Petrol Bug's
―― The Restoration Report of 1933's THE SUNBEAM MODEL 8 ――
 



紆余曲折を経て現在。どうやら動いているようだ。



えっとですねー。自分用に覚書は書いてあるんですけども、もう細々書くのが面倒なんでダイジェストで話しますと。バルブまわりは全部新規作成。やり直しだよ、やり直し。バルブとガイドは某Rテックさんに。コイルスプリングはVMS馴染みのバネやに。コイルスプリングリテーナー一式は我らがS工機謹製と来たもんだ。一体これまでバルブまわりにいくらかかったんだって話はありますが、そんなね、飲み代を積算するような真似はね、野暮ってもんですよ。ぜんぶ「楽しかった」…それでいいじゃない。

…や、どちらかといえばしんどかったんですけども。

ほいでもってヘッドはめでたくコイルスプリング仕様に。あと前々から気になっていたカムフォロワーのスラストのガタを解消(ガスケットを抜いた)してみた。たしかVMSのブログに書いてあったから、なんかそっち見て。(投げやり)





その後さしあたって250kmくらい走りましたが…うん。まあとりあえずは大丈夫そうです。冒頭の動画を見ても安定している。なにぶん友達がいないもので主観でしか撮れなかったが、音的には、まあ。あとは3000kmくらい走った後にバルブとガイドが無事なら…。そうじゃなければもう廃車で。

……あっ!あとなんかこのブログがサンビームの評価を不当に下げているようですけども、違うからね?めちゃくちゃ楽しくていい作りのバイクだからね?ただただ、麻雀などでも証明されている俺の「負の鬼ヅモ」によるものだからね?みなさん、安心して買うてください。ライオンとかいいと思うよ。

よーし。じゃあ、おじさん次は単気筒なのにバルブが4つあるやつとかやっちゃおうかなー。
 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« Autopsy Action Cam »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。