となりの獣医さん(動物との日々)

往診・相談獣医やってます☆ 動物と人間がもっとおたがい快適で仲良くなれますように

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

通知 ブログの更新日時

 | Weblog
えと。。 ブログに関してですが
書きたいことは大体ミクシーにかいてまして・・・

こちらの更新が月曜日だけになってますw

なのでファンの皆様はミクシーみるか
火曜日にチェックしてね エヘ(マテw

いろいろ今。。選挙まえで
書きたいことだらけなのですが
公職選挙法ですか。。。

アレのせいで何もかけません はぃ

自分がどこに投票するかも他人にいってはいけないなんて
そんなもん。。。

民主主義?V=)

うへぇぇぇぇ うへぇぇぇ

(-v。-)ノ投票行って 必ず通してみせる
ふふふ。。。。

どこかは想像に任せます♪
コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

29歳にしておもうこと

 | Weblog
そろそろ。。。


病院建てたい。


・・・・でも1000万以上は確実に現金必要なので
とりあえず1500万目指して・・コツコツ。。。

・・・・コツコツ・・・ コツコツ

コツコツ・・・コツコツ・・・・ まだ遠そうw

とりあえず腕磨くしかないかナァ。。。

不景気だからという理由ではなく
ウチの家訓として借金は硬く禁じられてますので
いかなるローンもうちでは禁止されています

まぁどんな景気でも生き抜けるひとつの理由ではあるので
コツコツ現金をためます。

ためますためます
ハンドパワーです。

・・・・ たまりませんV=)
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ふぅ。。医者として忘れたくないこと

 | Weblog
他人のせいにしない
しょうがないといわない
どうしようもなかったといわない

この3つですかねぇ。。

最近大事な患者さんを
若くして亡くならせてしまいました

もともと弱かったからと
飼い主さんも他の獣医の友達も慰めてくれるのですが
そんなことを真にうけてしまったら
医者としての成長が全てストップしてしまうとおもいます。

どれだけ生まれつきに弱い子であろうと
ソノ子にとっては必死になって向き合ってくれる人が
最良の医者であり
ソレは第3者が決めることでもなんでもないとおもうわけです。

よくしてもらいました

とかいろいろいわれるたびに
ソノ言葉に甘えそうな自分が実際にいますが
僕は。。

モット勉強したいとおもいます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

なぜか・・・ 蓄膿

 | Weblog
蓄膿が急に多発しております。

はぃ。。

柴犬3匹。。コーギー2匹。。ダックス2匹・・・

・・・。

・・・・。

春?夏?秋?・・・

むぅww ナゼ今なんだ。。

でも必ず因果関係があるはずで
どうにも・・・

発情で免疫低下かなぁ。。。

でも蓄膿がすごく多くてびっくりしてます

最近は薬剤耐性菌も多いので 対処は重点的にしないと
途中で治療をやめたりすると 再発性の高い病気だけに次が大変です

・・・v-)、、、 鼻の長い犬を飼ってる飼い主様はご注意クダサイ
まぁ。。注意しようもないですけどw
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

病は力を抜いて治せ

 | Weblog
タマにこんなお客様がいます

普通に皮膚の軽い病気なのですが

「毎日見に来てください」

ん~。。。。

ちょっとその姿勢では病気を治すのはしんどいですねぇ
と僕はおもいます。

病気を意識したり実際病にかかっている患者様というのは
もう病院に頼むときには精神的にアップアップなことがおおいです。

で・・そのときのお医者さんの一番大事な仕事は
症状に対して必死に向き合うことと他に
「患者をリラックスさせること」です。

僕は深刻な顔をして治療に当たるお医者様が大嫌いで
自分が患者だったらそんなとこいきたくないです。

なんだろ。。精神的ストレスってのは
ある程度の割合でほとんど全ての病気の素地になってるので
そこを癒してあげないと本当の完治はないのではないでしょうか。

どくちんは1回目の治療の時にはほとんど薬もださないし
会話に多くの時間を費やします。
それで2回目になってから治療を開始するほうが
最終的に治りが早いことが多々あります。

薬で本当に完治する病気なんてないですよぉ~
ようは気持ち気持ち

(。・v・)楽しく治していきませぅ~
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

整形外科系の手術。

 | Weblog
獣医のほうでも関節手術や
椎間板の手術がなんだかブームだけど

オイラ基本的に。。。
獣医の整形外科治療には少し疑問があります。

理由は・・・・
「安静にできない」ことがマズひとつと
遺伝背景がある場合が多いというのがもうほかの理由です。

人とは。。根本的に大きく何かが違っているような気がして
手術自体の成功率も果たして誰が評価するかで
自己満足の世界なんぢゃないかとおもっています。

ヘルニアなんぞ。。そこ治しても
ほかで。。再発したり。。ややこしいもので
基本はやっぱり生活習慣の中で補正を加えながら
内科的にケアしていくほうが結果よいのではないかと

