橋本屋吉次郎電子日誌

YAMAHA SR400・マツダ デミオ・ツーリング・城廻りについて・その他

テオ・ヤンセン展へ行ってきました

2017-08-05 | なにげない日常


三重県立美術館で開催されているテオ・ヤンセン展へ行ってきました。
この美術家の名に聞き覚えのない方も、このCMには見おぼえがあるかと思います。


中外製薬TVCF

まるで生きものが歩行するよう浜辺を移動しています。
風を動力にしていることは容易に想像できますが、不思議なのはパイプを組み合わせただけの本体構造です。
生物に似た歩行をしなやかに行うためには、電子制御でコントロールと行きたいところですが、そんなものはどこにも見あたりません。
いったいどういう構造になっているのか。
いったいどのような人が作ったのか。
疑問でした。

展示されていた彼の作品の一部です。




もっと見たかったのですが、巨大な物が多いので、展示できる作品数は限定されるみたいです。

気がつかれた方もいるでしょうが、この作品展は変わっていて、カメラ撮影OKなのです。
また、一部の作品は押したり引いたりして、動きを確認することができます。

もちろん、デモンストレーションも行われていました。


テオ・ヤンセン展デモンストレーション

これらの作品は、電気工事用の塩ビパイプで作られています。
近くで見ると、加工は雑で美しくはありませんが、離れて見ると不思議な造形美を感じ、何よりその動きは、生命を感じるような躍動感と流麗さを感じます。

テオ・ヤンセンは、大学で物理学を専攻しましたが、その後芸術家に転身しました。
奇抜な作品も、この経歴を聞けば、何となく頷けるような気がします。

今回、この有機的に見える動きのしくみを知りたいと思って出かけました。
実は、それはさほど複雑ではない動力方向の変換に過ぎませんでした。

クルマのエンジンは、ピストンの往復運動をクランクによって、回転運動に変えています。彼の作品の中にはこれを逆にしたものがあります。
つまり、風車の回転運動を脚の上げ下げの運動に変換しているのです。
もちろん、脚を単純に上下に動かすだけでは進みませんから。
①脚を前に出す ②脚を下げて地面を踏む ③地面を後方に蹴る ④脚を上げる
という4つ(あるいはそれ以上)の行程になっているのでしょう。

コンピューターなどの電子部品は使用されなくても、生物的なスムーズな動きは再現できるのです。

ということは、本家の生物の動きも実はさほど複雑なものではないのかもしれません。

そして、もうひとつ、動力の変換といえば、我が国にはテオ・ヤンセン氏に劣らないすばらしいものが古くからありますよね。

からくりです。

コンピューター制御に加えて、からくりの技術を極めれば、より人の動きに近いロボットや医療機器をつくることが出来るかもしれませんね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 電子書籍リーダーとしてのiPa... | トップ | 南九州へ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ひえぴた)
2017-08-06 11:39:22
面白い展示会ですね。
仕組みが分かってしまうとシンプルな物の繋ぎ合わせだと思いますが、
ついつい小難しく考えてしまうので見習いたいと思います。
こんばんは (SevenFifty)
2017-08-06 22:27:02
こんばんは。
SevenFiftyです。

有機質的な動きが面白いですね。
わたしも時間があったら見に行こうかな。
不思議です (橋吉)
2017-08-07 06:12:44
>ひえぴたさんこんにちは
生物の動きを再現しようとするならば、普通ならばカメラで撮影した動きを解析し、それをプラグラムするところから始まると思うのです。それをせずに本物のようなうごきをするのがふしぎです。天才なのか。スゴイ努力を積み重ねているのか。ただ単に凡人が難しく考えているだけなのか。
よろしかったら (橋吉)
2017-08-07 06:30:43
>SevenFiftyさんこんにちは
9月18日まで開催していますので、よろしかったらいかがでしょうか。
セントレア-津港を一気に高速船で渡るのも面白いかも

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。