Wein, Weib und Gesang

ワイン、女 そして歌、此れを愛しまない輩は、一生涯馬鹿者であり続ける。マルティン・ルター(1483-1546)

ルート化の月謝代は如何に?

2014-09-06 | テクニック
タブレットのルート化と言うのを行った。所謂メーカーが拵えたソフトのその外側に触れるためである。危険を冒してまで行う必要はなかったのだが、一つの良さそうなアプリケーションがそれを求めていたからだ。PCにおいては頻繁に行っている行為で、立ち上がれなくなれば文鎮化する行為と言われている。PCの場合はBIOSを弄る行為も限られているので、ハードディスクの初期化ぐらいである。

結局ルート化するには、便利なアプリケーションを使うと言うので、色々と探してみた。最終的には英語のサイトにあった情報から、Root大師と称するシナ製ソフトならば上手く行くと言うので、その英語訳もない中国語のそれを使った。

なるほど所謂中華製のタブレットなどには上手く対応していて、メーカーのそれに遅れないようにしないと、中共から外のネットの情報などにアクセスできないのだ。我々のけちな目的とは、そうしたハッカー行為の意義が大分違うように思われる。中国語の問題もあったが、結局PCからUSB経由で動かすことでルート化は完了した。

その間、いつものように工場出しの状態に戻さなければいけなかったのもこれもPCの初期化と同じである。まだまだ使い出しなので問題はなかったが、マイクロSDカードのそれはそのまま残るので、今後のバックアップなどのときの参考になる。ルート化してしまうことで、今後はその状態にも戻せなくなるとなると余計にバックアップが重要となってきた。

肝心のプロクシセッティングのアプリケーションが上手く機能しないが、その他のルート化によって画面を一杯に使うアプリケーションなど、スマートフォンでもそのまま使える便利なものがあるのを認識した。兎に角、バックアップを含めてアンドロイドを知ることになる。

これまたいつものことで、こうしたものを弄っていると食事をする暇も運動する暇もなくなってしまって、顔色が悪くなる。時間もさることながら、不健康がこうしたものを覚える月謝代なのだ。



参照:
USBデバックで可能になる 2014-08-27 | テクニック
試してみたい様々な対処法 2014-08-31 | 文化一般
『モバイル機器』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高品質にありがちな滑らかさ | トップ | サラダの水切りのように »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。