パリの日記 パティシエ卵の話

フランスでの留学生活・パティシエ生活・画家生活を綴ります。夫(アゼルバイジャン人)と息子も登場します。

息子のtitre républicain を取得

2016-10-12 10:13:41 | 子育て

うちの息子はフランスで生まれましたが、私もアゼルバイジャン人もフランス国籍をもっていないので、息子もフランス国籍はありません。
外国人がここフランスに三ヶ月以上滞在するには滞在許可証というものが必要で、これは外国からフランスに入国する際にも携帯していなければなりません。しかしこれは未成年者は申請できず、未成年は別途「titre républicain」という許可証を携帯しなければならいのです。これはフランスで生まれた外国人の子供が、フランス国外に出て、再びフランスに入国する際に必要なものなのです。

私が五月に息子を連れて日本へ一時帰国した時は、息子はこの許可証をまだ持っていませんでした。
というのも、申請から取得までおよそ三ヶ月分かかるからです。
なので、内心ドキドキでした。そして、シャルルドゴール空港で出国手続きの際に聞かれました。
子供の許可証は持っているか?と。
私は「今、申請中で手元にはありませんと」。

でもフランスに入国する時は何も聞かれなかったのですよ。
日本のパスポートでの入国だったので、三ヶ月はフランスに滞在できるので特に問題にはならないかもと思ってはいました。

しかし、早めに作っておかないと息子がアゼルバイジャンへ行く時にフランスへ入国できないので、そうなったら大変です。なんせアゼルバイジャン人はフランスに入国する際には滞在一日でもビザが必要な国なので。

ということで、先日息子のtitre républicainを取得しました!!

これで、アゼルバイジャンへ行けます。

そうなんです、わたくしたち、今週金曜日からアゼルバイジャンへ行くのです!





息子はもう九ヶ月です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 妊娠8週目で流産 | トップ | アゼルバイジャンの水道事情 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。