self-satisfaction・・・自己満日記

ファッション、カクテルなどの趣味から日常生活にいたるまで色々なことを気のおもむくままに書き込みます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

巴里へ

 | ファッション
一人旅
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

川久保せんぱ~い

 | ファッション
06春夏のギャルソンやばっ
絶対買うべ
http://men.style.com/fashion/collections/S2006MEN/review/CDGMEN
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ギロッポン

 | ファッション
久しぶりです。
今日はバイトの面接のあとに六本木ヒルズに行ってきました。
森タワーの52階でジョルジオ・アルマーニ展が開かれてるので行ったのですが、これがかなりよかったです。
ディスプレーの仕方、会場のデザインもよかったし特に照明にこってる感じがしました。
ビーズやスパンコールなどを使った服が多く展示されていたんですが、どれも芸術の域に達していてどこかオリエンタルな香りがしました。
正直、筆舌に尽くし難い魅力があったのでどう表したらいいかよくわかりません。
会期があと二日しかないので興味がわいた人はぜひ急いで行ってみてください。
300体(!?)くらいが何個かのテーマごとに分けられて展示してありました。
レディースが主体でした。
ひとつづつに番号がつけられていていつのシーズンのものか表示があるんですが、アルマーニもどんどん現代的に洗練されてきている気がしました。
一方で最近のコレクションのものかなと思ったものが結構前のシーズンのものだったりすることが何回もありました。
十年前、二十年前くらいのアイテムが未だにリアリティを失わずに驚きや感動を与えてくれるというところにアルマーニのすごさを感じました。
この展示に来るまではアルマーニは親父くさい(メンズは)という固定観念がありましたが、それが少しはかわった気がします。

展示に来ていた人はほとんどが女性でした。
麻布十番あたりから来たであろうマダムが多かった。
服飾系の専門学生風の人もいましたが、ほとんどがそれほどファッションに興味がなさそうな人でした。
あと一人で来ている人がほとんどでした。
自分も一人で行ったのですが、自分のペースでゆっくり見て回っていたら二時間近く楽しめました。
やっぱ美術展とかは一人で行くのが一番だなと実感しました。
すごいギミックが凝っているものはもちろんお触り禁止なので顔を近づけてじっくり見ました。
どうなってるのかわからないような加工のものがいっぱいありました。
服は肌触りも重要だと思うので直接服に触れないにしても何かしら触れる仕掛けがあってもおもしろいと思いました。
生地の切れ端でもいいから触りたかったです。
とはいえ非常に多くの服を見ることができて貴重な体験をしたなぁ。
これからは美術展にも多く足を運ぼうと思ってます。
早速来週は横浜でやってるルーブルの美術展に行ってきま~す!



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

こらぁぁぁぁ

 | ファッション
中国の呉儀副首相が小泉総理との会談をドタキャンして帰ったそうな。
えらい外交問題ですよこれは。
いい加減にしろよ中国。
靖国行くな行くなうるさい。
小泉総理は二度と戦争を起こしてはならないという信念のもとに靖国に参拝しているのに。
確かにそれを許したら中国の共産党政府の存在意義がなくなるけど。
別にA級戦犯を称えてるわけじゃないってことがわからんのかな。
ホントは絶対わかってるんだけどね。
そんなこと言う前にてめえらが核放棄しろよ。

テレビを見ていたら韓国人俳優のグォン・サンウが今季のヴィトンのジャケット着てました。
見た感じかなりブランドで固めてた。
どうでもいいんだけど。
ヴィトンって商売がうまい。
特にここ最近継続している村上隆とのコラボを見て思う。
マルチカラーのモノグラムやチェリーなどは正直言ってきわどい気が・・・。
結構多くの人が新しさにひかれて買うみたいだけど結局色やデザインの面で使い勝手がよろしくない。
マルチカラー持つなら服はシンプルにしないと合わないし、チェリーは幼稚に見える。
それに気づいたときにはまた新しいそのシーズンのアイテムが出てて、やっぱ人間新しいものを欲しがるのでそれを買ってしまう。
この循環にのせてしまえばこっちのものって話。

