ペトロとカタリナの旅を重ねて

あの日、あの時、あの場所で
カタリナと歩いた街、優しい人たちとの折々の出会い・・・
それは、想い出という名の心の糧 

どうにもいけない

2017年05月20日 | 日記/世相

 愚かにも月曜からの隔日に加え土曜も投稿、なんて思ったもののどうにもいけない。

 何度か利用したことがあるが、“ 一年前の記事をお届けします ” や、利用したことはまだないが “ お題に参加してみましょう! ” とか、goo 事務局があれやこれやと救いの手?を差し伸べてくれる。

 こんな仕掛けが用意されてるのはお困りの方も少なからず・・・、で、「だよなあ!」と変なとこで安心も。
 毎日更新される方からすれば笑止だろうが、結構、真剣に 「面白いことはないかな?」と考えたりもした。

 が、半径半里の徘徊老人の日常など、殊更、面白いこと、珍しいことが転がっている筈もない。
 てなことで、ここ暫く巨匠の名画を借りて紙面を繕っている、「その方がいいじゃない!」の声は別にして。

 そんな折、要らざることにも洗濯機が話題を提供してくれた、それこそどうにもいけなくなったようだ。

 今、NHKの朝のドラマで桑田佳祐さんの歌に乗って流れるタイトルバックが面白いと、以前、朝日紙のTV担当記者が書いていた。

 そこに出てるやつほど古くはないが、二十年以上も頑張ってくれていたのに、この春先からドラムが塩梅よく回転しなくなったみたく、ぎぃぎぃ~と骨が軋むような音を立て乍ら洗う姿?が痛々しい。

 古くから女やもめには花が咲くけど<男やもめ>にはなんとやら・・・と、揶揄される。
 ピカピカの暮しをしている、と胸張れるじゃないけれど、それなりに<小ぎれい>に、の自負はある。

 仕舞い仕度もあって物は買うまいと決めているが、掃除機とともに方便(たつき)の要が壊れたとなればどうにもいけない、僕(やつがれ)と一緒におさらば、「それまで頑張ってくれ!」との思いは届きそうにもない。

 そんな老人の日々、今日も、日はまた昇る、が、詰まらんブログに使うなと文豪の舌打ちが聞こえてきそう。
 Peter & Catherine’s Travel. Tour No.1314

ジャンル:
その他
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« レンブラント(2) 「デリラ... | トップ | レンブラント (3) 「舅を脅... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ネタがないのもネタ (ろこ)
2017-05-21 15:49:33
こんにちは。
 面白く拝読しております一ファンとしましては、そんな心のうちなど、トンと知りませぬこと。 
 大学で西洋美術史概説というものを単位がほしいばかりに、受けておりましたが、なまけてばかり。
 今にして思うと、もったいないことをしたと後悔しきり。
 そこにPetroさんと巡り合えたのは、幸運と呼ぶにはあまりにも喜ばしき運。
 時折りみせる心の内は、名画以上に心打たれることばかりです。
 日々の何気ないひとこまも、心に刻む一幅の絵。
 お逢いしたことがないカタリナさんですが、日々の深い追慕の情に浮かぶ、敬虔な一人の女性の来し方に心を奪われます。
 気楽に綴ってくださいますように。
 洗濯機は買い替え時ですね。
 
それでもネタに悩むわれとは (petro)
2017-05-21 19:35:06
ろこ 様 
 コメントを頂きありがとうございます
 ものみな陽気が満ちてくるという小満の日の今日、天声人語氏、大伴家持の、

 うらうらに照れる春日(はるひ)にひばり上がり 心悲(がな)しもひとりし思へば

 という歌を載せていました
 恋多き万葉歌人も、政治の世界では何かと苦労も多かったよう、人生、悲喜交々ということでしょうか
 ところで機能の少ない、洗えるだけのものを考えています

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。