ペトロとカタリナの旅を重ねて

あの日、あの時、あの場所で
カタリナと歩いた街、優しい人たちとの折々の出会い・・・
それは、想い出という名の心の糧 

ホルバイン 「商人ゲオルク・キーゼ」

2017年05月15日 |  ∟ドイツの美術館

 ※ ドイツ/ゲマルデ・ギャラリー編 (12) ‐ 中欧美術館絵画名作選 (64)

 昨日(5/14)は母の日、Mother‘s  Day、日こそ違え世界中で母への感謝を捧げる日がある。

 小編も、この日のことは何度か投稿、最近では13年の初夏、盛期ルネサンスの巨匠ダ・ヴィンチ(1452-1519 )の 「<カーネーションの聖母子>」(アルテ・ピナコテーク蔵)を借りて綴っている。

 慈愛に満ちた聖母は手に赤いカーネーションを握っているが、磔刑されたイエスにマリアが流した涙がこの花になったという伝説があったとか。

 その花をモチーフにドイツ・ルネサンスの画家ハンス・ホルバイン(子)(1497-1543)が、少し変わった組み合わせの肖像画 「商人ゲオルク・キーゼ」(1532年)を描いている。

 ホルバインは二度にわたって渡英、ロンドンに駐・滞在するドイツ商人などの肖像画を描くほか、<ヘンリー8世>の宮廷画家としても活躍したとされている。

 ロンドン商館に駐留していたゲオルクが、滞英中の彼に委嘱したとされる本作、傑作 「<大使たち>」と同様にゲオルクの周りには、職業の貿易を示すアトリビュートなど様々な物が描かれている。

 その中でひと際目につくのが、テーブルのカーネーション、が、なぜ、ホルバインはこの花を肖像画に添えたのだろうか?

 ヨーロッパでは花嫁の幸せを願うおまじない、サムシングフォーなるものがあるのだとか。
 そのひとつ、サムシングブルーの青いガータベルトじゃないが、当時、新婦はカーネーションを身につけると幸せになるとされ、花婿はそれを探し出さなくてはいけないという風習があったのだそうだ。

 そのカーネーション、三年後にポーランドのダンツィヒで、クリスティン・クリューゲルと結婚したゲオルクの結納を象徴したとされている。
 とまれ、妻であり母であり、時に厳しい師でもあった在りし日のカタリナ に改めて想いを馳せた日だった。
 peter & Catherine’s Travel. Tour No.1311

『絵画』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« フェルメール(3) 「二人の... | トップ | レンブラント 「長老たちに脅... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (kunorikunori)
2017-05-15 20:09:58
大好きな絵画がたくさん詰まっている貴ブログ!どうかよろしくお願いいたします。
kunorikunori さん (petro)
2017-05-15 22:53:03
コメント、ありがとうございました
これからもアクセス頂ければ嬉しく思います
謎解き (ろこ)
2017-05-16 23:10:43
こんにちは。
 いつも素晴らしい解説と名画に酔いしれるひと時を味わっております。
 西洋絵画は聖書と共にあって、絵には謎解きの妙があるのですね。
 カーネーションにそんな意味があったとは知りませんでした。
 日々カタリナさんと心の中で会話されているご様子、常に共にいらっしゃるのですね。
 「そうよ、当たり前でしょ」
 声が聞こえてきたような・・・。
ろこ さん (petro)
2017-05-17 04:45:26
何時もブログ、面白く拝見しています
コメントを差し上げたいなあと思うこともしばしばですが、羹に懲りて膾を吹くでつい躊躇ってしまいます

彼女とは五回目のGWを迎えましたが、未だに想い出に耽っているのが、青っぽくて恥ずかしくなります・・・

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。