雑記帳

日々の徒然をとにかく書き込んでおきます

メスキータ・アルカサル-コルドバ

2017-06-14 21:11:23 | 旅行
コルドバ滞在記として、前回はパティオ祭りを特集した。
ここコルドバの最大の観光ポイントはメスキータである。
今回は、メスキータ訪問記と、メスキータに隣接するアルカサルの訪問記をまとめる。

《メスキータ》
メスキータについて、下記の書籍から拾う。
添乗員ヒミツの参考書―魅惑のスペイン (新潮文庫)
メスキータとは、スペイン語でモスクの意味である。
西暦700年頃、西ゴート(キリスト教)にかわってこの地の支配者となったモーロ人(イスラム)は、キリスト教徒と話し合いの上で元々あったキリスト教会を買収し、新しくモスクを建設した。そのうち、当初の礼拝堂のみでは手狭になり、第1次拡張(840年代)、第2次拡張(960年代)を行った。このときまでは、モスクは左右対称で、メッカの方向を示すためのミフラーブはモスクの左右中央部に位置していた。10世紀末に第3次拡張を行うとき、もはや左右対称に拡張することが困難となり、ミフラーブ側から見て右側に拡張することになった。こうして990年頃、137m×174mの壮大なモスクが完成した。メッカのモスクに次いで2番目の大きさであった。中庭と礼拝堂を合わせて、一度に約6万人の信者が礼拝に参加することができたとのことであるが、本当だろうか。
ここコルドバは、当時の西カリフ帝国の首都であり、その当時のコルドバがいかに反映していたかが、このメスキータの大きさから知ることができる。
1234年、コルドバはキリスト教徒に再征服(レコンキスタ)された。
そして16世紀、カルロス一世の時代に、メスキータはキリスト教の大聖堂に転用するための大改造が強行されたのである。オーストリアのハプスブルク家寄りでよそ者のマンリケ司教がこの案を打ち出したのに対し、地元コルドバでは市民ばかりでなくキリスト教の聖職者たちも一致して猛反対したが、工事は強行された。
 
広大なメスキータの一隅に尖塔(ミナレット)がそびえている(上写真)。イスラム時代は、1日に5回、ムアッサンと呼ばれる役僧がその上に登り、礼拝を勧めるアザーンを唱えていた。キリスト教となった後、改築されて鐘楼となった。
下写真は、メスキータ外周の一つの角である。


5月10日の朝、メスキータを訪問した。



礼拝堂の中に入ると、無数の石柱が林立し、広い礼拝堂の天井を支えている(上写真、下写真)。キリスト教改装前、石柱の数は1012本であった。改装後も856本が残った。
メスキータ礼拝堂の天井は決して高くない。上写真に見られるように、二重のアーチの上に木製の天井が張られている。太い木製の梁を密度多く並べ、その上に天井板を張ってあるようである。





メスキータの南東辺の中央右に、メッカの方向を示すミフラーブが配置されている(上写真)。下は石柱越しに見たミフラーブである。





キリスト教の大聖堂は、イスラム教のモスクと異なり、天井が高い。メスキータの中央部分を大聖堂に改築する際、モスクの天井を撤去し、上に伸びた大聖堂が建設された(上写真、下写真)。



5月12日、メスキータのミナレットに登った。

  
ミナレットの塔の上からメスキータを展望すると(上写真)、イスラムの礼拝堂とキリスト教の大聖堂との関係がよくわかる。イスラム礼拝堂は、高くない三角屋根が整列している。礼拝堂のど真ん中に、背の高い大聖堂がニョキッと飛び出ている。礼拝堂の手前の緑の部分は、中庭である。イスラムの時代、この中庭は礼拝ができるように平滑な石を敷き詰めてあった。キリスト教化して、石は引き剥がされ、オレンジの木が植えられて、今のようなオレンジの中庭に変貌した。

ミナレットから街並みを眺める(下写真)。コの字、あるいはロの字の家の真ん中にパティオが位置しているのがわかる。


《アルカサル》
(「地球の歩き方」より)
「レコンキスタでコルドバを奪回したアルフォンソ11世が、イスラム王の宮殿跡に14世紀に建造。イスラムとキリスト教の建築様式が融合した、ムデハル様式の王宮だ。15世紀にはイスラム勢力の最後の砦グラナダを攻略する際の拠点となり、コロンブスは新大陸発見の資金援助を仰ぐためこの城でカトリック両王に謁見した。」

11日朝、アルカサルを訪問した。
 

アルカサルは、石造りの大きな建物(左上写真、下の2枚の写真)と、建物の西に広がる広大な庭園(右上写真)から更正されている。

 

 

ガイドブックには「ローマ時代のモザイクや石棺などを見学することができる」とある。左上の写真が石棺、右上、下の2枚がモザイクであろうか。

 

戻る                            続く
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パティオ祭り | トップ | コルドバ市内 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL