ペトロとカタリナの旅を重ねて

あの日、あの時、あの場所で
カタリナと歩いた街、優しい人たちとの折々の出会い・・・
それは、想い出という名の心の糧 

驕る安倍内閣、おっと平家だった、は久しからず ・・・

2017年04月22日 | 日記/世相

 同じことを繰り返すのは斑惚けゆえのこと、かなり前に<似た話>を投稿した。
 それに、一年前の投稿記事に頼るのも安直と言えば安直、最近も<類は類を>と投稿したばかりだ。

 が、義憤に駆られてと言えば聞こえがいいが、飽かずに同じことを投稿したのは、某週刊誌、新聞広告を見ただけだが。が、“ ストーカ登録された経産省バカ政務官 ” (ママ)と報じたから。
 父親も女性にしくじり官房長官を辞任、“ 親を見て子は育つ ” とはけだし名言と実感した。

 他にも、“ 一番の癌は学芸員 (山本地方創世相)、沖縄県はポジショントークをする (鶴保沖縄担当相)、自主避難は本人の責任 (今村復興相)、長靴業界はだいぶ儲かった (務台復興政務官)” と、忘れる間もあらばこそ在庫一掃セール大臣の妄言続き、任命して恬として愧じぬボスが鵺(ぬえ)に見える。 

 
忘れる間もなく・・・
 熊本地方の地震で被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます 珍しくその日(4/15)のうちにベッドに入った。 どのくらい経ったか、ギシギシと建物が鳴る音で目が覚め、ベッド......
 

 現役時代、企業倫理も担当、PCのディスプレーの縁に “ 憐みの心、慈愛、謙遜、柔和、寛容を身に着けなさい ” (聖パウロ/コロサイの信徒への手紙第3章)を貼り、格好だけでもと戒めていた僕(やつがれ)。
 偉そうに言える身じゃないが、斯くも “ 慈愛と謙遜と寛容 ” をなおざりにした政府が嘗てあっただろうか?

 自由党の小沢一郎、 「国民のレベル以上の政治家は生まれない」と、しれっと吐いたらしい。
 ここまで政治を堕落させたのは国民の責任だが、鳩山由紀夫や菅直人やお前さんには言われたくない。

 朝日調査(4/18)では支持率が50%だという、こんな内閣 「好きやねん」なんて一体誰が答えてんねん?
 Peter & Catherine’s Travel. Tour No.1298 

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
« 身に覚えあり、笑いながらも... | トップ | ゲマルデ・ギャラリー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。