アジア・オセアニアNews blog ~お日様とお月様の光と影~

アジア・オセアニア地域の通信社が配信する記事から『中国の領土紛争問題』を伝え日本の安全保障などのニュースブログ。

北朝鮮の宿泊施設営業禁止へ 大使館内、資金源を遮断 独 (時事通信)

2017年05月11日 | 第二次朝鮮戦争と韓国の内政問題
北朝鮮の宿泊施設営業禁止へ 大使館内、資金源を遮断 独 
時事通信 2017/05/10-08:35)

  【ベルリン時事】

 南ドイツ新聞(電子版)などが9日報じたところによると、ドイツ政府は北朝鮮の在ベルリン大使館の敷地内にある宿泊施設「シティ・ホステル」と会議場の営業を禁じる方針を固めた。北朝鮮核問題への対応の一環で、北朝鮮の外貨獲得源を遮断する狙いがある。

 独外務省は、北朝鮮が大使館の敷地などを利用して外貨を集める行為は国連安全保障理事会の制裁決議に違反していると指摘した。こうした手法で得た資金はぜいたく品の購入や、核・ミサイル計画にも利用されているとみられていた。
 在ベルリン大使館は2004年ごろから建物を宿泊施設用として業者に貸してきた。市中心部にありながら宿泊料金が安いため、予約状況は良かったという。北朝鮮側は毎月数万ユーロ(数百万円)の賃貸料を得ていたもようだ。

『アジア』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 米大統領、ロシアにシリア・... | トップ | 北朝鮮のサイバー攻撃 “国家... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。