世田谷区の花屋perfumeパフューム代田店 梅丘店の飛びきりポップでパンクな毎日を綴ってます.
だから花屋はやめられない



なぜ急に書き出したかというと
夏で店が暇だからです

なもんで
店で着るワークシャツのプリントを作っています

先日から色々と案を重ね


重ねといっても切るのは俺一人
特にスタッフには強要しない
でももし着たいというなら作ってあげても構わない

バックに入れるコメントも決まりました


まずはでっかく
perfume まあ店名なのでごく当たり前
その下に小さく
daily high standerd flowers
英語しゃべれないんであってるかどうかわからないが

いつも普通に良質な花を  みたいな意味を込めてます

そしてその下には

Subcontractors is
if there is no work can not life
と入ります

直訳すると
下請け業者は仕事が無ければ生活できませんという意味



かなり前振りが長くなりましたが
ようやく
このコラム的なブログ
プロフェッショナル『下請けの流儀』の本題に入れます


今 パフュームでは店頭販売 web販売に加え
下請けみたいな仕事を二件受け持っている
そのうち一件は婚礼

花屋さんの受け持つ婚礼仕事としては
結婚式を挙げる花嫁さんが花屋に来てブーケや会場装飾を注文するという方法と
結婚式を主催する会社が提携する ホテル レストランなどで式を行う
いわゆるブライダル会社というやつ
そこがフェアなどでお客さんを集め 商談 契約という流れ
花の依頼はブライダル会社と提携している花屋さんに依頼が来る
お客さんはブライダル会社へ婚礼費用(花代なども含む)を支払い
花屋に卸す 
花屋はブライダル会社の元
新郎新婦とブーケや会場装花の打ち合わせをして
色や形 金額(上代)などを成約してゆく

決まった花代の中から
ブライダル会社はマージンを抜き
下代として花屋に依頼する
その下代の中から花を仕入れ経費を捻出すつのがごく一般的
ブーケなどが高いのはそのためです
もちろん他にも色々な結婚式の進め方があるが
俺自身あまりよく知らない

ウチがやってる下請けとは
その花屋さんに降りてきた下代の中から
またまたマージンを引かれたものがウチの売り上げになる


なんでそんな割に合わないようなことをするのか?
自分でブライダル会社と提携を結ぶか
HPなどで注文を取り 自分のとこでマネジメントすれば
もっと儲かるんじゃないのか?と思う人は
何も言いませんご自分で頑張ってください

ブライダル会社と提携を結ぶと言っても
そう簡単なことではなく
噂では保証金を積まなくてはならないとか言われてます
HPで集客をしても
会場によってはブライダル会社へ持ち込み料などを払わなけれななりません

一番いいのは
自分ですべての会社を立ち上げ運営すればいいことですが
宝くじが当たっても難しいくらいのこと


そんな中で一番リスクの少ない(と思っているのは自分ですが)のが
いわゆる下請けじゃないかと
実際うちが下請けを始めたのもかれこれ2010年
6年前から

その当時色々なことが世の中であったり自分の中でもあったりで
店の売り上げは下がる一方
当時に店舗抱えていたがどちらも火の車
従業員へ払う給料どころか家賃も払えないくらいに落ち込んでいた
そんな時に今の元請から声をかけてもらい始めたのが
この婚礼の仕事


今では余裕こいて
下請けの流儀なんてこと書いてますが
始めたばかりのころは右も左もわからない状態で
全てが手探り状態

それからしばらく苦難の婚礼が続きますが
それについてはまた次の機会に書きたいと思います
そんな甘い話はどこにも転がってないってこと
今でこそ 下請けは考え方ひとつで儲かるなんて言えますが
当時のあまりにも浅はかな考え
よく首吊らなかったなというほどの地獄
これから始める人へそんなことにならないように
気をつけることをこれから書いていきたいと思います







コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




たまには書こうと思いながら
なかなか更新できず放置していた当ブログ

最近になって
また更新したいなー
なんて気持ちが湧き出してきた

まあ吐き出したいこともいっぱいあるし
積み重ねてきた仕事のことを書き綴っておきたいということもあるんで
2本柱に絞って
これから少しずつ書いていこうと思ってます

2本柱のテーマは

昔からのスタイル 炎上大歓迎の個人的見解のはけ口エッセイ
もう一つは
プロフェッショナル【下請けの流儀】(タイトルは完全にパクり)と題して
毎週のように請けている婚礼の仕事
下請けとしてのプライドをかけたエッセイ
気持ちの上ではいつか書籍化してやるぜくらいの意気込み
今の時代大きな仕事を自分で取ってくることはなかなか難しい時代
これから独立、開業してバリバリやって行こうって奴に水を差すようだが
なかなか甘いもんじゃない
そんなら下請けとして請けよう
儲けは少ないが仕事があるだけマシ
所詮下請け だけど下請けなりのプライド?みたいなもん
下請けだからこそ必要とされるスキルやコツのようなものを
書き綴っていこうと思ってます


仕事が忙しいって人は別にこんなブログ読むこともないでしょう

というこでして
暇人の方はまたおつきあいくださいませ




話は変わって
SNSなんかが主流の今の時代に
なんでまた書きたくなったかというと
最近これまた時代遅れではありますが
Ken Yokoyamaなんて言う人のテレビを見たり動画を見たりして
遅ればせながら
hi-standardなんか聴いたりし始めました(かなり時代遅れですが)
はい 今さらながらです
そしたらなんか沸々としてきたわけです

ハイスタって 昔はすごく嫌いだったんです
当時 ミクスチャーとかメロコアとか完全に拒否反応示してまして
今思えばただの聴かず嫌いなんだけど
おわかりと思いますが
俺の場合 なかなかそういうのを受け入れることが出来ない性分で
なんか今さらながらハマってしまったわけです

