雑記帳

日々の徒然をとにかく書き込んでおきます

セビーリャ

2017-07-23 21:57:46 | 旅行
5月14日、グラナダからセビーリャへ移動である。グラナダ駅からセビーリャ駅まで、列車で移動するものと思い込んでいた。グラナダ駅発は8時43分であり、朝早く、ホテル前からタクシーに乗った。
グラナダ駅に到着した。どうも様子がおかしい。ホームや線路が工事中である。掲示された時刻表を見ると、われわれが乗車するのは「バス」とある。そこで駅員に聞いてみた。すると、現在は新幹線工事中であり、ここグラナダ駅から途中まではバス移動となるという。バスは駅前の広場から出発する。
用意されたバスは定刻に出発した。バスは平原を走り、平原のど真ん中に建設されたばかりの新幹線の駅に到着した。駅のまわりには畑しか見当たらない。
列車に乗る。列車は、定刻にセビーリャのサンタ・フスタ駅に到着したと記憶している。
駅からホテルまではタクシーだ。例によって、私は助手席に座り、ガイドブックの地図とまわりの景色の照合だ。ホテルは市庁舎の近く、ヌエバ広場に面している。しかしタクシーはホテルまで直進せず、南から旧市街を迂回していくようだ。スペイン広場の近くを通った。グアダルキビル川の川岸を通り、黄金の塔、マエストランサ劇場の横を通過する。そのたびにタクシーの運ちゃんが説明してくれる。私がガイドブックで確認しながら「ああ、マエストランサね」と相づちを打つと、運ちゃんが「お前はスペイン語が上手だな」と言ってくれた。単なるお世辞か。スペイン語と日本語は、母音で終わる所が共通しており、そのため運ちゃんが「スペイン語の発音が良い」と感じたのかもしれない。
その先の、マエストランサ闘牛場の横を通る。私は「ああ、闘牛場ね」という意思表示を手真似で行った。
車は右折して路地に入り込み、ほどなくしてヌエバ広場のイングラテーラに到着した。

セビーリャ観光は本日のみだ。ホテルで一休みした後、市内観光に出発した。
まずはコンスティトゥシオン通りを南下し、カテドラルに向かう。

ここセビーリャのカテドラルも、グラナダ、コルドバと同様、イスラム時代のモスクを、レコンキスタ後に撤去してキリスト教の大聖堂としたものである。
コルドバのメスキータは、イスラム時代のメスキータ(モスク)があまりにも壮大であったため、そのうちの一部のみの屋根をぶち抜いて大聖堂を建てた。そのため、メスキータの床面積の大部分で、モスクの姿がそのまま残っている。グラナダのカテドラルでは、モスクの面影はどこにも見られなかった。
それに対してここセビーリャのカテドラルでは、中庭がモスクのままの姿で残っている。それと、このカテドラルのシンボルであるヒラルダの塔は、下側の2/3がイスラム時代のミナレットをそのまま残して、鐘楼にしたものである。モスク時代の残存加減が、コルドバとグラナダの中間程度であった。

ガイドブックによると、このカテドラル、『1401年に開かれた教会参事会で、「後世の人々が我々を正気の沙汰ではないと思うほど巨大な聖堂を建てよう」と建設が決定。それまであったも楠を回想して、約100年後の1519年に完成した。ヨーロッパの聖堂としてはローマのサン・ピエトロ大聖堂、ロンドンのセント・ボール寺院に次ぐ規模を誇る。』とある。
実を言うと、そんな巨大な聖堂だったかどうか、記憶がない。「魅惑のスペイン」を読み直しでその謎が解けた。通常のルートをたどったのでは、巨大さが実感できないらしい。巨大さを実感するためには、正面入口のすぐ内側まで行き、全体を見渡すと良いそうだ。広々とした五廊式で、巨大な石柱が立ち並んでいる堂々たる姿が、初めて実感できるそうだ。すでに帰国したわれわれには取り返しがつかないが。

《カテドラル》

カテドラル正面

 
カテドラル正面入口                       カテドラル側面入口
入口ドアのまわりには、聖人を飾る飾り台が数多く設けられている。ところが、正面入口(左上写真)には、多くの飾り台のうちの1台にしか聖人が飾られていない。それに比べ、側面の入口(右上写真)では、すべての飾り台に聖人が飾られていた。何で違うんだろう。

《ヒラルダの塔から》
 
南の方角 直近に王立礼拝堂のドーム、遠方にグアダルキビル川       東の方角

ヒラルダの塔に登り、セビーリャの全方角を眺めた。マエストランサ闘牛場は、この街にやって来たときにタクシーの窓から眺めた外壁と、下の写真で見る円形闘牛場の内周を遠方から眺めたのみであった。

マエストランサ闘牛場(西の方角)

 
カテドラルの内部(上写真、下写真)



コロンブスの墓(上写真)
4人の男性に担がれているのは明らかに柩だ。後から調べたら、コロンブスの墓だと言うことだ。柩を担ぐ4人の男性は、15世紀にスペインを構成した4つの王国(カスティーリャ、レオン、ナバーラ、アラゴン)の王の像らしい。

《ヒラルダの塔》

ヒラルダの塔のてっぺんには、信仰の勝利を表す青銅像が置かれ、それが風によってぐるぐる向きを変えるような構造になっている。ヒラルダとは人物や動物の形をした風見鶏のことで、それがこの塔の名前の由来だそうだ。




《アルカサル》
カテドラルに続いて、アルカサルを見学する。
 
入口はすごい行列だ(左上写真)。炎天下、苦行の末にやっと入場することができた。
 
ここアルカサルの地に最初に城を造ったのは12世紀のイスラム教徒だったが、レコンキスタ後にキリスト教王の住まいとなり、歴代の王によって増改築が重ねられた。なかでもペドロ1世は、スペイン各地からイスラム職人を呼び寄せ、アルハンブラを彷彿とさせる壮大な宮殿を作り上げたそうだ。一方ではペドロ1世(在位1350~69年)は、残酷王という異名で知られているという。

乙女の中庭(上写真、下写真)
 

アルカサルは、その背面に広大なアルカサル庭園を有している。時間の許す範囲内で、庭園内を散策した。そのときの写真から1枚を選んだ(下の写真)。


こうして、セビーリャ観光の半日が終了した。
来たときと同じコンスティトゥシオン通りを北上し、ホテルに戻った。
左下の写真がホテルの正面である。
コンスティトゥシオン通りには、路面電車が走っている。その路面電車、線路の上には給電用の架線が設けられていない。それにもかかわらず、電車はパンタグラフを持っている。何のためだ。
見ていると、停留所に着いたときにパンタグラフを上げている。停留所のみに、架線が設けられている(右下写真)。停留所に停車するたびに架線から給電を受け、電車内の蓄電池にでも充電しているのであろうか。
 

戻る                            続く
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アルハンブラ宮殿 | トップ | 帰国 »

コメントを投稿

旅行」カテゴリの最新記事