ペトロとカタリナの旅を重ねて

あの日、あの時、あの場所で
カタリナと歩いた街、優しい人たちとの折々の出会い・・・
それは、想い出という名の心の糧 

止めときゃいいのに ・・・

2017年05月26日 | 日記

 花の後、若葉の頃もあらばこそ、一気に夏日、そして真夏日、順応性に欠ける老いぼれは気息奄々。

 ところで、予てから気になっていたカーペット敷きの部屋のフローリングを頼んだのが一月前。
 多くもない家具だが動かさなくてはならない上に、下見の工務店のお兄さん、「クローゼットの中も空にしといて下さい」なんて命令するもンだから 「そこはいいです」とも言えず。

 注文が立て込んでいるのか、一月も待たされてるうちにこんなに暑くなるとは、思いもしなかった。
 なんせお尻に火がついても動かない性質(たち)、涼しい時に少しずつでも移しときゃいいのに先延ばし。

 さらに面倒にも、行きがありゃ帰りがある、止めときゃよかったと臍を噛み乍らもなんとか部屋を空けた。

 ものの、終わったのに元に戻すのが億劫、それでなくとも狭いわが家であるけれど、空っぽの部屋に誰が文句を言うじゃなしと放ったらかし、何のためにやったんだか。

 工事が終わった頃に降り始めた雨、ベランダから遠く甲子園方面にナイター照明が煌々としていたが、伝統の一戦とやら、最近、貧打の地元チーム、主催権あるんやから止めときゃいいのに案の定の負け戦。

 そう言えば、左肩痛めた新横綱も、止めときゃいいのに無理して出場、貴乃花の二の舞、引退にならなきゃいいけど。

 翌日(5/26)は朝からの雨にほっと一息、昼下がりに止んだ雨にマンションの庭の薔薇も洗われ・・・、そうそう大昔、こんな歌が流行ったよなあ。

   雨が小粒の真珠なら 恋はピンクのバラの花  「雨の二人」 (詞:宮川哲夫/曲:利根一郎)

 詩心はないけれど、こんな<恋に憧れた時>もあったなあ・・・、老いぼれにも。
 Peter & Catherine’s Travel. Tour No.1317

   

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
« 今頃、韓流ドラマ事情に、へ... | トップ | それにつけても、ポテチに負... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事