アジア・オセアニアNews blog ~お日様とお月様の光と影~

アジア・オセアニア地域の通信社が配信する記事から『中国の領土紛争問題』を伝え日本の安全保障などのニュースブログ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

米 北朝鮮ICBMで関係の第3国にも制裁意向 (NHK NEWSWEB)

2017年07月12日 | 第二次朝鮮戦争と韓国の内政問題
米 北朝鮮ICBMで関係の第3国にも制裁意向
NHK NEWSWEB 7月12日 9時07分

北朝鮮が、今月4日に弾道ミサイル1発を発射してICBMの発射実験に初めて成功したと発表したのを受けて、アメリカ政府は、国連安全保障理事会で新たな制裁決議を求めていく方針です。

アメリカ国務省のナウアート報道官は、11日の記者会見で、「新たな制裁決議は北朝鮮の新たな行動につり合ったものでなければならない」と述べ、ICBMの発射には厳しい制裁が必要だという認識を示しました。

また、国連の制裁決議とは別にアメリカ独自に中国やロシアの企業に、先月、制裁を科したことに言及し「アメリカは引き続き北朝鮮の資金源を遮断する方法を検討している。資金獲得に関与している第3国にも制裁を科すことをいとわない」と述べ、北朝鮮と取り引きしている第3国の企業や個人にも制裁を科していく意向を明らかにしました。

一方、ナウアート報道官は、中国外務省の報道官が北朝鮮の問題で中国に責任を押しつけるべきではないという考えを示したことについて、「北朝鮮との取り引きのおよそ90%は中国で、特別な影響力があるのは明らかだ」と述べ、北朝鮮について中国には果たすべき役割があるという考えを示しました。
『アジア』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日米首脳ら、将来的な英との... | トップ | 米軍、THAADによる迎撃試験に... »
最近の画像もっと見る

第二次朝鮮戦争と韓国の内政問題」カテゴリの最新記事