アジア・オセアニアNews blog ~お日様とお月様の光と影~

アジア・オセアニア地域の通信社が配信する記事から『中国の領土紛争問題』を伝え日本の安全保障などのニュースブログ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

トランプ氏、選挙介入問題でプーチン氏を「追及」 初の会談 (AFP BBNEWS)

2017年07月08日 | ロシアのニュース
トランプ氏、選挙介入問題でプーチン氏を「追及」 初の会談
AFP BBNEWS 2017年07月08日 05:52 


【7月8日 AFP】

  ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は7日、主要20か国・地域(G20)首脳会議(サミット)が開かれているドイツ北部ハンブルク(Hamburg)で、ロシアのウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)大統領と初会談した。レックス・ティラーソン(Rex Tillerson)米国務長官によると、トランプ氏は、昨年の米大統領選挙へのロシア介入疑惑についてプーチン氏を追及したという。

  ティラーソン長官は記者団に対し、両大統領はロシアの米大統領選介入疑惑について「非常にしっかり、そして長きにわたり」協議したと説明。トランプ大統領は同疑惑に関して「何度かプーチン大統領を追及」したが、プーチン氏は選挙介入を改めて否定したと述べた。

  2時間余りに及んだ首脳会談に同席していたティラーソン氏によると、両大統領は会談で「すぐに心を通わせた」という。「会談を終わらせるために(米国の)ファーストレディーが送り込まれたが、無駄だった。会談はその後も1時間続いた。彼女は明らかに失敗した!」とティラーソン氏は述べた。

  一方、ロシアのセルゲイ・ラブロフ(Sergei Lavrov)外相は、トランプ氏が会談で選挙介入を否定したプーチン氏の言葉を「受け入れた」と述べた。ティラーソン長官は会見を去る際、ラブロフ外相の説明が正しいかどうか尋ねられたが、回答を拒否した。(

  
『北アメリカ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« プーチン氏 文大統領の対北... | トップ | 米ロ首脳、「不干渉」の原則... »
最近の画像もっと見る

ロシアのニュース」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。