三丁目の飛行機屋

飛行機マニアのオヤジが
撮影遠征記やマル秘コレクションの公開などをしていきます。

北宇都宮基地 記念式典

2017年07月15日 | 航空祭 11~17年
福島の帰りに宇都宮に立ち寄ったのは
翌日に陸自 北宇都宮基地で記念行事が行われるとの情報が入ったから

基地はヘリ操縦者の訓練基地であり、ブルーホーネットのアクロ編隊も飛ぶという


陸自のヘリ基地と言ったら、三重県の明野基地は行ったことあるけど~
 陸自は式典が長くて有名(笑

今回もそのつもりで、ゆっくりホテルの朝食をとってからの移動でした

路線バスで約30分、バス停も飛行隊前ですから基地は目と鼻の先です



ゲートガードの機体も、空自機は見慣れてるけど保存状態は良好な感じ
L-19 なんて懐かしいが、屋外展示の割りに塗装もシッカリしている
こういうものを見せられると、プラモ制作意欲がわいて来るんだ(笑


飛行場地区に入ると、思った以上に展示機が並んでいた



富士重工は地元ですからね、シッカリ展示されてます

ヘリに混じって軽飛行も多く展示され、AOPAのフラッグも翻っていた
 松本のフェスでも飛来をお願いします

ヘリの地上展示では、ラジコン機と一緒に、ってのが多い

単独で見たら。実機と見間違えそうなドクターヘリも
 (実機は実出動で飛んでました)


ラジコンの多くはスケールモデルで、塗装も実機に合わせてあるのはイイネ

こんなにそっくりにしてしまったら、ラジコンと言えども落とせないよね(笑


「人出は心配するほどではないよ」 とは言われていたが
どうして、ロープ際の最前列はほとんど埋まっている

撮影場所の確保が心配で、適当に撮影を済ませ、とにかくロープ際を確保せねば!


 米軍さんの ニンジャ も撮らねば



 北宇都宮ベースな機体も、この日限りのマーキングだからね


 ロープ際の空スペースを探すが~ ナイ!
 しばらく歩き続けていると、見慣れた顔を発見!

 前日の福島でもお世話になった S君だ
 なんとかその隣へ挟み込んでもらうことができ、 ホッ


式典の直前には、ブルーホーネットを先頭にヘリの集団が離陸していった





基地司令の挨拶では
 「先日の長野県飯田市で発生した森林火災への派遣~」

なんて言葉を聞き、ここからも出動してくれたんだ! と心の中で感謝

 ※ 後日報告によると、陸自機(初日3機、翌日4機)で108 回 500 tもの水を消火散布
    県外応援の4防災機が86 回 49 tだったのに比べると、大型機材の威力を思い知らされる


式典の最後には、チヌークが低空侵入し、会場エプロンに着陸

 この機材、キャノピー右下側にだけ大きめなミラーが取り付けられていたが
  消火バケットの確認用かな


後部扉から整列したまま出てきたのは、操縦者訓練課程の新隊員によるドリル隊


 「チヌークから目を離さないで!」S君から助言が入る

 ドリル隊を降ろすと、一気に飛び立つが 超低空での機動飛行!?? (笑


  なかなかやるじゃん!  迫力モノだよ

  
 ドリル演技って初めて見せてもらったが
 最後の祝砲? がタイミングがわからず完全に撮り逃し・・・

先に上がったヘリたちが、式典会場上空を通過して式典終了


これからがマニア達の楽しみ、ショータイム の始まりだ


                                ~つづく
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 寄り道小道で  ん~ 美味い! | トップ | 北宇都宮基地 記念式典 ~... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おお〜〜 (ごろんた)
2017-07-15 21:13:39
こんばんは♩
北宇都宮、行かれたんですね
自分は、毎年行っているので、ちょっと満腹気味…
ということで今年は行ってません〜〜〜
北宇都宮は、あの時期曇りが多くて
いっつも変な写真ばっかり撮ってます
なので、今年は明野に行くことにしました。
あそこのヘリもなかなか〜〜〜(^^)

ノザワヤさんの撮影テクを
学んでから行けるので、今年はいい写真撮れるかな??

ドリル隊のチヌーク、そうなんですよ!!!
唯一といっていい程にかっこいい動きしてくれて〜〜
シャッターチャ〜〜〜〜ンス!!

最後に撃つタイミングは、自分も不明なまま
いつも取り損ねてます。
連写でいけば当るかもですが…
難しいです…
先輩! (ノザワヤ)
2017-07-17 16:04:26
陸自関係では大先輩の ごろんたさん に
見ていただくには恥ずかしい画像と解説ばかりです(笑

明野もそうですが、飛行イベントは午前中に終わってしまうので
時間が読めてありがたい、午後は観光へ~ なんてこともできますものね。

祝砲は、1発限りなんですね。
携行する小銃もマガジンナシとはアップで画像を見るまで知らなかったです。

飛行展示も年々ショボク・・・、なんて話も周りのギャラリーから
聞こえてきましたが、自分には初めての場所。
見るものすべてが新鮮で、感激でした!。

コレを見てしまったので、今年の明野は自分はナイかも(笑

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

航空祭 11~17年」カテゴリの最新記事