Perth Scuba ~パースで気ままにダイビング~

パース・スクーバでは、西オーストラリアの全域の
ダイビングポイントが満喫できます。
地域密着型のダイブショップ!

任務遂行!

2017-04-19 18:30:11 | 調査ダイビング

皆さんこんにちは、ブログスタッフのユカです。


タスマニア島ダイビング調査のメインである、
カエルアンコウ捜索です!


まずタスマニアの固有種のハンドフィッシュは、州都であるホバート近郊のダーウェント川(河口)にいます。
こちらのダイビングサイトは、ビーチエントリーです。
また、砂泥地のため透視度は、3mもありません。
水温は、17.2℃と最近まで20℃代で潜っていた私たちにはけっこう厳しい海でした。

タスマニアでの記念すべき1本目のダイビングは、BELLERIVEというサイトで厳しい歓迎でした。
水温17℃の中、探しても探しても…見当たりません。
探し続けること85分、ドライの私は寒さとトイレの限界でした。
セミドライのジンくんは、足の感覚がなくなり、カエルアンコウではなく分身の捜索願いを出していましたね〜(笑)

ここにはいなさそうということで、2本目は違う河口へ移動しました。
1本目の寒さから、2本目はいなかったら60分で切り上げるという条件でのダイビングでした。
ポイント違えど透視度は2〜3mと悪く、はぐれないように懸命に探しました。
探すこと、44分、ベルが鳴りました!

ヤス氏がSpotted Handfishを発見です!!!!!

40分くらいまで、これは明日(予備日)に持ち越しかなとか、
本当にいるんだろうかとか、
寒いなとか、
各々いろんなこと思っていましたが、
出会えたときの嬉しさは、半端ない!
みんな真剣に写真を撮りまくりましたー📸
どれくらい撮っていたかというと、約40分間。
ということで、2本目のログも84分(笑)

1本目と2本目の合計タイムは、約170分で出会えたのは、この1匹のみ…絶滅危惧種になるのも裏付けます。
その貴重な1匹がこちらです↓


カエルアンコウ界のヤンキーみたいな顔をしてますね〜(笑)
日本で見られるカエルンより少し腕が長く見えるような、見えないような…。


ひと昔前までは、よく見られていたハンドフィッシュ。
なぜ絶滅危惧種になってしまったのでしょうか…?
原因はこれです↓

ヒトデなのです。
こちらの種類も!

潜っている最中、やけにヒトデが多いな〜と思っていました。
また、ホバートの波止場にもたくさんヒトデがいました。
どうやらこのヒトデたちが、ハンドフィッシュの卵を食べてしまうそうです。
このヒトデたち、もともとはタスマニアにいなかった外来種のですが、どこから来たのかというと…

なんと、日本!!

船底についてきたものが、タスマニアで繁殖し増えていったそうです。
外来種が生物環境を壊すといいますが、そういった現場を目の当たりにするとは…。
貴重なダイビングになりました。


とりあえず、タスマニア調査の第1の目的が達成できた私たちは、残りのダイビング2日間は、タスマン半島に潜りに行くことにしました!
魅力的なポイントがたくさんありました☆
ダイビング調査は、まだまだ続きます。



こちらもポチッとお願いします。  

「パース・スクーバ」のホームページはこちらから  

~ スタッフ募集中!!! ~
・ダイビングに興味のある方
・海が好きな方
・ライセンスをお持ちでなくてもOK!
などなど、夏のシーズンを「パース・スクーバ」のスタッフと一緒に頑張りませんか!?
メールもしくは、お電話でお問い合わせ下さい。

Perth Scubaブッキングオフィス
住所:日豪センター内
1F 146 Murray Street Perth WA 6000 Australia
電話:(08) 9221 9885
e-mail: info@perthscuba-dive.com
Web: www.perthscuba-dive.com

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« タスマニア島とは… | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL