アジア・オセアニアNews blog ~お日様とお月様の光と影~

アジア・オセアニア地域の通信社が配信する記事から『中国の領土紛争問題』を伝え日本の安全保障などのニュースブログ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「反保護主義」で一致 安倍首相、北朝鮮決議の採択訴え G20首脳会議が開幕 (時事通信)

2017年07月08日 | 国連・国際社会
「反保護主義」で一致 安倍首相、北朝鮮決議の採択訴え G20首脳会議が開幕
(時事通信  2017/07/08-01:33)


 【ハンブルク(ドイツ)時事】

  日本、米国、欧州と中国など20カ国・地域(G20)の首脳会議が7日午前(日本時間同日夕)、ドイツのハンブルクで開幕した。焦点だった自由貿易の推進をめぐっては、「保護主義と闘う」ことでおおむね一致。世界経済の成長や雇用の拡大に自由貿易が必要だと主張する日本、欧州などと、公正な貿易環境を求める米国の足並みがそろった。G20は8日に共同声明をまとめ、閉幕する。
 

 G20開幕前に欧州連合(EU)と経済連携協定(EPA)交渉で大枠合意した日本の安倍晋三首相は自由で公正な貿易の重要性を強調。「保護主義は世界貿易全体の縮小につながり、国内産業や消費者に悪影響を与える」と説明した。米国が問題視する中国の鉄鋼過剰生産では、各国が取り組みを強化する方針を確認した。


 会議では、北朝鮮問題や気候変動なども議論した。安倍首相は核・ミサイル開発を進める北朝鮮の動きを非難。「厳しい制裁措置を盛り込んだ国連安保理決議の早期採択が必要だ」と述べ、各国が一致して北朝鮮への圧力を強化するよう訴えた。

『アジア』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 海洋安保で連携強化 日印首... | トップ | 日ロ首脳、8月次官級協議で... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

国連・国際社会」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。