アジア・オセアニアNews blog ~お日様とお月様の光と影~

アジア・オセアニア地域の通信社が配信する記事から『中国の領土紛争問題』を伝え日本の安全保障などのニュースブログ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

F35戦闘機 国内製造の1号機を愛知の工場で公開 (NHK NEWSWEB)

2017年06月05日 | 東アジアニュース
F35戦闘機 国内製造の1号機を愛知の工場で公開
NHK NEWSWEB 6月5日 15時04分

F35戦闘機はアメリカなど9か国が共同開発した機体で、レーダーで捕捉されにくいステルス性能が強化されており、航空自衛隊の将来の主力戦闘機として今後、42機導入される計画です。

日本は開発には参加していませんが、国内向けの機体の組み立てやレーダー部品などの製造を担っていて、5日、愛知県の三菱重工業の工場で国内製造の1号機が公開されました。

記念の式典で、若宮防衛副大臣は「F35戦闘機は最も先進的な機体で、日本の防衛に重要な意義を持っている。日米関係がより強固になることが期待される」とあいさつしました。

F35戦闘機は今年度中に青森県の航空自衛隊三沢基地で配備が始まることになっています。

F35戦闘機については、開発や製造などを行う各国が部品を融通し合うシステムがとられていて、将来的には日本の企業が製造した部品が、アメリカなど開発にあたった9か国のほか、運用する国としてシステムに参加しているイスラエルなどに提供される可能性もあります。

防衛省は、アメリカの一元的な管理の下、紛争当時国などへの部品の移転は厳しく制限されるとしていて、移転に際して日本側の事前の同意は必要とされていません。
『アジア』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北朝鮮包囲一段と 安保理決... | トップ | 房総半島沖にレアメタル含む... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

東アジアニュース」カテゴリの最新記事