Wein, Weib und Gesang

ワイン、女 そして歌、此れを愛しまない輩は、一生涯馬鹿者であり続ける。マルティン・ルター(1483-1546)

湿気た文化政策

2005-10-24 | 文学・思想
ベルリンの森鴎外の記念館に、夜遅く大人数でお邪魔した。日本の文豪の業績を記念する唯二つその建物が国外に存在する、ロンドンの夏目漱石記念館と並ぶ、そのもう一つの記念館らしい。前者のは、ドイツ人民共和国のフンボルト大学の機関として、後者のは個人的な施設として存在するという。

非常に歓迎して頂きながら、その展示の一部を批判するのも億劫だが、研究者でもない者の横柄な態度をお許し頂いてその様式と時代の ず れ をその場でいくらか暗示させて頂いた。すると予想されていた其の儘の反応が返って来たのでなるほどと確信を深めたのである。

「行間を読め」と言われると、「そう、皆そう言うのだ」と言わざるをえない。鴎外自身、文献の落字などを逸早く見つけそれを指摘したと言うが、ここの展示で彼のドイツ日記の東独訳本の写真の下に1989年撮影などと書いてあるあるのを見つけると、なんかの冗談ではないかと思ってしまうのである。

軍医として批判されていることは、まだ展示の中に生かされていない。今後改正していかないといけないのだろうが、批判的鴎外研究などをする余裕が今のフンボルトの日本学にあるのだろうか?

中曽根首相の東独訪問時にカモフラージュまでして、日本からの訪問者を手厚く歓迎して、何十年先になるかもしれない見返りを期待した。手弁当の研究を記念館としてまで具体化して行った成果は、賞賛に値する。そこで、今旧東独の彼ら自身が考えないといけないのは、そうして日本企業などから金をせしめ、多くの人民音楽家が外貨を稼いで来た姿勢など、またそれに類するような研究姿勢に対して自己決算が出来ているかという問題である。

少なくとも、こうした批判的研究という事が出来ない限り、彼らが言うような「訳の分らない熱心な日本のホビー研究家」の姿勢とあまり変わらないのではないか?東独の姿勢と鴎外の軍医としての権威主義的な個性とは全く関係無いと言明する。徒、「学究の徒の信念が実って成果を挙げた」と言う、どこか旧ワルシャワパケットのオリンピック選手のような成功話になっている所が、最も如何わしいのである。そして、フンボルト大学が特に社会主義リアリズムとは何ら関係の無い日本の大学と特別な関係を結んでいたことに相当するような不思議が、今後日本学において研究されるべき対象である気がした。

言い換えると、学究に於いても、文化に於いても、社会に於いても、そのようなリアリズムの主義主張では一切受け入れない筈のものが、当時独善という金科玉条に輝いていたことを示している。そこで主役を演じた文化的背景こそが興味あるのだ。

東ベルリンにこれを期待したいが、古いプロイセンの行政法を踏襲して東独と文化交流して来た日本の姿勢などを批判する事以上に難しいだろう。水はけの悪い、シュプレー川の中州のようなこの町に、今までに無く湿っぽく、湿気た文化が感じられた夜であった。それにしても、フリードリッヒシュトラーセ駅の感じはなんと御茶ノ水周辺の感じに似ていて、高架を走る電車の夜景は東京の中央線を走っているかのような錯覚を覚えた。



参照:
文化政策オッペケペー [ 文化一般 ] / 2005-10-17
尻を捲くり立ち止まる [ 歴史・時事 ] / 2005-10-29
こんな物は要らない [ 生活・暦 ] / 2005-10-26
求めなさい、探しなさい [ 文化一般 ] / 2005-11-27
ジャンル:
文化
コメント (13)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 没落-第三帝国の黄昏 | トップ | 石林の抽象への不安 »
最近の画像もっと見る

