雑記帳

日々の徒然をとにかく書き込んでおきます

2017 スペイン南部の旅

2017-07-28 21:25:51 | 旅行
2017年5月 スペイン南部の旅

5月8日(月)出発
5月9日(火)羽田00:50-NH203-06:00フランクフルト09:30-LH1112-12:05マドリッド-15:05-RENFE-17:07コルドバ  コルドバ泊
5月10日(水)11日(木)コルドバ泊
  パティオ祭り
  メスキータとアルカサル
  コルドバ市内
5月12日(金)コルドバ11:00-バス-グラナダ  グラナダ泊
5月13日(土)アルハンブラ宮殿 グラナダ市内  グラナダ泊
5月14日(日)グラナダ8:43--12:07セビリヤ  セビーリャ泊
5月15日(月)セビーリャ13:30-LH823-16:15ミュンヘン21:25-NH218- 機内泊
5月16日(火)-15:50-羽田

旅人 妻と娘と私

詳細は別に述べるが、南スペインのコルドバやセビーリヤの旧市街には、パティオ(中庭)を囲むような造りの家が多いという。パティオのある家に住んでいる人たちが、パティオの美化に注ぐ情熱は大変なもので、コルドバでは毎年5月の中頃に2週間にわたってパティオ祭があるという(下記著書より)。
添乗員ヒミツの参考書―魅惑のスペイン (新潮文庫)
紅山雪夫
新潮社

娘(長女)は、昔からスペインのパティオに興味を持ち、いつかはパティオを訪ねてみたいという希望を持っていた。その娘が勤務先から永年勤続の休暇をもらえる年となり、5月にスペイン旅行をするという。そこで私たち夫婦も、娘に便乗して、今年の海外旅行は南スペインに決めた。

私たち夫婦は、2007年にスペインに旅行している(こちら)。本当は、マドリッドとアンダルシア地方の周遊を希望したのだが、アンダルシア地方からの帰りの航空券をとることができなかった。バルセロナからなら帰りの航空券が取れたので、そのときはマドリッドとバルセロナに限ったコースを採用することとなった。
今回の旅は、そのときに訪問できなかったアンダルシア地方を主に訪問する。コースとしては、マドリッドを経由し、パティオ祭が開かれているコルドバ、アルハンブラ宮殿所在地のグラナダ、そしてセビーリャである。
日本との往復で、往きは羽田発フランクフルト経由マドリッド行き、帰りはセビーリャからミュンヘン経由で羽田行きが取れたため、上記のコースとなった。
マドリッドからコルドバまでは鉄道(AVE)、コルドバとグラナダの間はバス、グラナダとセビーリャの間は鉄道である。

例によって、航空券とホテル予約、鉄道予約はHISに頼むこととした。
HISによると、バスの予約は扱っていないとのことである。そこで、コルドバ-グラナダ間のバス予約は自分でネット予約することとした。検索したところ、ミューというところで予約することができた。
アルハンブラ宮殿において、ナスル宮殿の見学は予約が必要である。これも、HISに頼むより自分でネット予約した方が簡単であることがわかり、ネット予約した。
旅行中のネット利用について、今までは、ノートパソコンあるいはiPadを持参し、ホテルの無線LANのみを利用する形態であった。今回の旅が今までと違うのは、私がポケモンGOをすることである。ポケモンGOは歩いているときに遊ぶので、ホテル滞在時以外でもネット環境が欲しい。そこで、グローバルWi-Fiで機器レンタルを受けることとし、予約した。

           以下、旅行記に続く
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« セビーリャ | トップ | 雑記帳 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL