アジア・オセアニアNews blog ~お日様とお月様の光と影~

アジア・オセアニア地域の通信社が配信する記事から『中国の領土紛争問題』を伝え日本の安全保障などのニュースブログ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

北朝鮮への圧力継続、失敗なら良い選択肢残り少なく  米国務長官 (ロイター)

2017年07月08日 | 第二次朝鮮戦争と韓国の内政問題
 カテゴリー「朝鮮半島紛争と韓国の内政問題」
 は戦争の危機が上昇し「第二次朝鮮戦争と韓国の内政問題」へ変更になりました。



北朝鮮への圧力継続、失敗なら良い選択肢残り少なく  米国務長官
ロイター 2017年 07月 8日 09:29 JST


[ハンブルク 7日 ロイター]

ティラーソン米国務長官は7日、北朝鮮の核・ミサイル開発抑制に向けた平和的な圧力作戦が奏功しなければ、良い選択肢はそう多くは残っていないとの見解を示した。トランプ米大統領とロシアのプーチン大統領の首脳会談後、記者団に対し述べた。

ティラーソン長官は、制裁を通じ北朝鮮への圧力を強めるやり方は、相手側の対応を引き出す余地を与えながら行うため忍耐を要するとし、「望みを捨てたわけではない」と指摘。だが「こうした平和的な解決を目指す戦略が上手くいかなければ、残る良い選択肢はそう多くはない」とした。

また北朝鮮問題への対応を巡るトランプ、プーチン両氏の考えは異なるが、「ロシアは北朝鮮との経済取引があり、取り組みを強化するよう協力を引き続き求めていく」と語った。

北朝鮮の最大の後ろ盾である中国に関しては、「著しい行動に踏み切った後、さまざまな理由からいったん停止し、その後新たな行動はない」とし、圧力強化を求める米国の要請に対する中国の反応にはむらがあるとの認識を示した。

日、米、韓国の3カ国首脳は同日、大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射実験を行った北朝鮮への追加制裁に向け、国連安全保障理事会に対し、決議の速やかな採択を求めることで一致。


3カ国は共同声明の中で「国連安保理に対し、北朝鮮への追加制裁を含む新決議の早期採択を求めることを決定した」とした上で、「挑発的で事態をエスカレートさせ、かつ不安定にする行動を取った場合、深刻な結果を招く」ことを北朝鮮に示す必要があると訴えた。
『アジア』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 米ロ首脳、「不干渉」の原則... | トップ | THAAD迎撃実験、近く実... »
最近の画像もっと見る

第二次朝鮮戦争と韓国の内政問題」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。