ浦で訓練中の肖像です
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

いつもの仲間と暑気払い

2011年07月26日 | いつもの居酒屋 さん
信州の盆地も夏の暑さでは都会に負けません
仕事帰りになるとビールを飲みたい欲求が続いていました
ついに耐え切れず、いつもの仲間とOB会です

昔の仲間が魚好きで良かったよ
溜まった所はまたこの店で~

お通しです、枝豆にオクラとピーマンのキムチ和え、ポテトのサーモン巻き
右にあるのは「冷やし煮トマト緑酢」、酢とありますが塩味の感じ
薄味がかえって夏に疲れた体にしみます 酒のツマミにはコレもったいない!


お刺身は・・・、アイナメ、メジマグロ、サーモン他

「今年の梅だよ」とオバチャンが出してくれました

酸っぱい梅漬けではありません
甘い、梅酒の梅みたいなヤツで、信州では普通に家庭で作ります
赤いのは紫蘇の葉が入れてあるから
この赤みで=酸っぱい! で食べない都会の方も多いのですが
甘くおいしいですよ!

鮎が食べられるかな~ と期待してましたが
岩魚しかなく、岩魚の唐揚げです

ゆっくりジックリ揚げたので骨までバッチリ食べられます
ここで1人の女の娘、「マスター、卵は~?」
卵を焼いて食べると美味いのだとか
私は食べたことないですが、マスターに
「秋口になったら連絡するから取りに来てね」と言われてました
初めのうちは釣る方に卵取られてしまうけど
秋口なら、釣る人も卵に飽きて岩魚と一緒に入るのだとか
本当の美味いモノ知ってる怖い女の娘です


桜海老の唐揚げを頼んだら、アスパラの奉書揚げもついてきました(笑)

次は魚の頭ばかり、まずは 金目鯛のアラ炊き

前回の訪問でも「鯛のアラ煮」を注文しましたが
比べてみるとかなり色が違います、わけあって今回は薄味で仕上げていただきました
色んな注文にも快く応えてくれる優しいマスターです

わらさの甲焼き、デッ! デカイ!
これも塩を控えめでお願いしました

かなりデカクて、これだけでお腹イッパイになっちゃいました

オバチャン今晩も食べ過ぎちゃったよ!


台風が去ってから朝晩涼しい風が吹いている信州です
まるでお盆の後のよう
ヨーロッパが猛暑の夏だと、日本も猛暑になると
イギリスにチョクチョク出掛けていた頃に学んだ自己予報

今年のヨーロッパは気温が上がらないとか
もしかしたら日本も冷夏になっちゃうかもよ・・・
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

暑い夏はスイカだぜ!

2011年07月23日 | おいしい話
タイトルはオヤジ臭いですが・・・

先日、お隣のブログを見ながら
毎日暑いが、汗を拭きながら冷えたヤツを食べたら美味そう!
とヨダレを流していたら~ 我が家にもこんな箱が届きました


箱の大きさも形も、ヘルメットをオーダーした時とソックリで
ヘルメットなんて頼んだかなぁ~
もうヘル・コレクターからは完全に足を洗ったしなぁ~

でも箱に描かれた赤い山マークを見て
もしかしたら~ スイカ? 
期待しすぎたら、普通の荷物が入った箱だったり・・・(爆)

横の穴から憧れの模様が見えてヤッタネ!

早速開けてビックリ! 大きなスイカです

味と値段で有名な山形村、波田等のJA松本ハイランド・スイカ
まつもと空港からしばらく北に行くと直売所がありますが
以前、高山からの帰り道に立ち寄ったら値段に驚き撤退した記憶も

こいつは箱から出すのにかなり苦労するくらいの大きさと重さでビックリ

チョと大きさを比べる為に登場いただいたのは我がヘルメット(爆)
このスイカ、人間の頭よりかなり大きめということがわかります

撮影中を爺さんに見つかり「スイカ2個入ってたのか?」
確かに似てるカムフラージュのメットでした(汗)


一緒に登場のスイカ柄タオルは、昔レコード屋?のオネェちゃんから
誰かの(サザン?)販促用にあったものをいただいちゃったもの
しばらく保存状態でしたが、最近は遠征の必需品で使い込んでます

さて、切るかぁ~!

大きく、身がしっかりしていて切るのにも一苦労でしたが
切りながらつい味見、ん~っ やっぱり美味い!