手術とはかっこいいものです
でも僕は好きぢゃないです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

実力不足

 | Weblog
心臓の発作の子の面倒を
1週間ほどみてたのですが・・・


助け切れませんでした。


理由はイロイロあるとおもいますが
その中にはもちろん僕の実力不足も含まれるとおもいます。


神様があっちの世界によんでしまったといえば
話は綺麗ですが

自分的には。。実力不足だとおもいますし。
どんな亡くなり方でも医者は満足するべきではないとおもっています。

悔しい。つらい。

でも。。。 次のために前を向いて
逃げずにがんばるしかないなと
そうおもいます。

ここで逃げたり・・・セコさをおぼえたり・・・
自分は正しいなどと言い逃れをしたり
そんなことはしたくないです。

僕の責任です。 次がんばります。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

予定が埋まりつつある

 | Weblog
最近忙しいです ブログの更新遅れてます

v・)ミクシーのほうでも手一杯です

予定が予定をよび 気がつけば手帳が埋まるような
おかげさまでそんな状況まできています。

世の中不景気不景気だと騒がれてる中
こんな若者に仕事をいただける喜びを胸いっぱい噛み締めています。

なんだろねぇ。。

獣医になるという夢がかなっている今
これ以上ない幸せの中にいるのだとおもいます。

毎日が楽しくてしょうがありません。

小学生とかが将来の夢を語るとき
親はかなわないということを心の中で少しでもおもっているのではないかと
そう幼少期の僕はおもっていましたが。

僕の中では夢はかなうものです。

自分の喜びをパワーに変えて
1匹でも多くの動物の利益になれば

そう今はおもいます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

痴呆の分類

 | Weblog
おらのなかで 一応動物の痴呆は2つに分類できています。

1つは・・・・こぉ。。なんだ

不安からくる神経的痴呆と
あとは完全な意識的な痴呆

よく夜鳴きということが問題としてあげられますが
この場合に薬を出してみて思うのは2種類のパターンがあって
精神安定剤のみでかなり良化する夜鳴きと
完全な睡眠薬でしか対処できない夜鳴きがあります。

基本的に痴呆はまぁ。。神様の
あの世へ楽しく行くためのプレゼントだと思いますが
最終的に面倒を見る飼い主さんのためには
もっともっとちゃんとしたプロトコールがほしいところです。

最近痴呆のワンコのお客様が増えてきました。

時代が時代で・・・やっぱり
今後さらに急増して
20年もすれば人と同じような問題がうまれてくるでしょう。

でもぉぃらも。。


ボケるまでは長生きしてみたいような・・(ぇ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

三毛猫のオス

 | Weblog
タイトルを考え付かないほど疲弊しております。

今日は。。患者さんの1ヶ月の子猫が・・・あの世に旅立ってしまいました。

三毛猫のオスというやつです。

ご存知のヒトもいると思いますが三毛猫はその99パーセント以上がメスです。 理由としては・・・
性を決定する遺伝子がございまして XXがメスでXYがオスなんですが
毛の色をつける遺伝子というのはXのうえにくっついてまして。。
つまり。。黒と茶色が入ってる上に白色があってかつオスの場合
遺伝子が・・異常な状態 つまり XXY ということになります。

ヒトではクラインフェルター症候群だっけかな という風によばれ
特徴としては外観上オスで中身はメスといったほか
もちろん極度の虚弱であることも多々あります。
また致死遺伝子も関与しているとされ ほとんどのオスの三毛猫は
胎内で命を絶ってしまったり そもそも生まれなかったりします。

その珍しさから 生殖能力を持たないオスでも健康なら50~150万
生殖能力を持つオス(ほんとに世界的にまれ)だと3000万前後の値段で流通するとされています。 いわゆる神様扱いもされています

でもね。。。
やっぱり。。なるべく遺伝的におかしい子は
生まれないでほしいです。 

どれだけ三毛猫のオスだと周りが騒ごうが
僕や・・飼い主さんから見れば・・ 1匹の子猫に違いありません。

三毛猫のオスだからしょうがない

ひとつの見方かもしれませんが
やはり

涙がでました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加