やっぱりバックはシンプルなの持ってるのが一番だと思う。
派手なバックだと服が制約されると思うし。
バックが柄もので服も柄ものって人がよくいるけどちょっとね。
柄と柄は難しいからな。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Withdrawal

 | その他
NBAのプレーオフでペイサーズ負けちゃいましたね。
つまりそれはレジー・ミラーの引退をしめします。
ホント残念。
中学生のときかなりNBAが好きでした。
ここ最近はたまに本屋でNBAの雑誌を見るくらいで試合なんて何年も見ていません。
自分がはまってたときとはだいぶかわってしまいました。
新人だった選手は中堅になり、活躍していた選手はどんどん引退していってます。
あのころはまだアイバーソンが新人だったからな~。
はまってたころは試合を見ることにとどまらず、カードとかも買っていました。
いいカードが出たときにはケースに入れて、雑魚カードは輪ゴムでとめてました。
あのころ雑魚のほうに入れてたスティーブ・ナッシュがMVPとるとはね・・・
アメリカの本でカードの値段がずらっと載ってるやつがありましてそれをよく買っていました。
やはり一番高い値段をつけるのはジョーダンで、続いてコービーやらダンカンやらの新人が高い値段をつけていました。(その当時)
そんな中でレジー・ミラーは実力のわりに値段が安かったのでかなり集めてました。
ほかにもペイトンとかリッチモンド(何年か前に引退)とかがそんな感じでした。
昔からレジー・ミラーは一番のお気に入り選手でした。
ここぞというときに集中してきっちり3Pを決めるクラッチシューターでプレイスタイルが非常に好きでした。(あの宇宙人みたいな顔も!!)
派手なダンクとかはないもののスクリーンでノーマークになるのが抜群にうまかった。
何年のプレーオフだったか忘れたけどブルズを苦しめたときのペイサーズは印象に残ってます。
そのときじゃなかったけどジョーダンともトラッシュトークでやりあってたのを覚えてます。
3Pが彼の代名詞で成功数が歴代1位、フリースロー成功率も非常に高く今季は成功率が1位でした。
もはや伝説となっているニックスとのプレーオフで残り8秒で8点をとり6点差を逆転したところをリアルタイムではないものの見たときは鳥肌がたちました。
あんな切迫して多少のズレも許されない状況で確実に決めるその集中力はいくら尊敬してもしきれないくらいです。
キャリアの最後で優勝できそうなチームに移籍する選手がいる中で優勝はできなかったけどペイサーズ一筋でキャリアを終えたところに潔さを感じます。
ほんとお疲れ様でした。

そのうちNBAの雑誌で特集がくまれそな気がするので買おうかな。(もう終わってたらどうしよう)
DVDとかも出ないかな~

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

しっつれぇ~

 | ファッション
ラングとジルはプラダグループでした。
間違えて記事書いてたので訂正しときます。
こりゃ失礼しました。
写真は三月に来日したときのジェマの写真です。
お詫びにどーぞ。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

That’s it

 | ファッション
月曜は休みなんですが教科書を買いにわざわざ大学まで出て行きました。
教科書を購入後、帰ろうととぼとぼ歩いていると
「○○!!」(自分の名前)
名前を呼ばれたのでふと横を見ると近くのベンチに友人が座っていました。
友人いわく死にそうな顔をしていたらしいです。
最近やる気がまたなくなってきた。

そういえば今日初めてコメントを返しました。
いままでコメントしてくれた人には返事をしなくてもうしわけない。
これからはきっちり返事するんで、暇なときにでもコメントしてくれるとありがたいです。

そろそろコレクションについて書こうと思います。
まずはレディースのミラノから。
気になったコレクションは四つくらいかな。
順番つけるとすると

1、メニケッティー
  マルニ

この二つはとてもよかったので甲乙つけがたい。
メニケッティーはニューヨークからミラノに移ってきて初めてのコレクション。
シンプルながらも印象に残りました。
マルニはミラノの中でかわいらしい感じが目をひきました。


2、バーバリー プローサム

小物使い、色使いがいいと思った。
さすがベイリー!


