パリの日記 パティシエ卵の話

フランスでの留学生活・パティシエ生活・画家生活を綴ります。夫(アゼルバイジャン人)と息子も登場します。

アゼルバイジャン料理 葡萄の葉のドルマ

2016-10-29 08:17:01 | アゼルバイジャンに行...
ドルマという料理は野菜の肉詰め料理なのですが、中でも葡萄の葉で肉を包んだ料理はアゼルバイジャンの郷土料理です。
葡萄の葉のドルマは他の国にもありますが、包み方は大抵タバコの様に細長く包むのが一般的だと思います。
アゼルバイジャンの葡萄の葉 ドルマは形がまるなのです。

葉の中に詰める肉の用意ですが、黄色はバターです、、、、。
どんだけバターを使うんだってくらいどの料理もバター万歳料理です。




塩のお湯で茹でて保存していた葡萄の葉です。




ドルマは一口サイズ。
義母が丁寧に包んでいます。




鍋の底に小皿とスプーンをこのように入れて置き、その上にドルマを置いていきます。
こうすることで、肉から出る灰汁がお皿の下に入るようです。というのもこのドルマを煮る時はお水ひたひた系で煮ないので、灰汁がとれないため、こうしてお皿を敷きその中に灰汁が入るようにするのだとか。
写真は全部食べた後に撮ったので汚れていますが、、。




完成したドルマはヨーグルトをかけて食べますが、私はかけない派です。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アゼルバイジャン アパートの... | トップ | 飛行機に乗り遅れた!! »

コメントを投稿

アゼルバイジャンに行...」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。