パリの日記 パティシエ卵の話

フランスでの留学生活・パティシエ生活・画家生活を綴ります。夫(アゼルバイジャン人)と息子も登場します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ここ最近の話し。

2017-04-04 10:23:10 | パリ生活 2017
はいどうもー!

息子が保育園に通ってもう1ヶ月半が経ちました。保育園ではよく食べてよく寝て、毎日良い1日を過ごしているようです。保育園に迎えに行くときは毎日1日の報告をしてもらうのですが、おやつの内容に衝撃を受けます。一歳半になっていないのに、すでにチョコレートパンやチョコレート入りマドレーヌ、チョコレートクッキーなど、そういうものを食べているようです。そういうものは私は家ではあげてないし、コンポート(りんごのすりおろしたもの)やヨーグルトも砂糖なしのものをあげています。
保育園からの1日の報告は毎日衝撃的ですよ。

そして、保育園に通い始めてからというもの、息子が頻繁に風邪をひき、それが私にもうつる、というのが日常的になっています。一週間風邪をひいて、一週間元気でまた一週間風邪をひくというのがずーーーーと続いています。今回はアゼルバイジャン人にもうつって、みなでゲホゲホ言っています。ティッシュもすぐに無くなります。それまでは風邪なんて一年に一回ひくかどうかだったのに。こんなのがいつまで続くのでしょう、、、。



そうそう、先日アゼルバイジャン人の誕生日会をしました。今までは、一度もしたことがなかったのですが、ここ最近友人の誕生会に呼ばれることが何度かあって、自分も誕生日会をしてみたくなったようでした。親しい人を招いて総勢9人でした。立食は避けたかったので、なんとか皆が座ることができる人数にしました。夕方6時半から始めました。一人二人とやってきて、アペリティフがはじまり、本格的な食事は全員が揃った8時ごろからスタートしました。みんな飲む飲む!!買ってきたワインも持ってきてもらったワインも全部なくなって、ウイスキー、日本酒、ウオッカも開けていました。でも、ベロベロになる人はいないんですよねー。
丸いテーブルをみんなで囲んで食事をしながら、飲みながら話しがつきません。プーチンの話題から今月のフランスの大統領選挙の話など、みな熱く語っていましたよ。
デザートとお茶が終わったのが深夜0時前。その頃にはようやく、大人数に興奮していた息子も友人の娘ちゃんも寝てくれました。
そして話は続き、深夜0時半に一名が帰り、、結局会がお開きになったのが、朝の3時45分でした。
話は尽きないが、食べ物が尽きたーーーーー。最後に3時ごろに食べるのかしら?と果物を出したら、みんな食べてたーーーー。
みなさん、最後の最後まで楽しんでくれたので誕生日会をしてよかったです!!


翌日のアゼルバイジャン人との反省会では、
「昨日のような雰囲気の会(パーティー)というのは、良くあることなのかな?」
「友人同士の会というよりも、家族が話をする雰囲気に近かったね。友人同士でああいう雰囲気は稀だと思うよ」


立食ではなかなかな実現できない、みんなで一つの話題を論議するというのは興味深かったです。
しかし!!話の詳しい内容に私のフランス語能力はさることながら、知識的なレベルでついていけなかったのは言うまでもありません!!涙 いいんです!!みなが楽しんでくれたなら、それでいいんです!!




ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本の絵画公募展に初めて応... | トップ | メロンパンの研究 ① »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ゲンタくんのパパ)
2017-05-17 05:22:38
すごいなあ、こんな経験、日本では絶対にできませんね! 
ゲンタくんのパパ (Petitefrance)
2017-05-24 20:52:59
いろんな経験を体験中ですー!

コメントを投稿

パリ生活 2017」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。