やっぱどの時代 どんな物でも信念もってやってる奴っていうのはすごいですね

信念もなんもないこんなブログ書いてる奴に言われたくねーとお思いでしょうが
やっぱパンクは精神だよ
って思ってる俺自身がファッションパンクだったけど
恥ずかしながらこの年になってようやく
いろんなものが受け入れられるようになった気がします
(まったく 遅いと思いますが)


今は花屋として何とか世の中で生きてる自分
長いものに巻かれながら小さいところで反骨精神むき出して生きていこうじゃないか
いろんなことを後悔しながら、日々反省くりかえし
これからも生きていくんだろうな
だったら最後まで貫き通してやんべ

という小さな決意表明みたいなもんです


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




2016 新年明けましておめでとうございます
本年が皆様にとって素晴らしい年でありますよう

そして当店にとっても自分にとっても
また一歩新たなるスタートになるよう頑張ります

去年のことはもう過ぎたこと振り返っても仕方ないのでどーでもいいです
長く続いた暗闇にも少しだけ光が差した年でした
今までの中では最もベストなスタッフたちに助けられ
少しずつですが暗闇からの脱却の足がかりがつかめました

このブログも長いことお休みが続きましたが
今年はもう少し頻繁に更新できるよう心がけます

それではみなさん これからもよろしくお願いいたします


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




もうすっかりと放置しっぱなしのこのブログ


これから少し仕事のこと
これから同じ仕事を始めようという人のために書き綴っていこうと思います





perfumeをはじめて気がつけば15年
山あり谷ありでした
毎日いろんなことを考えていろんなことに悩み
思えば山だったことは一時
ほとんどが谷間をさまよってます



何から書けばいいのかわかりませんが



花屋にも色々な花屋がいて
事業として起業するひと
作品などを作るアーティスト
店は持たずに活け込みやディスプレーをする人
教室をする人

もしこれから事業として花屋をやろうという人が身近にいたら
マジで儲かんないよといってあげたい

「それはお前に商才が無いからだよ  こんなに儲かる商売は無い」という花屋さんもいるだろうが
そんな花屋さんはきっとこんなくだらないブログなんて読まないだろう


ほとんどの花屋さんが忙しい割りに儲かんないと思っているという前提に書き綴ってゆきます


自分が花の業界に入ったのはもうすっかりバブルもはじけ跡形もなくなった頃

借金をして自分の店を出した
たいした経歴も無く今思えばかなり無謀
しかし出したからには儲かりたい
店の客層にあわせ理想と現実のハザマで
色々と模索していた

幸い花好きな方が多い土地柄か
儲かってるとは言いがたいが順調に軌道に乗って
スタッフを雇ったりすることが出来た

それでもいろんなことに挑戦しては失敗しての繰り返し
ダンダンと世間的にも景気の悪い話が増えてきた
そんなこと気にもせず2号店を出した頃までは良かったが
ダンダン売り上げも落ちてきて
いろんなことが悪循環に回り始めた


とそこで飛び込んできたのが婚礼の下請け
そこからがオレの地獄の始まりです


下請けとはいえ
月間百万位の売り上げが上がる
ということはそこには仕入れ代も考えなくてはならないはずなのに
バカなオレは何の蓄えも無いのに飛び込んでしまったわけです
売り上げが入るのが翌々月
本当なら3ヶ月くらいの経費が無くてはいけないはずなのに

本当に浅はかでした
それからがまさに地獄

今でもその後遺症に悩まされながらも
何とか婚礼下請けも5年目?

一応は色々と経験して
下請けならではのノウハウも溜まってきたので
こんな時代の下請けがどうやって少しでも利益に変えてゆくか
薄利多忙な仕事でいかに無駄な動きをしないか
同じようなことを考えている人の参考になればと思ってます


オレの花屋苦労話など何の役にも立たないと思います
このブログがまかり間違って書籍化されたら
印税生活できるかな

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




perfume梅丘店も3月いっぱいで閉めることも決まり
1店舗になることで
いままで以上に売り上げを上げていかなきゃとか
いろいろと考えること思うことあって

自分の好きなものはなんなのか?
自分らしさってなんだろう?

漠然と考える時が多くなった
今月20日に誕生日を向かえ48歳になった
ここ何年かは
人生で一番といっていいほど苦しい数年間でした

そんな中で失ったもの無くしてしまった物があまりにも多く

自分自身というものを見失った数年間でした


それは梅丘店をオープンした時とリンクして
売り上げを上げなくてはということで
婚礼の仕事を始めた
その頃からだろうか
店の雰囲気も変わり
扱う花なども変わり
店に会ったジャンクな雑貨などは姿を消していった


その頃からトレードマークだったリーゼントをすることも少なくなり
大好きだった波乗りも行かなくなってしまった
たまにガレージの中でほこりをかぶってしまった
単車やボードを見るたびに心が痛んだ

物置部屋となっている我が家の1階の一部屋
夢中になってコレクションしていたファイヤーキングや50’s雑貨 家具など
ダンボールの中に入ってしまったり
積み重なって部屋の隅に追いやられてしまった

梅丘をオープンしたからというせいにはしたくない
48歳の誕生日を向かえて
これから子供達も大きくなって
やがて手を離れてゆく
そんなときに自分がそこになければ
存在の意味さえなくなってしまうんじゃないかと大げさに思ったりします

そんな風に考え
明日から急に時間が出来たり
お金が増えたりするわけではないが
気持ちをそっちへ徐々に持ってゆければいいかな


そんなわけで
コチラのブログもチョコチョコ更新予定


新しくなったperfumeホームページ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