3、ジル・サンダー

ジルまたやめちゃった・・・
デザインチームが引き継いだみたいですけどジルらしいコレクションになっていたと思います。


この四つについてはひとつひとつ詳しく取り上げていきたいと思います。
ミラノといえばプラダ、ドルガバとかもありますが今季はピンとこなかった。
グッチとかミュウミュウは結構好きだったかな。
グッチのクリエイティブ・ディレクター(以下CD)がまた交代するみたいです。
せっかく長い名前覚えたのに。
アレッサンドラ・ファッキネッティ。
なんかグッチの中で色々あったみたいですけどね。
ファッキネッティは嫌いじゃなかったけど、トム・フォードとの明確な違いが見えなかったかな。
次のCDはアクセサリー部門で実績をあげているフリーダ・ジャンニーニ。
かなり鳴り物入りなので期待したいです。
だけど名前覚えるのがめんどいな。

今日はここまで。
ミラノコレクションの話してたらイタ飯食いたくなってきた。
誰かピザでもおごって





コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

あばらバラバラ

 | ファッション
あばらの違和感がなくなってきました。
日常生活に支障がでない程度ではあるもののたまに変な感じがします。

昨日八時ころテレビを見ているとLVMHの企業買収についてやっていました。
ベルナール・アルノー(写真のおっちゃん)のクリスチャンディオールを始めとするブランドの買収や戦略についてがとりあげられていて面白かったです。
ヴィトンのマーク、ディオールのガリアーノ、(元)ジバンシィのマックイーンなどのデザイナーの写真もちょこっと出てきてうれしかったし。
LVMHがグッチを買収しようとしていたという話がなかなか面白くてドメニコ・デ・ソーレやトム・フォードといった顔ぶれがでてきました。
買収にはいたらなかったものの両者の攻防がライブドアとフジサンケイグループのケースと非常に似ていました。
グッチまでLVMHに入っていたらどうなっていったんだろう?
グッチグループは不調のラングの売却の噂も出ているし、ジルは本人がまたやめちゃうしなかなか大変そう。
マックイーンやバレンシアガなどの魅力的なブランドを持っているのでがんばってほしい。

企業の再建ということについて非常に興味があります。
外部から有能な経営者をまねくことで企業の再建に成功した例がよくとりあげられます。
その影で何十倍何百倍の失敗例もあるのだろうけど。
そのようなことを手がけられるようなすごい人間になりたいなぁ。
必死に勉強しなきゃ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

かぶれchan

 | ファッション
11連休がついに終了。
勉強はほとんどやってないなあ。
なんとか胃痛は治ったものの、一箇所やばいところが。
連休中に体調を崩していたとき変な体勢で思いっきり咳をした瞬間、あばらの辺りに違和感が。
この違和感はまさかヒビいった!?
ここ数ヶ月栄養が偏ってのが原因で骨が弱ってたのかな。
しばらくはあばらをかばっての日々が続くんだろうな。
ヒビと日々がかかってます。
我ながらさぶい。。。
はははは

最近UKロックにかぶれてます。
と言っても決して詳しいわけではなく有名どころを聴いてるにすぎませんが。
思い返してみれば自分の心理状態に応じて色々と聴く音楽が変わるなあ。
ロック、メタル、パンクなどを中心にホントになんでも聴きます。
しかしほんの少数の女性アーティストを除いては邦楽は聴きません。
歌える曲がないからカラオケに誘われると困ってしまう。
人の歌を聴いてるだけで金を取られるのが耐えられない。
邦楽は歌詞がストレートに分かるからなんか嫌い。
臭すぎて聞いてるだけで恥ずかしくなる曲すらある。
メロディ重視で聴くので歌詞はどうでもいいし、メロディとか聴いてればどんな曲か分かるときもあるし。
自分の洋楽かぶれが始まったのが中学二年のときだったかな。
洋楽で一番初めに買ったのがマリリン・マンソンのアルバム。
ジャケがきもい。
音楽で結構昔を思い出してしまいます。
しかもつらいときの思い出が多いけどね。
聴いてるだけで泣きそうになる曲とかもあります。
誰にでもその時々を彩った曲があるはずだし、たまにはそういう曲をまとめてCDかなんかにやいて聴きなおしててみるのも面白いですよ。