13 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
「研究」とは「礼讃」のこと (エンテツ)
2005-10-24 13:39:05
私からすれば鴎外などは、あのロクデモナイ日本の栄養学の「元祖」にすぎません。しかし、日本でブンガクに関わらず漱石と鴎外を批判することは、T大文学部を否定し「敵」にまわすような話で、T大文学部を「敵」にまわすということは、出版社の××や新聞社の××を「敵」にまわすようなもので、モノカキでは食べていけなくなる。というようなウワサを聞いたことがありますが。ま、ウワサです。
教育が無いから!? (pfaelzerwein)
2005-10-24 14:28:53
先日偶々、「つきみそう」さんの処で話題になっており、改めて見えない権威に気が付きました。戦前の教育を受けた方は皆同じように反応します。



「お前は教育が無いからだ」。



まさか、現代に「裸の王様」がある筈も無いのですが、ベルリンでも同じような風潮があって吃驚でした。因みに記念館の管理人さんは、都の西北に留学されていたようでしたけれど。



漱石には、それほど圧力を感じないのは気のせいでしょうか?
つきみそうより (matsubara)
2005-10-24 20:00:45
早速鴎外の話題を取り上げておられ、嬉しく思います。おそるおそる鴎外の批判をしましたら、こちらでは同調して下さり、安堵しました。

津和野あたりからきつーいお叱りがあると恐れていましたので・・・

ところで鴎外のお子さんは、マリとかオトとかドイツ流なのは趣味なんでしょうか。
下世話な「研究」 (pfaelzerwein)
2005-10-25 04:38:00
本当に偶然でした。私一人では、記念館に行く事はなかったので、展示の方法(研究所の付帯施設)も見る事が出来て良かったです。



其々のお名前は、MARIE,OTTOでしょうか。



充分な費用で暮らしていて、大判振る舞いをしていたらしく、当時のベルリンの花柳界で鴎外は大変有名だった様です。現在でも精神的に踏襲されているのではないかと云う危惧が、無批判の崇拝にはどうしても漂います。全く下世話な「研究」になっていて可笑しいですね。
フリードリヒシュトラーセ駅 (フンメル)
2005-10-25 06:14:38
明治時代に、ベルリンの鉄道技師達を「お雇い外国人」として招いて鉄道網設計させたので、レンガのアーチ作りの光景は似ているようです。
子の名前 (matsubara)
2005-10-25 12:29:49
森真莉さんは作家で名を馳せておられますが、この文字かどうかは自信はありませんが、漢字です。オトは於兎だったかと思います。他も全部漢字をあてています。

中には、はしにもぼうにもかからないお子さんがいたようで、親族からはうとんじられ、生まれてこなければよかったのに・・・

などと言われていたとか・・・
産業革命の時期、鞠李・良人雄 (pfaelzerwein)
2005-10-25 14:03:43
フンメルさん、裏付けを有り難うございます。現代的都市作りを新興都市ベルリンに習ったのは当然かもしれませんね。製鉄や橋脚なども含めて、ハード面では多くのドイツ人技術者が招かれているようです。産業革命の時期のずれからそのノウハウの移転も上手く行ったようです。それでも採用していない技術も多くその理由も知りたいものです。改めて触れてみたいです。



matsubaraさん、マリーなら鞠李なんて如何でしょう、オットーなら良人雄。
お盆 (chitoshi)
2005-10-29 20:44:04
始めましてコメント有難う御座います。

記事の趣旨興味深く拝読しました、又お伺い

致します。
江戸から明治を彷彿 (pfaelzerwein)
2005-10-30 15:55:51
chitoshiさん、素晴らしい写真を拝見しました。鴎外から偶然に江戸から明治を彷彿させる下町風俗資料館を見せて頂けることが出来ました。



またどうぞ、お気軽にお越し下さい。

東独の社会主義 (いちろう)
2006-03-31 11:20:58
ベルリン大学と日本の大学との友好関係の問題は、社会主義とは、ほとんど無縁です。むしろ、東独自身が社会主義と同時に旧プロイセンとの合体であったような気がします。

コメントを投稿

文学・思想」カテゴリの最新記事