Perth Scuba ~パースで気ままにダイビング~

パース・スクーバでは、西オーストラリアの全域の
ダイビングポイントが満喫できます。
地域密着型のダイブショップ!

タスマニア調査~グルメ編~

2017-05-05 15:35:49 | 調査

皆さんこんにちは、ブログスタッフのユカです。

今日は5月5日こどもの日ですね!
柏餅が恋しい今日この頃です。
ちなみに私は、ピンクのみそ餡派です☆

タスマニア調査も終盤です。
グルメ編行ってみましょう!

オーストラリアは海に囲まれていますが、シーフードは捕れてもほぼ輸出に回されてしまいます。
国内ではちょっとお値段のするレストランなどでないと食す機会がありません。
またスーパーでシーフードは売られていますが、お肉類と比べると、とても高くてなかなか手が出せません。
ケアンズ、パースとホームステイをそれぞれ1か月ずつ経験しましたが、食事にシーフードは一度も出てきませんでした。
見るのも食べるのも魚大好きなわたくし…シーフードに飢えています(笑)

そんなオーストラリアの中で、タスマニアはシーフードで有名です!
そこで、シーフードのレストラン①Blue Eyeと、②Poseidon Restaurantでシーフードを食べてきました。

①Blue Eye
極寒、忍耐ダイビングのカエルアンコウ調査の日(詳しくはこちら)、祝杯を挙げるにふさわしいレストランでした♪
頼んだものは、とりあえずオイスター!!
生ガキと、ガリバタを食べました。




そして、タスマニアといえば(オーストラリア代表のシーフードでもある)タスマニア・サーモン
サーモンの乗っているグリルのプレートです。

脂がのっていてさすが国を代表する海産物だけあります。
美味でした~。
あとは、定番のチリ・マッスル(ムール貝)と、お店の名前になったBlue Eyeの刺身を頂きました。



お刺身は、色と味からなんだか食べたことあるけれど、魚の名前(和名)が出てきません。
ということで、調べてみました。
こう見えてお魚好きのダイバーですからね(笑)
どうやら、Blue Eyeはメダイでした!
どおりでおいしいわけだ♪

おしゃれなお店に素敵なおいしい料理…
初めはその日のダイビングの話でしたが、酔い始めたヤス氏とジンくんの会話はまるで日本の居酒屋…。
楽しくておいしければ、まぁいっか(笑)

因みに、白ワインのみ持ち込みOKです。





②Poseidon Restaurant
タスマニア最終日、あの、素晴らしいシーフードをも~一度~♪ということで、フライト前にローカルのシーフードレストランに行きました。
再びのオイスター!!
ゆずぽんテイスト☆

シーフードのリゾットと、フリッターの盛り合わせも注文しました。




けっこう胃袋もいい感じになってきたとき、
なにやら隣の席のグループの人たちがおいしそうなサラダを食べています!
それが、こちら↓

じゃーん!!!
ツナサラダです。
日本でいうツナサラダはシーチキンですが、こちらのお店ではマグロのたたきでした。
どれも美味しかったです。
シーフード万歳!!




機内泊を含め、5泊7日のタスマニア調査で、レストラン調査はこの2件!
それ以外の日は?といいますと、
ご安心ください。
美味しいものまだまだ、たくさん食べてきました!
私のグルメ調査はまだまだ続きます☆

次は、タスマニア調査のラスト…
男たちの料理編です♪




こちらもポチッとお願いします。  

「パース・スクーバ」のホームページはこちらから  

~ スタッフ募集中!!! ~
・ダイビングに興味のある方
・海が好きな方
・ライセンスをお持ちでなくてもOK!
などなど、夏のシーズンを「パース・スクーバ」のスタッフと一緒に頑張りませんか!?
メールもしくは、お電話でお問い合わせ下さい。

Perth Scubaブッキングオフィス
住所:日豪センター内
1F 146 Murray Street Perth WA 6000 Australia
電話:(08) 9221 9885
e-mail: info@perthscuba-dive.com
Web: www.perthscuba-dive.com

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« タスマニア調査~観光の番外編~ | トップ | タスマニア調査~グルメ編~... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

調査」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL