Wein, Weib und Gesang

ワイン、女 そして歌、此れを愛しまない輩は、一生涯馬鹿者であり続ける。マルティン・ルター(1483-1546)

ドロミテ行備忘録四日

2006-07-25 | アウトドーア・環境
比較的高度差のあるクレッターシュタイグを行う。前日に高度順応が出来ているので、それほど問題はなかったが、小屋までの下りと帰還が辛かった。

谷を雪渓伝いに下りていくのに、ストックでグリセードを試みるが中々様にならず何度と無く転倒。ストックの長さと調整して真面目に遣るべきであった。転倒情景を撮影される。

U字状の圧倒的な峡谷は、懐かしい剣渓谷周辺を思い起こさせるが、標高差が二倍以上ある。

日陰を求めて、汗でグッショリ濡れたTシャツで雪渓ジェラードに憩う。
『たのしい』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ドロミテ行備忘録三日 | トップ | ドロミテ行備忘録五日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。