ゲイリーマンのカミングアウト的思考

長年サラリーマンしながらLGBT活動。45歳にしてフリー。同性愛者らが自分らしく生きられる社会を地方から目指す。ミラー版

大学の授業でLGBTのこと

2016-11-26 02:20:18 | Weblog
聖カタリナ大学のジェンダーと社会学の授業で1枠話をさせていただけたので性的マイノリティのことをやってきました。

詳しくは初めて学ぶ学生も多かったようです。
大学生だし一方的な話になってもなと考え、今回はちょっとしたグループディスカッションを試してみることにしました。

一通りLGBTのことを説明した後、まず1つ目のケースは一橋大学のアウティング事件のこと
事件についての感想や、暴露してしまった彼や亡くなった彼がどうすればよかったかと考えてもらいました。

おとなしめの学生さんたちですが、いろいろ考えてくれたようです。
興味深い発言もありましたがここでは紹介しません

そのあと、当事者が受ける社会的な偏見について説明して、2つ目のケース
今度はトイレ問題、MTFの方が女子トイレを使うことについて不安視している女性Bさんの意見についてみんなはどうするか?

これまた悩ましいテーマを、いろいろと考えてもらいました。

90分の授業でLGBTのことを一通りや2つのケースについて話し合ってもらったので中身濃いテンポ良いものになったと思います。とはいえ1回限りの授業ですので深くは難しい・・なるたけ後に引いて考えてもらえたらいいなと思いながら組み立ててみました。

授業中は若者らしい?反応の薄さも感じながらも、結構起きて聞いてくれてるなとは思ってましたが
授業後すぐに提出してもらったレポートにはいろいろ興味深いことを書いてくれてました。

まあまあ成功!
90分の授業としては上出来かもしれません

聖カタリナ大学の先生がこの3年毎年呼んでくれます。
また少し変わったやり方が挑戦できました。

学生の皆さんの中には海外からの留学生も何人かいて、様々な見解も書かれてました。
(あれだけいろんな話をして、ちゃんと聞き取れ理解しているようで感心しました)

松山には他にも大学は数校あるので、このような機会が増えていくといいなと思います。

今日26日午後も東京から大学のゼミの学生たちが8人ほど虹力(にじから)スペースに研修にきてくれますよ!
LGBTのみんなも遊びにきてみてください。



(虹力(にじから)スペースでの研修のご依頼は・・ 詳細)
http://rainbowpride-ehime.org/Site/spacekensyu.pdf
研修費用として活動維持のためのカンパをお願いします。目安は上記詳細にて。


●えひめLGBTセンター 虹力(にじから)スペース
http://rainbowpride-ehime.org/Site/nizikara.html
松山にあるLGBTと家族と支援者のための交流支援施設です。
(場所や開館カレンダー、利用案内、間違いない開館日情報はこちら)


(性的マイノリティの講演依頼は)
レインボープライド愛媛
http://rainbowpride-ehime.org/
エディまで







ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 性的マイノリティの研修に来... | トップ | 大学生たちと虹力(にじから... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL