Wein, Weib und Gesang

ワイン、女 そして歌、此れを愛しまない輩は、一生涯馬鹿者であり続ける。マルティン・ルター(1483-1546)

なんと、96kHzのキャスト!

2016-10-13 | テクニック
気温摂氏七度で、結構いい走りが出来たと思う。残念ながらGPSが上手く働いていなかったので数値的には分からない。それでも最初から前傾が掛けられて足が浮くようなことが無く走れた。それでも体幹走りが出来るまでに何百メートルかは進んでいた。そしてフォームが固まると往路後半の薄い登りもパースが落ちない。折り返し後も二キロ越の再び登りになるところまでは走れた。流石にそこからは厳しかったが、まあまあだったと思う。

お待ちかねの光学ケーブルアダプターが届いた。東ドイツのデッサウからの郵便が五日以上掛かっていて、不思議に思ったら、なんと地域ポストが引き渡し引き渡しで届いたようで、初めてのケースである。どのように引き継いでくるのかは分からないが、途中に七件ほどの地域ポストが存在する筈だ。次から次へと渡して行くのであろうか。恐らく一日に一回は隣の地域との受け渡しがあるのだろう。するとこれだけの日数が掛かるのは想像可能だ。欧州は昔の駅馬車の伝統があるので意外に上手くいくのかもしれない。なんといっても売値が2ユーロだから、中共の人でない限り可成り経費を抑えないと商いにならない。中に流石に保険屋のチラシも同封してある。

ビニール小袋を開けて、アダプターを取り出し、早速ソケット側にトスリンクを差し込んでみる。確りと挟まれて、否応にも期待が高まる。そしてアダプターのミニの光学のプラグを、クロームキャスト円盤の黄色いケーブルのミニステレオプラグを抜いた穴に、差し込む。徐にUSB-DACの入力をトスリンク2に切り替える。いよいよ音出しである。ノートブックのクロームブラウザで「マイスタージンガー」の録画画像を流す。開演前の会場の響きがなかなか良い。拍手の高まりから前奏曲である。ディスプレーには48kHzと正しくサムプリングレートが表示される。耳を疑った。いつものバランスと何か違うように感じたからだ。どうも今までのUSB接続よりも優れていると気がつき出した。そして確信した。

そして、ハイレゾリューションの96kHzのベルリンのフィルハーモニカ―の音源をタブレットから流してみる。なんと、出た最高速が、96kHz!である。そして響きは今までこの装置で聞けた最もピュアーなサウンドである。USB接続では低音が膨らんでバランスが悪かったのだが、自然なバランスで響く。本格的なスタディオサウンドである。驚愕で腰が抜けそうになる ― その音色にではなく、このシステムにである。

そこで、こうなれば、もはや我慢が出来ない。とっておきのグラスファイバー材のメートルのトスリンクに取り換えて接続してみるしかない。そして、ネットでストリーミングされたラディオ中継録音を聞いてみる。今まで六月から聞いて来たPCオーディオの音とは異なるのである。今までは、すかすかしていて、中低音が確り出なかったのである。どこに原因があるかは分からなかったのだが、USB接続による所謂ジッターなどの影響だったのだろう。であるから飽く迄もCDの落ち着いた音とは比較にならない音質と認識していたのだ。それでもこうしたハイレゾリュウーション音質ならばスタディオサウンドクラスでCDでは体験が難しいのを改めて感じる。先日の「最後の四つの歌」も「ロンターノ」も素晴らしいが、昨年のバイロイトの「指輪」も綺麗に第一ヴァイオリンが聞こえてビックリする。要するに定位感や音場感も圧倒的である。

そもそも、日本のオーディオのサイトなどを読むと、クロームキャストは正式に48kHzしか出ないとグーグルが答えたとある。理由はトスリンクへの変換で96kHzには対応していないからということだ。それならば一体、このディスプレーの数字は間違っているのか ― どうも192kHz!は出ないということで、96kHzが限界ということだろう。そして、同軸ケーブルに比較して、トスリンクはHiFi向けではないというのが日本では定評のようだ。恐らく、立派なオーディオ機器同士の接続の場合は同軸が優れているのだろう。しかし、粗末な電源を使っているような機器通しでは電気的に切り離す方が良いのだろう。

USBの接続に関しては、なるほど高価な接続ケーブルの市場が出来ている筈だと、今回思った。要するに影響が大き過ぎる。デジタル接続であっても、電気的、磁気的な影響が途轍もなく大きいということだ。一体、六月から聞いて来たPCオーディオって何だったのだろうと思わせるほどの驚愕である。詳しくはもう少し聞きこんでみないと分からないが、PCオーディオを語るならばこのクロームキャストオーディオを試してみないとはじまらないだろう。



参照:
滋味溢れる響きの経路 2016-10-12 | 文化一般
キャストによるデーター転送 2016-10-08 | 暦
トスリンクケーブルの差? 2016-06-15 | テクニック
『オーディオ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 滋味溢れる響きの経路 | トップ | ガス抜きの指導をする »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。