アジア・オセアニアNews blog ~お日様とお月様の光と影~

アジア・オセアニア地域の通信社が配信する記事から『中国の領土紛争問題』を伝え日本の安全保障などのニュースブログ。

中米首脳の緊密な意思疎通は地域の平和・安定に有益 (人民日報)

2017年04月25日 | 第二次朝鮮戦争と韓国の内政問題
中米首脳の緊密な意思疎通は地域の平和・安定に有益
人民網日本語版 2017年04月25日16:39

 中国の習近平国家主席と米国のトランプ大統領は最近、緊密に交流している。今月上旬の初の首脳会談以降、両首脳は20日足らずのうちに2回電話会談した。(文:華益声・国際問題専門家。人民日報海外版コラム「望海楼」掲載)

 緊密な意思疎通の維持が、すでに中米間の重要なコンセンサスとなっていることは事実が証明している。習主席訪米時、双方は上層部交流計画を定めた。中米はトランプ大統領による年内の公式訪中の準備を進めている。両首脳が電話会談などで共通関心事について速やかに意見交換することは、中米間の緊密な意思疎通における通常の状態となっている。

 朝鮮半島情勢は両首脳の電話会談における重要な議題だ。今年に入り朝鮮半島情勢は危険が累加している。「4月危機」と妄言を吐き、焚き付ける国もある。こうした中、中米首脳が2回電話会談を行ったことは、両国が情勢の動向を明らかにし、危機を管理・コントロールする方法を検討し、情勢が制御不能に陥らないようにする助けとなった。


 意思疎通の過程で、中国側は重要なメッセージをいくつか伝えた。


 第1に、中国は朝鮮半島の非核化実現目標を堅持する。中国は国連安保理決議に違反する朝鮮の核・ミサイル開発に反対し、安保理決議を厳格に履行する。実際、2016年12月と2017年の朝鮮産石炭輸出の数量と金額を制限した安保理第2321号決議に基づき、中国商務部(商務省)と税関総署は2月18日、今年度の朝鮮産石炭の輸入を停止すると発表した。

第2に、中国は地域の平和と安定の維持を各国に促す。現在、朝鮮半島情勢は悪循環に陥り、朝鮮は武力を誇示し続け、米韓は圧力を強化し、各国は刺激し合い、対立が一歩一歩激化している。中国は朝鮮半島、北東アジア、世界の平和の重要性を強調し、平和的方法による問題解決を主張し、各国に対して、自制を保ち、朝鮮半島情勢の緊張を激化させる事を避けるよう呼びかける。

 米国メディアによると、習主席との会談の過程で、トランプ大統領は朝鮮核問題の複雑性を理解した。朝鮮半島核問題をめぐる両国指導者による頻繁な電話会談は、双方が状況の変化を速やかに知り、情勢の急変を防ぐ助けとなる。


 第3に、中国は朝鮮半島核問題の解決に積極的な役割を発揮することを望んでいる。朝鮮半島核問題の本質は朝米対立だと、中国はかつて繰り返し表明した。だがこれは、朝鮮半島問題で中国が手をこまぬいているということではない。

 中国は意思疎通の役割を発揮し、朝鮮半島問題特別代表会談などを通じて米側と問題について率直かつ踏み込んで意見交換している。中国は共通認識の形成を後押しし、対話と協議という正しい道に戻るよう各国を後押ししている。現在の朝鮮半島の複雑で敏感かつ危険性の高い情勢及び対立の交互エスカレートに対して、中国側は朝鮮半島問題解決のための「デュアル・トラック」アプローチ及び対話始動の第一歩である「相互停止」提案を打ち出した。


 地域の問題に対して中米間の理解が異なるのは全く正常なことだ。中国は原則を堅持し、ぶれることなく、公正・正義と地域の平和・安定維持に尽力し、責任ある大国としてのイメージを示している。同時に、開かれた姿勢で米側と交流を保っている。中米首脳の緊密かつ直接の意思疎通は、両国間の相互尊重と重視に基づき、両国関係の落ち着いた発展を保障するものでもある。


 問題は複雑かつ難解だが、両国首脳は様々な形で緊密な連絡を保ち、共通関心事について速やかに意見交換することで合意した。これは中米両国の付き合いと働きかけ合いが一層成熟したことを示すものだ。
『アジア』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  米空母が今週末に韓国海軍と... | トップ | 鮮半島情勢の緊張を悪化させ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。