ふむ道,小道,数多く

趣味いろいろ。2014/9に別ブログを合体したので、渾然一体となってしまいました(笑)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

The Mapmakes's Wife(覚書)

2017-07-05 23:17:42 | Kindle
ネタバレなので、見たくない人は退散してください。

Mapmakes's Wife(地図屋の女房)仏科学アカデミーの「赤道幅測量隊(1735-1739)」のアシスタント、ジャン・ゴダンと結婚した裕福なスペイン系現地人家庭の娘イザベル・グラメゾンが、女性初のペルーxアマゾン間横断をした話。

アカデミー探検隊帰国後の経緯を簡単にまとめると

ジャン・ゴダンは、仏科学アカデミー探検隊の仕事終了後、リーダーの1人シャルル=マリー・ド・ラ・コンダミーヌにアマゾンのカイエンヌまで同行。コンダミーヌ帰国後、家族とフランスに帰るべく、ポルトガル領事館を通してフランス政府と連絡を取り、パスポートを取得する算段。

ところが、こわっぱのくせにリーダーのコンダミーヌのようなつもりかい?な言いがかりを付けられたり、妻はキトの現地人という事でなかなか素直にパスポートが出ない。そのうちフランスの情勢が変わって戦争が始まり、手紙が届かないトラブルが続き(私と同じだ(笑))、ポルトガルからはスパイ扱いされ、自由に動けないまま20年…

一方イザベルは、娘を生んでカルメンと名付ける。カルメンは父と一緒にフランスへ行くべく、フランス語やその他必要な事を勉強。

やがてイエズス会牧師から、ジャンの居所情報が。イザベルは信頼できる使用人を送って確認、ついに夫の無事を突き止める。

ところが、いよいよという時に、カルメンが天然痘で帰らぬ人に。まだ見ぬ父とフランスに行く事を夢見た19年の生涯だった。

イザベルは、アマゾンへ渡って夫と合流する決心をする。が、女性で大陸横断の前例がなく、家族は最初猛反対。しかし彼女の決意の固さを知って、一家上げて応援に転じる。父が先発して準備し、弟達が家族共々フランスまでイザベルに同行する事となった。

‥ようやく、65%読んだ所で、2年前?に本を読み始めた時のシーンキタ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

TOEIC 900 Monthly Test 2

2015-09-30 15:11:06 | 英語・TOEIC
講座を始めた当初は、全く不安定なパート34でございましたが、9月13日の公式試験より突如復活(笑)本当に復活したという事が実感できる結果でございました。(^^v)

驚いた事に、ななんと、中世イングランドの、アセルスタンと同時期に実在した、あの作家に関する問題が出てるではあ~りませんかっ!(^o^)(^o^)(^o^) 説明を聞かずして、いきなり設問の1つの答えはわかっちまいましたぜ。(笑)

で、びっくりして、ちょっと集中力が飛んでしまいました(笑)

パート123457は、おそらく、TOEICを放置する前の力をほぼほぼ取り戻した形となりました。(いや900点を目指すのはここからです(^^;))

しか~し、今回パート6はほぼ全滅。(汗) 原因はこれから調査いたします。もし、できていたら、結構な正答率になったのにね。全てがいきなりはうまくいかないもんですなあ。(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

TOEIC 900 Weekend TOEIC Test 8

2015-09-25 15:49:10 | 英語・TOEIC
今回は、なんとパート7以外で間違えた所は1つ!(^o^)

ところが、パート7は6問中4問が不正解!
そんな日もあるんだな(笑)

経済問題が全く苦手なのと、単語1つわからなかったのが原因でした。
必須単語はカバーしないといけないですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

TOEIC900 Vol2 Project8

2015-09-25 11:29:03 | 英語・TOEIC
問題としては、あまり難しくないけれど、注意深く聞いて耳が鍛えられていると、実感します。

ここで結構困るのは、必要な情報が「正確に明示」されてない事ですね。
‥と、思っていたら、やはり結論の文章やCheckの所で注意事項として挙げられていましたね(^^)必要な情報が全て必要な形で正確に示されてなくても、判断するために材料に使う訓練だったのですね!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

TOEIC 900 Weekend TOEIC Test 7

2015-09-21 06:54:24 | 英語・TOEIC
先週のTOEICは、リスニングは突然絶好調。
今回のWeekend Testも、それを裏付けるような結果に。。。
リスニングはゆっくり戻ってくると思ったら、突然戻ってくるものなのですね。

リーディングの方はまあまあ。
しかし先日のTOEICでは600点台時代以来のやり残しを出すという、あるまじき結果に終わっているので、今後要注意だっ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Run!Run!Run!