UKロックで断然好きなのはRAZORLIGHT
ディオールオムの秋冬のショーの音楽を担当したバンドです。
ショーの音楽はディオールオムの公式ホームページで聴けるのでぜひ聴いてみてください。
アルバムは一枚出ていて、去年出たのかな。
ひとつの方向性でまとまるのではなく一枚のアルバムの中で色々と楽しめるつくりです。
PVを見るとヴォーカル(ギター兼)のジョニーが去年の春夏のディオールオムのハイカットスニーカーをはいていました。
今、エディが衣装を担当しているらしいので注目すべし。
エディといえばこの前、タワレコで洋書を見てボーっとしていたら写真集を発見しました。
出てるのは知ってましたけど。
一瞬買おうと思ったんですが、高いのでやめた。
エディ・スリマンのホームページがあるので見てみてください。
ドラムの音にあわせて来期のゴールドの靴が映ってます。
ヨダレたらしながらずっと見てました。
結構ヒールが高い。
身長が176センチなのであれをはけば180くらいにはなるな。
価格帯が全く読めないのが怖いけど、できれば10万以内であってほしい。
しばらく買い物が出来ないのでノイローゼになりそうですう。
この前バーニーズで見たマックイーンのTシャツを危うく買いそうになったけど我慢しました。
まずはカメラ買わなければ。
大学だるいよ~。
コメント (2)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

人人人

 | ファッション
連休中に伊勢丹の本館に行ってきました。
予想通り人がめちゃくちゃ多かった。
メンズ館にはかなり行ってるんですが、なんせ野郎ですから本館なんてなかなか入れたもんじゃありません。
ぐるっと回ってみた感想としては「なんでもある」の一言につきます。
大体大手メゾン系は箱で入っていました。
箱とか言ってちょっと業界かぶれっぽくいしてみました。
てへっ(笑)
レディースは基本的にメンズより高いので怖くて気安く触ったり出来ませんでした。
あんなところでおねだりされたら間違いなく即死でしょう。
気になったブランドとしてはジュンヤワタナベマンピンクかな。
基本的にはメンズとかわらないけど、レディースのために少しかわいらしく落とし込んでゴツさを軽減している感じがよかった。
あとはマークbyマーク・ジェイコブス。
カットソーがかわいいし、値段としてもかわいらしい(あの中ではね・・・。十分高いカモ。)
レディースウエアを生でまじまじと見る機会はそんなにないのでいい経験ができたと思いました。
来期も一回くらいは行こうかな。

一応上まで行って子供服のフロアに到着。
ディオールのベビーのラインがあるのは以前から知ってました。
哺乳瓶があることで有名ですよね。
どっかのセレブ(!?)のお宅訪問で子供にディオールの哺乳瓶でミルクをあげていました。
趣味悪いな。
チラッと中を覗いたところミニチュア版のバージャケットを発見。
ディオールの定番のロゴのモノグラムに今季の特徴である花柄の刺繍がされているなどかなり本格的な作り。
値段もさぞ・・・。
あんなもん着て育った子供は将来どうなっていくのでしょう??
最近は少子化が進んだ分、子供一人当たりにかける金も増えている影響でしょうかフロアとしてはかなり混雑していました。
結構歳をめした方が多かったので孫にむけてなんか買う感じかな。
よく考えてみればこどもの日の前だったな。

以前伊勢丹でバイトをしていたので分かるんですがあんな日はめちゃくちゃ大変です。
売上は普段と比べてすごいと思うんですが、何回も配送のところまで商品を持って行ったり、パーキングまで商品を回したりと忙しいんです。
百貨店は表は華やかですが、裏はすごい大変です。
もし百貨店業界に就職を考えている人がいるならインターンに行くなり、バイトをしてみるなりして自分に適正があるか確かめてみることをお勧めします。
バイヤーとかになればやりがいがありそうでしたけど。
コレクションとか展示会に行けそうだし、エクスクルーシブとかをブランド側に提案できそうだし。
自分の手腕しだいで売上が左右するいうかなり責任重大な役職であることには違いはないですけど。
自分が好きなものだけを入れれば売れるってわけではなくいですし。
トレンドを読む力が必要とされるし、マーケティングのことばかりを考えて売れ線ばかりを仕入れるのに終始したらつまらない品揃えになるので時には大胆さも必要だと思う。
同じブランドを取り扱うショップなんていくらでもあるから、自分達はどのような着こなしを提案して他との差別化を図るかなどなど様々なことを考慮しなければなりません。
難しい役職ではあるけど楽しそう。

聞いたところによると百貨店勤めてるとスーツ代がばかにならんらしいです。
あと土日は書き入れ時なのでなかなか休めず、他の業界で働いている友人と休みが合わないらしいです。
就活に先駆けて興味のある業界は研究するだけじゃなくて中の事情を知るためにバイトするのもありだなと思いました。
ちょっと重々しい感じで終わってみました。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加