Wein, Weib und Gesang

ワイン、女 そして歌、此れを愛しまない輩は、一生涯馬鹿者であり続ける。マルティン・ルター(1483-1546)

こねこねクネクネ

2006-09-23 | 料理
クネーデルことドイツ団子が、写真エッセイ&工房「木馬」のロードスターさんが先ほど訪れた旅先の思い出として紹介されている。典型的なドイツ料理として挙げられる写真である。焼き豚と赤キャベツと団子は、南ドイツの普通のお食事処で、焼きソーセージやトンカツにならんで定番である。

問題は食べ方である。小笠原流にはこの食し方は含まれていない。生まれて初めて食卓に着くようになってから、自然と覚えることである。もちろんそれは、家庭の躾けの一部であって、どうしたら美味いかと同時にどうしたら食事を楽しめるかが、身を持って体得される。謂わば、カオスにならずに最後まで食べ終えることが出来れば良いのである。

こうしたことから、食べ方の決まりは無いので、せっかく丸く作ってある団子を切り刻んで、潰してソースに絡める仕草も人其々だろうが、そこにその人の生い立ちや性格に依拠するある種の流儀が感じられるのが面白い。

団子類は、予め拵えて、場所を食うことなく置いておいて、いつでも簡単に使えるようにしておくのが目的であろう。これを潰してくちゃくちゃとするのだから、そこに妙がある。

ぶっかけ飯の大家エンテツ先生のサイト「ザ大衆食つまみぐい」に、この辺りの面白さの専門的話題は譲りたいが、その粘り気とかソースを絡ます感覚は、加工品でもある餅やきりたんぽなどにも通じるものがある。穀物や炭水化物類は、最終的には何処かで油やソースに絡めないといけないと言う基本があるように思われる。胃袋では時遅しなのである。

反対にこれを最終工程の口の中で混ぜ合わせようとするほうが、一寸芸当と言うか、不思議な感じもする。

さて、なんだかんだのつまらない考察はさておき、このクネーデルを最も多く日本語で扱っていると思われるサイト「MOMOの台所」を紹介しておかなければいけない。ご主人のクネーデル好きが反映していると思われるが、旅先で、家庭でとクネーデルは頻繁に登場する。主な、ジャガイモ系とパン粉系の両方を手作りする以外にも、おおきなフォームのものも家族名産となっている。リンクは、鴨の足と赤キャベツ、パン粉系の団子と茸のクリーム黒ビールソース煮、その特製布巾団子のレシピー。

後者のゼンメル・クネーデルは、主にバイリッシュの食文化と言われており、その植民地であるプファルツで実際に食事処で常時提供される事は少ない。この事実も、バイエルン地方の料理は、玉ねぎ甘さなどのソースが多くここプファルツ地方ではソース類はそれほど多くは無いことを証明している。
ジャンル:
おもしろい
コメント (8)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 捩れた物乞いの教会 | トップ | ノーパートナー・デモグラフ »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
クネーデル (ロードスター)
2006-09-23 09:32:10
お陰でクネーデルのことが良く分かりました。ドイツでそれを食べているときには何も知らずにいただきましたが、今は「ああ、そうだったのか」と、思い起こしています。
日々の営み (pfaelzerwein)
2006-09-23 14:57:44
何も知らずは当然で、25年以上住まれている日本人の奥さんでも馴染めない人がいます。



つまり、目の前にしてのその美味さがなかなか判らないと言うのが名物であるのかもしれません。



地方地方に美味さが潜んでいると言うか、日々の営みがありますね。
Unknown (seedsbook)
2006-09-25 16:17:51
南方面に向かったとき、ゼンメルクヌーデルが美味しくて、家に戻って作るのですが、どうもうまくいかずにがっかりします。



私は付け合せの湯でジャガイモをナイフとフォークで切った時に非難の声を浴びて(笑)なぜだかわからず、きょとんとしていると崩してソースに浸せといわれたのが昔印象的でした。ちゃっちゃっと上手に崩すのですよね。私は相変わらず半分は切って食べます。
シュペッツェルなどよりも (pfaelzerwein)
2006-09-25 18:54:50
切って食べてもあまり美味しくないでしょう?ソースに浸すということではシュペッツェルなどよりも絡みやすい。



ちゃっちゃっとも個人差があって、いつも見ていておかしい。



それでも私の場合は、ゼンメルクヌーデルはバイエルン旅行のときの楽しみに取っといてあります。
MOMOのクネーデル (MOMO)
2006-09-26 01:43:27
ご紹介ありがとうございます。

これから冬になるとますますクネーデルを作る機会が増えそうです。

ジャガイモクネーデル、ゼンメルクネーデル、両方とも作りますが、99パーセントがゼンメルです。

ご主人様はジャガイモクネーデルが好きでないんです。そして、家で絶対に作らないのがレバークネーデル。これはレストランで食べますが、おいしいところは臭みもなく、本当においしいのですが、まずいとダメ!!!!絶対にダメ!!!!

はずれるとイヤなので、年に2,3度、どうしても食べたくなったときにだけ、注文します。

最近、食べたレバークネーデルはsehr gutでした。
冬にクネーデル (pfaelzerwein)
2006-09-26 03:45:29
ジャガイモクネーデルが好きでない、なるほど。そのように想像しました。料理にもよると思いますが。



レバークネーデルは作りたての暖かいものなどは生でそのままスライスしてパンに挟むと旨い。私は近所で新鮮なものがあれば何時も買います。



冬にクネーデルですか。余り考えなかったです。
クネーデル (ネネム)
2006-09-26 12:20:37
TBありがとうございました。

私はこのイモ団子、結構美味しく頂いたのですが、ドイツ人のウエイターさんに言わせると、クネーデルは日本人にはやや不評だとか。

同じようにすっぱいジャガイモサラダも残す人が多いとのこと。私はどちらも美味しく感じたので、旅行から帰って作ってみようと思ったのですが、レシピがないです~(汗)



こちらからもTB送っておきます。
不評だとか (pfaelzerwein)
2006-09-26 14:45:11
ネネムさん、コメントありがとうございました。そうなんです。食べ方が判らないと言った方が正しいかもしれません。レシピーは、ジャガイモを含む三種類のものが上の「MOMOの台所」にあります。クネーデルで同サイト内を検索してみてください。



ジャガイモサラダも地方によって様々です。こちらの地方はマヨネーズを一切使わないのでかなり酢が強いですが、バイエルンはそれほどでもない筈です。酢の種類が違うこともありますね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
die Reisebeschreibung von Deutschland 12:ローテンブルク2 (瑣末、茶飯事、よしなしごと。)
 ・冬の日はつるべ落とし  ローテンブルクは決して大きな街ではないし、観光名所の集まった所謂城壁内の旧市街などは本当に狭く、歩いて回るのにお手軽なサイズである。つらつらと歩いていたらあっという間に街の反対側についてしまった。  ※撮影ポイントと ...
フランス料理よりもパァルツの田舎料理が好き (MOMOの台所 ~ドイツの食生活だより~)
朝からご主人様の用事を済ませるのに、一緒にバイクに乗って行きました。 MOMOは後部座席で楽チン楽チン{/onpu/} 用事が終わったのが11時。さて、残りの一日をどう過ごしましょう? ご主人様はサッとバイクを走らせ、12時少し前に到着したのが、フランス ...