Wein, Weib und Gesang

ワイン、女 そして歌、此れを愛しまない輩は、一生涯馬鹿者であり続ける。マルティン・ルター(1483-1546)

日本を照らす原子力!

2012-03-11 | 生活
承前)丁度一年前の体験を科学的に根拠付けておこう。朝早くからがさがさとしたので目が覚めたのだった。時計の針は朝の七時前であった - 日本時刻で3月11日15時前のことであった。

オーストリアの地質観測所網のHPによると地震波は12分後にアルプスで観測されている。その伝わり方は良く分らないが恐らく地球の表面を伝わるP波が観測されてそれから一時間以上に渡ってエネルギーが送られ続けたようである。

震源からアルプスまでと、ここまでの伝播距離の差は精々500KMほどなので時間にして一分ほどの差異であろう。発生は日本時間で14時46分23秒であるから、こちらの時刻で6時46分23秒である。それから12、13分後にざわめきで目が覚めたのであった。それから暫くしてTVで津波の惨状を目の辺りにするのだった。

フランクフルターアルゲマイネ紙は福島を取り巻く現在の様子を伝えている。驚かされるのが今でも原発副読本が小学校で使われていることで、その内容の変遷を扱っている。その天下りの制作グループの破廉恥さとかメディアを巻き込んでの広報活動を伝える。星野仙一の関電のスポットの恥さらし振りを紹介して、金浸けにされた地元住民の姿を赤裸々に描いている。新幹線の福島駅では若い女性が、「東京人は福島人を馬鹿だと見做している」と怒こる。

星野仙一などの原発推進で原子力むらから稼いだメディアや芸能芸術関係団体を含む連中がその全額を寄付として原発被災者に返金するのは当然であるが、そのような金では足りないのである。だからドイツからの支援金で子供を休暇には少しでも福島市内から安全な場所へと連れ出そうとする家族の苦難が描かれる。何よりも何一つ信用するものがなくなった疑心暗鬼が市民を蓋い、そこに不安が横たわる。とても少々の金ぐらいでは足りないのである。

その一方、今でも原発推進へと金を投資する連中の真意が分らない。それどころか、福島以後にも風評被害監視をする団体が発足して、フード・コミュニケーション・コムパス「Food Communication Compass」(フード・コミュニケーション・コンパス 略称:フーコム)として活動していることなどは正気の沙汰ではない。背後にはそうした政府の意向があり、原子力むらはゾンビのように何度殺されても死なない。一網打尽にしょっ引いて刑務所にぶち込むしか方法はないのである。善良な市民は蜂起すべきである。

こうした記事の内容を読むと、殆ど想像のつかない日本の社会がそこにある。考えられるのは、バブルが弾けて行き場を失ったバブル金がそうした原子力むらにデポされて、そこで核反応のように核燃料として注がれているとしか思われない亡者の巣窟があるのだ。現在進行中の日本の社会秩序は北朝鮮のそれと殆ど変わらない。ドイツの公共放送や高級紙で伝えられる内容が日本のメディアでも十分に共用されて広く伝えられない限り、そこには報道や表現の自由などは存在しないのである。(続く



参照:
Im fröhlichen Atomkraftland, Tobias Weiss,
Nicht zu lange draußen spielen, Carsten Germis, FAZ vom 9.3.2012
Das Tohoku-Erdbeben in Japan am 11. März 2011 Allgemeine Informationen zur Zentralanstalt für Meteorologie und Geodynamik (ZAMG)
地震を感じて目が醒めた一日 2011-03-11 | マスメディア批評
ジャンル:
東日本大震災
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 先進工業国初の原発零? | トップ | 強い意思と「努力」あるのみ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。