Wein, Weib und Gesang

ワイン、女 そして歌、此れを愛しまない輩は、一生涯馬鹿者であり続ける。マルティン・ルター(1483-1546)

弾けた太鼓腹の皮の行方

2009-06-05 | 生活
トイレにしゃがんで愕然とした。裸の下腹部のわき腹に脂肪が垂れているのである。最近身体を締めて来ていて、初めて気がついた。それはなぜなのか?

おそらく、今までは太鼓腹の張りの中に腹筋も脂肪も隠されていたのだろう。それが、皮下脂肪だけが引き離されたようになって、脇によっているのである。これならば、ヴァイブレーションや脂肪揉みで直ぐに取れそうである。

そこで更に推測すると、もし脂肪が取れて仕舞ったら、腹筋が割れてむきむきとなるのではないか?すると緩んだ皮はどうなるのかと心配になる。

筋肉を極限まで使うようになって内臓脂肪が激減しているのは、内臓の働きなどが好転しているのを見て、なんとなく感じられている。

さて、今世紀に入ってからのダイエット生活では、皮下脂肪は押さえられたのだが、その結果どうも内臓脂肪が良からぬかたちで変動して行ったような気がするのである。これは、ここ数年感じていた食の細くなる傾向にも反映していたようで、最近はまた食が太くなって来ていることにも表れているのではないかと思われる。

もしアンチエージングという概念を用いるならば、皮下脂肪はどのような位置付けになるのだろうか?

太鼓腹の件で先日から考えていたのは、当時二十年ほどの先人が言っていた捨て台詞である。急傾斜な壁を登るのに岩に強く触れていたその太鼓腹を冷やかすと「お前も同じ年になってから言ってくれ」という台詞である。その当時の彼の年齢を私は十年も上回っているが、こうして新たな運動能力を備え付けて来ているのを、国際電話して言ってやりたいと強く思った。その気持ちを思い留まらせたのは、あまりにも急激な進展に予想のつかない今後の推移だけでなくて、弾けた太鼓腹の皮下脂肪の処理がいまだ定まらないような状況だからかも知れない。



参照:
現代人の断食 2005-02-11 | 数学・自然科学
Mens sana in corpore sano 2004-12-31 | 数学・自然科学
発育・成長・老化の中で 2004-12-19 | 数学・自然科学
対老化筋力トレーニング 2006-04-11 | アウトドーア・環境
『ダイエット』 ジャンルのランキング
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 誘われて、困っちゃうな | トップ | とんかつ山盛りの夜食 »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
太鼓腹 (オレゴンローズ)
2009-06-05 15:04:56
失礼ですが、"中年太り”でしょうか?私も同じ悩みを持っています。たぶんChildBirthなどで新陳代謝が年とともに弱ってきている証拠でしょう。近郊のジムで欠かさず週に4,5回はエキササイズをしているのですが、体の真ん中あたりにたまった脂肪はなかなか取れません。其方もGoodLuck!
夏は暑いだけで体の動きも鈍くなる (pfaelzerwein)
2009-06-05 15:55:24
中年太りというか、大食漢からの肥満は十年程前に脱皮しました。男女差が多いようですが、どうしても男性の場合内臓脂肪が溜まって腹が膨れてくる傾向はあります。寧ろ、ある年齢でそうならない方が不健康なようです。

皮下脂肪は、女性の場合に問題になるようですが、内臓脂肪か落ちて逆に目立ってきて、夏は暑いだけで体の動きも鈍くなるので落としてしまおうかと考えてます。
太鼓腹 (オレゴンロース)
2009-06-05 23:46:53
エキササイズをなさいますか?結構ストレスの解消にもなり、楽しく減量できますよ。肥満は食事内容、又食事の量にも関係しています。実際アメリカの食事は脂肪を多く含んだ食べ物が多くそれが原因で心臓病で死亡する人が多かったですが、最近健康に対する意識が高まって着てそのようのものは避けるようにまっきています。ちなみにわたしは塩気を控えれば日本食は健康に良いようで、生野菜を沢山とり穀物やたんぱく質(脂肪の無い)をとるように心がけています。又この所アメリカ人の間で日本食が見直されおすし屋さんなどに行くとほとんどが白人です。私の儀父がドイツ系のアメリカ人彼はやはり食事は脂肪分を多く使うドイツの食べ物を多くとって生野菜はほとんどたべませんでした。其方遠距離歩かれているようですネ。
Unknown (やいっち)
2009-06-06 00:25:02
昨年の春に帰郷し、夏までの5ヶ月弱で、体重が十キロも減りました。
原因は不明。
ダイエットは全くしてない。
推測では仕事でも家庭でも神経を磨り減らしたから、とか、父母と一緒なので規則正しい生活を強いられているかとか。

一気に十キロも減ると、嬉しいより、リバウンドが怖い。
実は病気だとか。
ダイエットやスポーツで痩せたと自慢できたら、本当に良かったんだけど…。

とにかく、何事も、急激な変化は(一見すると結果が良くても)単純には喜べないってことです。
高蛋白質摂取と食事の増量 (pfaelzerwein)
2009-06-06 08:19:41
オレゴンロースさん、今は減量の数年から筋力体力強化に向っていますので、高蛋白質摂取と運動量に見合った食事の増量を目指しています。ダイエットとは反体の方向です。

米国の食事はドイツでも大変評判が悪く、米国人の肥満は嘲笑の対象となっています。今でも肉食中心は肉体労働者のみで、多彩な菜食から魚食がドイツの中産階級以上の家庭の食卓の中心となっています。



やいっちさん、疾病とかの可能性を除くと、やはり乗車時間が減り身体を動かすことでダイエット出来たのではないでしょうか?歩くことに対して、車の運転は大変不健康と思われます。

急激な体の変化は決してよくありませんが、目に見えて成果が現われないと続かないのも心理ですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。