上海波斯猫飯店

belindaと申します。8年暮らした台北から、上海に引っ越してきて早3年。

捨てられない…

2017-03-30 10:54:29 | nini老師
昨日、テレビ台を動かしたら


裏からniniさんの食べこぼしたフードが出てきた…。


亡くなってから随分経ったのに、


ちょこちょこ彼女の生きていた痕跡が現れて


しんみりしてしまう。




ダブルベッドのある客間があって、


それで足りないくらいの人数の


友達が遊びに来ることもないのに、


敷布団を買ったのは、


niniさんの足腰が弱ってきて、


ベッドに上がれなくなったから。



最期まで一緒に寝てた布団。


もう使うことはない、


のは分かってるけど、


もう少しとっておいてもいいですか?
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 水餃子はどこへ消えた? | トップ | 無錫・蘇州旅日記1 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む