Wein, Weib und Gesang

ワイン、女 そして歌、此れを愛しまない輩は、一生涯馬鹿者であり続ける。マルティン・ルター(1483-1546)

獅子唐と梅干しでゴロゴロ

2017-03-11 | 生活
朝、森に入るとキツツキのノック音が止まない。啓蟄とかいうのだろうか、木の上でも虫が動き出しているのは間違いない。窓枠の外で蝿がうろうろしているぐらいだからじっとしていられないのだろう。写真を撮ってやろうと思うのだが肉眼でも確認できなかった。緑が茂っていないと気であるから見えそうなのだが、木の上の方で遠すぎる。とは言っても外で思う存分体を動かすには気温摂氏十数度ではまだ身体が緩まない。難しいところである。

今年に入ってからスパムメールが入るようになった。全て同じ犯人のようで、金銭のことで名前を変えてなんだかんだとドイツ語で書いて寄越すだけだ。こなれたドイツ語の感じなので国内犯の可能性も強い。独テレコムの場合はごみ箱に捨てるだけで通知機能が無いので、テレコムの方でフィルターを掛けないとこちらからはどうしようもない。毎日ではないのだが、固まって同じ日に幾つも来るので邪魔である。サブジェクトと名前で容易に判断できるので構わないのだが、消去するのも面倒である。

ここ暫く獅子唐辛子が安かったので何回も購入して食したが、どうも腹がごろごろするようである。辛みが胃袋で反応しているようだ。朝鮮人ではないので無理してそれになれる必要もないと思うが、確かに血行などに影響があることを感じていて、新陳代謝などをよくする働きはあるようだ。食するときはそれほどの辛みはないのだが、ピーマンなどとは辛みの性格が違うのだろう。就寝時刻がずれてきているのに加えて腹具合がしっくりこないと余計に生活リズムが狂う。そう言えば久方ぶりに梅干しなどを食したのが良くなかったかもしれない。塩気も厳しいので胃が吃驚してしまったようだ。今春は体調も何か今一つのような感じがする。ストレスかも知れない。

日本人居住区デュッセルドルフ駅で暴漢が斧を持って暴れたと日本のネットに書いてあった。車中のラディオでは精神疾患のある人のようで現在は負傷して入院中だとあった。薬を常用していたので罪に問うのは難しいのだろう。先日も複数を殺害した犯人が同じようなことで施設に収容されることなく再び社会に戻っているというようなことがあったが、被害者関係だけでなくて近所に住む人はやはり怖い。



参照:
増える射殺される人々 2016-07-21 | 雑感
「ドイツ生まれのドイツ人」 2016-07-25 | 歴史・時事
ジャンル:
環境
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 取り付く島もない女性の様 | トップ | 秘められた恋の温もり »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。