三丁目の飛行機屋

飛行機マニアのオヤジが
撮影遠征記やマル秘コレクションの公開などをしていきます。

美味いトンカツを求めて~

2017年10月15日 | おいしい話
最近うまい「トンカツ」を食べてない


以前の仕事場周辺では、ソースカツ丼を扱う個人店は減少の一途


水曜休日ではなくなった自分
今日は以前に同僚から聞いたことのある諏訪地方のお店に足をのばしてみることに

店舗の名前も記憶は微妙なので検索してみると
もう少し近くにも、似た名前の美味そうな店を発見


諏訪大社下社に近いその店は「丸一」さん

「とんかつ」で有名なら一度食べてみようかな


というわけで、開店と同時に到着
駐車場には普通に停めれたが、昼前には店内も駐車場も満員状態に




メニューを見ても、さすがに諏訪地区では「ソースカツ丼」はなさそうだ(笑
もっとも全国区な「卵カツ丼」もなかったけどね(笑


店内は周辺の工場関連の出張者? や家族連れも多い

おもいきって「ロースかつ定食」を注文したら
脂身が多いので揚げるのに30分くらいかかる、肉は同じだから~

ということで、定番の「とんかつ定食」です
肉は大きめでトン汁付



メニュー前の壷には漬物が入ってました



肝心の「とんかつ」画像、肉は白めですが厚いです


中心部分が、薄いピンク色で、ちょうど良い揚げ具合


一口目に感じるのは、肉の柔らかさ

衣もサクサクで、なかなかイイ感じ

私はソースをあまりつけません
生意気言うようですが、できるだけ素材の旨さを味わいたいので・・・

肉の色目が白っぽいのが気になりますが、豚肉の旨味を感じないや
まぁ、固体のこともあるから決め付けられませんが

ソースをかけないと寂しい味わいで、鶏のささ身みたいなのは残念

ご飯はおかわりできたのかな、自分でさえもう少し食べたかった



先に店を出て行った、水戸ナンバーさんカップルも似た会話が漏れ聞こえていた

あくまで私的ですが~
悪くはなかったが旨い豚肉を求めて、他店情報集めをつづけるとするか

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

最近仕入れた~  うまいもん

2017年08月11日 | おいしい話
あるFMラジオ番組で知った ポテトチップ

自分は、基本 ポテチ が嫌い! 味ではなく、あの油ぽさがダメ

手で触れない・・・
ポテチを掴んだら、プラモも、ギターも、キーボードにも触れないし
一つか二つ食べたら、その度に手を洗うなんて~ ムリ 無理!


だから今までは、自前で買うことはマズなかった
出されても箸でもないと掴むのは嫌!


番組の内容では~

 案外サッパリしている、塩味も強くない
  出来立てのみ出荷、店頭販売は限定店のみで通常ナシ

 ~そんな内容に、ムズムズと触手が動き ポチッ っとやっちまったのは

注文期間と出荷日(は以降表示)が決まってます、
配送日は直前までわからない、できたてポテトチップの菊水堂


 発送予定日以降の、注文を忘れそうになった頃に到着しました
 「できたてポテチ」 と 「のりポテチ」の箱


 それぞれの箱に145g入りの袋が3袋入ってます

賞味期間は、「できたてポテチ」 は添加物なしで製造日から2週間


 「のりポテチ」が2か月 


 さて実食は~


普段、ポテチは食べないのでコメントするのも恐縮なんですが


なんかポテチの切り身というか、モノがデカイ!


もちろん、大きさはマチマチなものが混ざってはいますが、全体的に見慣れたモノより大きい感じ

厚さは普通で、塩味は少しだけ薄いかな

ちゃんとジャガイモの味がするんだよね

塩味よりも素材の味が生きてる


サッパリ系との話でしたが、私には油ポサも少ないけど
全くということはなく、やはり箸が欲しくなる(笑






やはり「箸が欲しい!」という方はいるものなんですね
箸と粉醤油 付の製品も、限定として「料亭ポテチ」として売り出したみたい


これもFM番組とのコラボ企画なのかも


少々 お値段高めのポテチですが、食べてみて損はなく「確かに 美味い!」

ネックは商品到着までに時間がかかることくらいかな
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

時間があったので~

2017年07月24日 | おいしい話
 7月も後半になり、北の大地から航空祭の季節が到来です
 昨日の千歳航空祭では、天候や機材に左右され色々とあったようですが
 これから12月まで、飛行機マニアは忙しい時期になります

 諸般の事情で、自分は8月末まで身動きとれそうもありませんが
 いずれ体中で聞けるだろう爆音を楽しみに、暑さに耐えてます(笑

 
 
 北宇都宮駐屯地、午前の行事のみで帰られる方は多いのですが
 周辺に駐車場が完備しているようで、マイカーでの来訪者がほとんどなのかな

 バスの混雑も思ったほどではなく、戻ってきました宇都宮駅



 昼飯を考えたが時間的に混雑しているよな

 バス停から見える餃子屋さん、宇味家さんかな
 この暑い陽射しの中を、行列できているよ!


