Wein, Weib und Gesang

ワイン、女 そして歌、此れを愛しまない輩は、一生涯馬鹿者であり続ける。マルティン・ルター(1483-1546)

詭弁と倹約

2005-02-18 | 料理
断食の40日間 - 水鳥
2004 03/03 編集

魚は肉ではない。「水に馴染むものは全て魚なのだ」という珍説がある。ガチョウ、アヒル、カモなど水鳥。さらにビーバーなどの哺乳類にまで広がる。故に、これら全ては肉ではない。断食を「文字どおり」実行するに、魚肉で代替したソーセージなども中世からあったと云う。BSE問題で牛肉を食べなくなった三年前、注目されたのがダチョウの肉。代替ビーフとして、大量にタイから輸入されるようになった。ジューシーな柔らかな黒い肉で、ステーキにする。比較的淡白な味故に、重めの赤ワインでも軽めの赤いワインでもどちらにでも合う。


断食の40日間 - マウルタッシェ
2004 02/27 編集

ドイツ餃子もしくはジァーマン・ラヴィオリといわれるシャヴァーベン地方の料理。肉断食の期間、お得意の創造力を働かして、肉を中に隠して皮で包んでしまった。これで一回の肉断食を倹約することができる。肉の代わりにほうれん草などでダミーにすれば、材料費も倹約できる。

コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お休みの所をお邪魔して | トップ | デジャブからカタストロフへ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
そういえば (せりか)
2005-02-18 23:08:43
当地のチャイニーズで出す餃子、中身がほうれんそうだったり、キャベツだったりして、お肉を使わない場合が多い。ドイツ起源なのかな?
イミテーション王国 (pfaelzerwein)
2005-02-19 06:08:43
せりかさん、イミテーション王国については考えませんでした。本国では皆さん噛んで吐き出してから、文句言うから出来ないかもしれませんね?一度、中華人に訊ねてみましょう。



酒粕ですか。工夫次第で料理にも使えるかもしれませんね。
シュヴァーベンはけちで有名 (londonchap)
2005-02-25 08:03:59
ご無沙汰してます。イギリスだとスコットランドがけちなようにシュヴァーベン地方もけちを誇ってますね。ダイムラーに行くといつも社員食堂にはマウルタッシェが必ずあってちょっとすっぱいカルトーフェンを付け合せに食べてます。
地元の名物 (pfaelzerwein)
2005-02-26 05:56:47
londonchapさん、お久しぶりです。実はご無沙汰しているなと考えておりました。酸っぱいのはジャガイモサラダですね。社員食堂での食事は、何処でもメニューが決まってます。地元の名物が出ただけでも得したと思ってじっくり味わってください。



スコッチとジャーマンはやっぱり気が合う。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
牛と吉野家とテレビの回 (サルでもわかる京都通信)
でまぁ吉野家の牛丼が復活したとかでまたしても大騒ぎなわけですが。 牛丼ごときに長蛇の列を作ってる様は端から見ると 炊き出しに群れるホームレスのようであるよなぁ。 とか BSE発覚直前の冷凍牛を使ってるってことは 思いっきり未検査の一番危険な肉やっちゅうのにアホと