隠居爺の“自然農法”野菜作りとスキーの日記&雑感・雑学帖

【雑学】ぼちぼち終活・町内会活動・高齢者の自殺・葬祭・脱原発とエネルギー・相続

走行方法が曖昧な道路・・・①ゼブラゾーンは走行可能!

2017年07月26日 | 世の中のあんなコト、こんな事

この歳になってもなお以前から
正しい走行方法が曖昧なまま運転している道路があります。

そのうちの一つ、右折レーン手前でよく見かけるいわゆるゼブラゾーンは
実は"導流帯"と呼ばれる「標示」であって、進入禁止という「標識」ではないので
走行しても違反・違法ではない(!)ことを数日前に知りました。

それどころか、ゼブラゾーンを避けゼブラゾーンが終わってから
右折車線に入ってきたA車と、手前からゼブラゾーンの上を
直進してきたB車が接触してきた場合、その過失割合はA 70:B 30 という
単なる"車線変更時の判例"が基本になり、ゼブラゾーン走行の修正値が
10%加味されるにしても A 60:B 40 、つまりゼブラゾーンを避けた
A車の側がより多く悪者になるとされているのです。

ちなみにA車はウィンカーを出していましたしB車が来ることは分かっていましたが
B車が停車すると考え、一方B車はA車のウィンカーは見えていましたが
徐行しているA車が停車すると考えスピードを緩めず直進した
いわゆる「だろう運転」の2台の接触でした。

このようにゼブラゾーン走行は
修正要素にはなるものの重過失や交通違反ではありません。

とは言え、走行してはイケナイと思い込んでいるドライバーが多いはずですので
手前からゼブラゾーンの上を直進して右折する場合でも
左車線から側方・後方を確認しないまま右に車線変更して来る可能性を
充分考慮していなければなりません。

また40%を基本にされる過失割合については
通常2台の「接触した部分」によって決められるのですから、その結果によっては
逆転するケースも大いにありますので、当然事故を起こさないことが第一です。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ジャガイモの収穫 | トップ | 走行方法が曖昧な道路・・・②... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。