 今回は並んでまで食べている時間的余裕はないので
 目の前の店に入ることにした


 基地へ向かう、この日の早朝から既にお客さんの出入りがあった「宇都宮餃子館」さんへ


 昼12時は回っているが、思ったよりも空いており窓際に余裕で座れた



 先ほどまでの暑さを凌ぐため、先ずはレモン酎ハイ を(笑

 オッと、ココのレモンも 超スッパイ わ!! コレって UTSUNOMIYA 好み?


 さて肝心の餃子は、悩んだ挙句、「餃子食べ比べ12種」を頼む
    
  

 自分が入店した時には空いていた店内も、次から次とお客さんが来店
 気がつけば、周りは満席になってました


 飲み物、2杯目は昨晩の事を(大きなグラス)思い出し~ 「焼酎ロック」で
 画像を忘れましたがここも大きめなグラスに注がれた焼酎でした



 これが12種の餃子です
 何餃子か書かれてないので、どの餃子が、どれなのかさっぱり(笑

 自分の舌が頼りなんですが、この店オリジナルな名前のものは悩む



 一応画像に少しだけ残しましたが、味はどれも美味かった!

 ニラ餃子に、チーズ餃子、ニンニク餃子のニンニクは角のままで
 激辛は後から結構来ます、キノコ系も味の違いはわかりますが
 画像としては残しにくいです(笑


 自分のお気に入りは、シソ、チーズ、ニンニク、ニラ かな
 お店オリジナル品は、どれなのか結局わからなかった


 満足して店を後に、電車の時間まで駅ビル内で土産の探索です

 冷凍餃子は荷物になるし、送っても自宅で上手く焼けるか心配だよ
 やはり店で焼きたてが一番美味いだろうね

 何か荷物にならない小さなものを~ 、なんて探していたら

 棚の隙間から見えたのは、元祖「宇味家」さん


 時計を見ると45分ほどある、入ってみるか(爆


  一応店頭で「すぐに出来ますか?」
   
  OKを確認してから、焼き と 水餃子をもらう

  アッ、 焼酎をロックで! も忘れない(大爆
  レモンの酸っぱさはもういいよ・・・


 運ばれてきました、焼酎ロック

 隣は水のグラス、大きさは同じジャン・・・



 先ずは 焼き が運ばれ



 水餃子 もほどなく目の前に
 隣りの椀に移しても、鍋に直接たれを入れても~
 
 食べ方は自由ということね


 昨晩食べた「みんみん」よりも大きい餃子だ

 それが、ん~っ 箸でつかんだら 崩れてしまった
 餃子の皮の締りがわるいような

 大きいから お腹にたまったけど、焼きは普段食べてる感じの味で
 やっとめぐり合えた というか、なんだよ っていうか

 先の2軒の味にインパクトがあったから、それ以上を望んでしまったからね


 焼酎もこの1杯で時間切れタイムアウト、列車に乗らねば

 駅構内へ入る前に、慌てて仕入れた土産は~

 これならリュックに入ってくれるし、臭いもナシ(笑


 宇都宮始発の列車、シッカリ座って新宿までは直通2時間


 充分楽しめた初めての宇都宮と北宇都宮駐屯地 、来年も餃子のハシゴを楽しみに来るぞ!
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

寄り道小道で  ん~ 美味い!

2017年07月12日 | おいしい話
福島空港からの復路は、寄り道小道が目的なのでノンビリと

新幹線代の節約もあったけど、郡山駅から乗ったのは鈍行列車
黒磯駅で乗り換え、2時間余りの乗車で19時半過ぎに宇都宮駅構内へ走り込む
新幹線なら最速 20分程度ですからね(笑  お腹も空きました


初めての宇都宮 訪問、今晩はここで一泊です
日光には観光で何度か来ていたけど・・・(笑

宇都宮で頭に浮かんだのは定番だけど~「餃子!」

時間的にほとんどの店が閉店時間になっていた


検索した結果、駅ビル内にある有名店?の支店
「みんみん」の閉店時間までには少しだけ時間がありそう


かなり奥まった場所にある「みんみん」をみつけたのはいいが
人気店ゆえの行列 最後尾には、「待ち時間 30分」の看板が・・・

普段なら並んでまでは絶対食べないだろう自分でも
この時ばかりは、ココを逃したら他店も閉店時間だから選択肢はナイ


滞在時間の長い夕食時、動かない行列に疲れ始めたころ
「揚げ餃子 以外でしたら、こちらで~」
の言葉に、隣にある姉妹店「みんみんステーションバル」へ導かれる

食事ではなく酒と餃子が目的の私は、こちらのほうがありがたい

看板は似てるけど、店内のつくりはだいぶ違う感じ


レモンサワーで口火を切ったが、「餃子」がなかなか出てこない

ココのレモンサワーの酸っぱさは強烈! で、コリャ 2杯目は無理だわ


次は「芋焼酎のロック」を
大ぶりのコップに入った焼酎を見ただけで癒される ~イイネ!  それでも「餃子」は出てこないよ


このまま3杯目に突入かな? と心配していると 

 やっと出て来ました

(横に見えるコップは水です、焼酎は下の画像で餃子と比べてください)


