橋本屋吉次郎電子日誌

YAMAHA SR400・マツダ デミオ・ツーリング・城廻りについて・その他

cannon TS8030

2017-07-13 | パソコン

2014年3月に購入したCanon MG6530

最近、たびたびエラーが表示されます。

いったん電源を切って電灯線を抜き、再度差し込むとエラーは消えてなんとか使えるのです。
ただ、こう頻繁に表示されるということは、やっぱりどこか壊れているのでしょうね。

1年くらい前からでしょうか、パソコンから印刷しようすると、「プリンターは ビジー状態です」と表示されて動かないことがあります。
このときは、プリンターの電源を一度切って、再度入れることによってなんとか印刷できますが、あれは故障の前兆だったのかもしれませんね。

近年、プリンター本体は安くなっていますね。
これは消耗品でかせぐためでしょうが、となるといつまでもこわれかけたプリンターに固執する必要はありません。
なお、修理する手もありますが、この際は一律料金で11,880円でかかるそうで、もう少し上乗せすると新品が買える値段になっています。

機種に関して、こだわりはありません。
①インクカートリッジが手に入りやすいエプソンかキャノンであること。どちらかといったら、使い慣れたキャノンが良い。
②インクジェット複合機である。
③DVD・CDメディアのレーベル印刷ができる。
ぐらいです。
印刷品質に関して、現行モデルのどれを見ても私には充分合格です。

ただ、③の条件を満たす機種は意外に少なく、キャノンでは上位機種であるTS9030とTS8030しかありませんでした。
両者の違いはLANケーブル接続の有無と液晶モニターの大きさぐらいです。
あ、そうそうTS9030にはクリエイティブフィルターという画像加工機能がついていますが、これはPC上でもカメラでもできるので必要を感じません。

ということで、悩むことなくcannon TS8030に決定です。
たまたま、安売りされていたこともあり近くのケーズデンキで購入しました。
会計の際に「延長保証はどうされますか?」と聞かれました。
「えっ!」と戸惑う私に、
「メーカーの1年保証に加えて、ケーズデンキが2年保証をいたします。いかがでしょうか。」とたたみかけてきました。
今回は3年4ヶ月での買い換えでしたので、次回3年以内に故障する可能性も充分あるとその場で判断し、「お願いします」と答えてしまいました。
しかしよく考えてみると、純正インクを使わないとメーカーの保証は受けられないのですよね。
延長保証の規定はどうなんでしょうか?


(左)今まで使っていたMG6530、(右)新しく購入したTS8030(まだ、保護材はつけたままです)
ずいぶんコンパクトになっています。

設置完了

指示に従って、ドライバーや関連ソフトウェアをインストールすれば終了です。
マニュアルには書いてないですが、設置前に以前使っていたプリンターのドライバーやソフトウェアを削除しておいた方が、無駄なファイルをため込まずに済むので良いかと思います。

以上、備忘録でした。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 平城京跡を歩く | トップ | ブリジストン BT45 に履き替え »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。