アジア・オセアニアNews blog ~お日様とお月様の光と影~

アジア・オセアニア地域の通信社が配信する記事から『中国の領土紛争問題』を伝え日本の安全保障などのニュースブログ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

露MDシステム、警戒態勢 北朝鮮のミサイル発射受け (sputniknews)

2017年05月15日 | 第二次朝鮮戦争と韓国の内政問題
露MDシステム、警戒態勢 北朝鮮のミサイル発射受け
sputniknews 2017年05月15日 00:17

 北朝鮮のミサイル発射を受け、ロシア極東にあるMDシステムは警戒態勢にある。ロシアは発射の標的にないことを理解しているが、可能性のある事故から自身を守る必要がある。ロシア連邦安全保障会議のビクトル・オゼロフ議長がリア・ノーボスチに伝えた。

 日本時間14日朝5時28分、ミサイルが北朝鮮西部の亀城(クソン)から発射された。

 ミサイルは30分、800キロの距離を飛行した。落下地点は朝鮮半島の東400キロの日本海で、日本の経済水域外だと見られている。
『アジア』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 国連安保理が16日に緊急会... | トップ | 北朝鮮のミサイルがロシアに... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

第二次朝鮮戦争と韓国の内政問題」カテゴリの最新記事