 飢えてた私は、まずは一口< アッチチ!!
 猫舌なのに油断しました
 味は、案外あっさりしていて、普段 食べなれてる餃子とは味が全く違う


 そういえば、先日聞いたラジオ番組でも
 宇都宮の餃子は、基本 野菜系 と言ってたな



 水餃子は皮が破れないなんて、これが普通なんだろうが感激



 焼きも旨いが、水餃子が気にいった!


 閉店時間が近いようで、ラストオーダーの誘いもあったが



 福島空港と、鈍行列車の疲れもありこれにて撤収


  食べ歩きの続きは、明日にしておこう(爆  エッ 明日も!?

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

鯉づくし

2017年07月03日 | おいしい話
久しぶりに BOSS から連絡をもらい

今回は自分の地元にある 川魚料理の専門店 へ集合です、 ~近くてホッ


このお店は 看板に「鯉と鰻の~ 」とあるように 
「うなぎ」が有名です、でも私は鰻よりも鯉が食べたかった

事前に BOSS の付き人にお願いし、私だけ特別食をいただけることに

 アッ、「鰻」が嫌いなわけではないです、大好きなんですが、コレもネタ探し(笑
  ~じゃなくてネ、この店には今まで食べたことがない鯉料理があった


 ほどなく運ばれてきました     



上画像の右にあるのは、鯉の竜田揚げ風なお通し

油っぽさはまったくなく 美味しいですよ
酒の肴には絶品! 
アルコール類を注文すると、最初の1杯目だけつきますが
宴に参加の方の半分以上がアルコールは駄目な方で
少々肩身がせまいです


当初は鰻だけの食事でしたが、私がリクエストしたおかげで
全員の方の席にも用意された「鯉のあらい(刺身)」

酢味噌で食べるよう提供されるお店が多いですが、このお店では醤油
自分の好みは酢味噌ですが、この店に来店するたびに酒の肴として食べてしまいます

地元スーパーでも時々見かける「鯉のあらい」は、値が張るわりに身は旨みがなくてね

専門の料理屋はやはり違います!



他の方には、「鰻」の特上クラスが運ばれてきましたが

ココからは私だけの逸品を

先ずは「鯉のうま煮」

昔から、祭りや冠婚葬祭にはなくてはならない一品
贅沢品だったのでしょうね、家庭でも祭りには大きな鍋で前日から煮られました

以前にも何回か、 自分のブログに登場している「鯉の甘煮」

詳細は上記リンク先の「過去記事」を参考にしていただくとして

アッ、こちらのお店の甘煮、大きさの割りに値段も手頃で美味しい!
 絶対オススメです


次に紹介するのは、このお店では初めて食べる品

定食でお願いしておいた、「鯉こく」
こちらは長野県でも佐久方面が本場かな
地元では、先の甘煮ほどメジャーな食べ方ではありません


中身を見て、思わず スゲッ! 
大きめの椀に旨煮と同じ感じで、鯉の輪切りが丸ごと煮込まれてる

身がバラバラの鯉こくは今までも食べたことはあったけど、これは驚き
「鯉の甘煮」もボリュームあったので、食べきれるかな~
まして定食でお願いしておいたし


 内臓は卵も入って、旨そうだ

味噌汁仕立てですが、味は甘目で自分好み

小骨も部位の関係なのか、気にするほどではなく
というか、気にならなかった


追加したお酒の付けあわせで運ばれてきたのは
甘煮のおこぼれ!? 的な感じですが

コレにも卵まで入って、贅沢というか、ラッキーというか
これも BOSS のおかげかな

追加のお酒もなくなる頃、手間隙かかってきたのは
鯉の塩焼き、今回 一番食べたっかた品

人生で、初物です

塩分コントロールなんて頭から消えてました(爆

鯉自体は淡白なので、塩を感じますが鯉の旨みも生きています


これは一人前、メニューを見れば半身もありました
予約が必要ですが、甘煮に飽きたら頼みたくなりそうだ



 BOSS! 今回もご馳走様でした、是非 次回も声をかけて下さいね

コメント
この記事をはてなブックマークに追加