夏に一度はここのスイカを食べたい!
切ってから冷蔵庫は甘みが損なわれるような
できたら丸ごと冷やして一気に切りわけ食べるのが一番なんでしょうね
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

今日は追っかけ ~つづき

2011年07月20日 | 成田空港
約一ヶ月ぶりの成田空港訪問でしたが
田舎から5時間かけて、追っかけだけではとても展開できません(汗)
猛暑の中、日焼け対策しながらデッキで飛行機追うのも楽ではないです


滑走路脇の芝生土手が「がんばろう日本!」の文字に刈り込まれてます
この後どういう具合になるのでしょうか
ちなみに画像右には消防署があり、その前には日の丸風の刈り込みも

前回はKALのA380が就航する直前でしたが
この日到着した機体はそのスポットに入ってきました

大韓航空 A380-800 HL-7611
2階建ての機体がよくわかりますが、大きさはあまり感じません
ギャラリーも集まらず普通の機体と同じでした

これだけ近いと、あちこち観察できるのはありがたい


デルタ航空の スカイチーム塗装機
B767-300 N175DZ

N175DZ・・・ 見覚えのあるレジ番だと思ったら

昨年2月には旧塗装でカメラに収まっていました

7月より成田に乗り入れを開始した
韓国の格安航空会社、EASTARJET イースター航空 B737-700 HL8204


IATA加盟会社なら食事付きですが、格安便なので韓国カップ麺も自費でチョイス可能
視点を変えれば、それもまた楽しみだね

もう一つは先月末から成田乗り入れを開始した
やはり韓国の釜山を拠点とする格安航空会社 エア・プサン(Air Busan)

機材はA320-200 HL8213


追っかけの原点、特別塗装機では18日からANAでも
ポケモン、ピースジェットが就航したそうで
スケジュールが発表されている旬のうちに撮りに出掛けねば
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日は 追っかけ

2011年07月17日 | 成田空港
「追っかけ」 と聞くとつい芸能人の追っかけを想像してしまいます

私の仕事上で担当するお客様の中にも、親子で自宅からタクシー貸し切り
東京へ、大阪へと芸能人を追っかけしている方もいたり~
でも熱心にその行程を話される姿は 飛行機マニアといささかも変わらない
興味のない上司等は「羨ましい」と言いながらも、どこか軽蔑した眼差し・・・

一ヶ月ほど前から私には気になってる飛行機があった
先月6日に日本初お披露目をした飛行機
そいつを撮影しようと飛行スケジュールの追跡、「追っかけ」を開始
週に一回程の成田飛来を続けていたが、私との休みが合わない
そんなことが3週程続き諦め半分でいた先日
やっと機体スケと私の休みが合いそうだ、今回は逃がすものか!

それでも飛来スケジュールがわかってから田舎を出るのだから
機体到着までには公共交通機関では間に合わず、すでにスポットイン

出発ロビーを歩きながら見つけて、コイツだよ! 
実物を目の前にしてホッとしたら気が抜けて、先ずはビール(爆)

トルコ航空 B777-300 TC-JJI   FC Barcelona 特別塗装機
オフィシャルスポンサーになっているサッカーチーム
Futbol Club Barcelona のメンバーが
機体半分にラッピングされた大胆なものだ


しかしこの機体は撮り難い
旅客機撮影の定番、離着陸ポイントでは
主翼が邪魔してラッピング部分がスッキリ見えない

そこで私は1タミ、送迎デッキからの撮影にしたのだが
高さが足りず、かなり送り気味にしないと選手が一度に見れない

この時は仲間も滑走路エンド、南風時の順光ポイントで撮影していたが
脚立を使っても地上から1m程度の高さしか確保できず
「主翼で選手達、斬首状態で絵にならないよ~」と悲鳴メール


昼の離陸で光線状態は順光側でも、私の逆光側でも微妙


この離陸シークエンスになるまでラッピング部分の
スッキリの撮影はできなかった
まぁ猛暑の中だったが、今回の「追っかけは」成功!

地方に住んでいると、距離に邪魔され
「追っかけ」なんて普段は考えない

それでも今年の2月にUKを離陸し、各国を周り約1ヵ月後に日本着
その着陸15分前まで情報収集していた機体があった
残念ながら休みが取れずに撮影には行けなかったが

着陸直前に空港閉鎖で機体は別空港へ
展開していた仲間は帰宅困難者となってしまった
それを考えると休みが取れなかったのは幸運だったのかなぁ~

話は逸れたが現在も「追っかけ」したい機体が幾つかある
軍用機では難しいが、民間機なら少しはチャンスが巡る事も
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加