主婦ゲーマーのゲーム日記

世間に隠したオタク心を爆発させています。時折まじめに読書など。

クリア後感想~ドラッグオンドラグーン3

2014-01-26 11:50:33 | クリア後感想
だあああ!D分岐のラストバトルがクリア出来ない!!
1の新宿EDより難しいよ!(涙)
アクションゲームのラストバトルとは思えないラストバトルに屈しそうです。
でも、もうちょっと頑張る。(1,2,ニーアで全てのEDを自力で見たので、これもそうしたい)


*タイトル
「ドラッグオンドラグーン3」
2のような格好良い副題が付いていないのが残念。

*ストーリー
特殊な力を持つ「ウタウタイ」のゼロは幼き竜ミハイルと共に、同じ能力を持つ五人の妹全てを殺す為に旅を続けていた。これは、殺戮と救済に彩られた、あるウタヒメの物語である。

歌う事で力を発揮する「ウタウタイ」の姉妹が統治する世界。
同じウタウタイである長女「ゼロ」は妹達を全て殺害しようと決起するが失敗。
ゼロは瀕死の重傷を負い、パートナーである世界最強の竜「ミカエル」をも失ってしまう。

それから一年後。
ミカエルの生まれ変わりのミハイルという名の幼い竜を連れて、再びゼロは立ち上がる。

説明書のストーリーより前半を。

鬱ストーリーで知られている「ドラッグオンドラグーン」シリーズ。
制作会社が無くなったので続編はないかと思っていたのに、何年かぶりのよもやの続編です。
2からダークさが減りましたが、3は更に減りました。
ダークと言うよりはエログロ方向に(そこまでの物ではないですが、方向的にはそっちと。「CERO D」な感じで性的な会話が出て来ます。グロは最初にちょっとぐらい?

エンディングは1つクリアするごとに、時間が分岐すると言う形で4種類となっています。

*システム
戦闘の基本は今までとは大きくは変わっていません。
地上では、剣、槍、戦輪、拳の4つを使い分けて戦います。(使える武器は章が進むごとに増えます)
また、使徒という仲間が2人まで付いてきてくれます。
が、戦闘の助けになっているかと言えば微妙・・・。
1,2の地上戦では、屋外なら自由にドラゴンを呼べましたが、今回はボス戦がある所で呼びだして手伝いをしてもらうか、ボス戦でドラゴンに乗った地上戦を指定された時にしか乗ることが出来ません。
マップ上に一度に出てくる雑魚がぐんと減った(ニーア程度しか敵がいませんので、以前のような無双は楽しめません)ので、活躍させる時もありませんが。
上空戦がやりにくいのは相変わらず。(これは単に私が下手なせいでもあるかも)
また、上空のボス戦では、しばしば時間制限を入れられるドキドキ仕様となっています。
(ついでに。攻撃にも、突進は効かないとかなどの条件が付くことが多い)

戦闘の難易度の選択は無し。
ただし、攻略サイトによれば、ゲームオーバーしてコンティニューする時に敵の攻撃力が下がるらしいです。
1回コンティニューしたくらいでは、体感出来ませんでした。(あまりアクションが上手ではない私でも3回以上のコンティニューは無いレベルです)

1,2とプレイヤーを楽しませてきた武器の成長システム。
今回はニーアと同じくお金と素材でレベルが上がります。
雑魚が少ないものね・・・。
お金は敵の換金アイテムのドロップや宝箱、仕事の依頼で入手。
素材はニーアのような苦労はなく、宝箱、章クリア報酬、依頼報酬、店売りで手に入れることができます。
が、最後の素材は最後の分岐の超難関なラストバトルをクリアした後でないと売りに出されない為、ウェポンストーリーを全部見るのは至難の業となっています。これが楽しみの1つなのに!!!
戦闘時に持って行ける武器は各種1つずつ。
ハードの性能が上がっているのに、何故退化しているのか。
同じ種類の武器でも使える技が違うので2つは持って行きたかったのですが。

回復アイテムの所持数制限は今回も。
値段は割と安く感じました。


*まとめ
シリーズの続編ですが、1よりも過去の話しなので、前作未プレイでも全く問題有りません。
シリーズの特徴であった鬱でちょっとグロくてな部分は薄れているので、そこを気に入っていたこれまでプレイしてきた人には不満かも。
しかし、今作には棒読み俳優がいなくなったので、良くなった所もあると言えます。
(なんであの頃は、棒読み俳優をキャスティングするのが流行ったのでしょうね)
あと良くなったのは下手くそでも回復薬を全部使えばコンティニューなしでクリア出来る難易度になったこと(人によっては改悪でしょうね)、回復薬が安くなったこと(今、2の感想を見たら回復薬を買うだけでお金が無くなると書いていた)、ゲームオーバーになっても、最初からかチェックポイントから続けることが出来るようになったことでしょうか。
悪くなったのは、ゲーム機の性能が上がっているのに、雑魚敵の数がぐっと減ったこと、それなのに処理落ちすること(敵が地面や壁にめり込んでいることがしばしばありました。見えないから敵がいないと思ったのにHPが減るからあれ?と思ったら、地中にいたっぽいとか)、戦闘に持って行ける武器が減ったことでしょうか。
中ボスはバージョン違いが多かったのも悪いことの1つでしょうか。
それと一番悪いのが(私にとって)、武器のレベルアップが経験値制ではなくなり、ウェポンストーリーを統べてみる事に難易度が上がったこと(理由は上記)ですね。
音楽は割と良かったですが、ニーアほどは良曲は多くなかった印象。
ある分岐のエンディングが懐かしい曲のアレンジであったのは良かったです。

プレイ時間は短め。
1つ目のエンディングものろのろ進めた私でも1週間はかかりませんでした。(1日3時間もやってないと思う)
2つ目以降のエンディングまではそれぞれ1日で出来る程度。
(ただし、4つ目の分岐に入るには全武器を集める必要があるので、1日ぐらいはお金稼ぎに費やす必要が。)
ストーリー重視派としては物足りない気持ちです。
でも、ストーリーの一番大事な所は、4つ目の分岐でやっと説明されることとなるので、そこまで進めるのにそんなに時間がかからないのは、良いことなのかもしれません。

制作会社が潰れて続編は期待していなかった中、発表され発売日を待ち望んでいました。
そのため期待値が上がったのか、正直残念な気持ちの方が多め。
真のラストバトル戦については、このシリーズなら有りだとは思いますが、それまでの雑魚戦が微妙になったのが残念です。


*追加
ゲーム開始前に30分近くかけてデータインストールがされるのに、各章、サブクエスト開始時、コンティニュー時には、長々とロードが入ります。開始した後も所々ちょっと長目のロードが入ります。
せめてコンティニューの時くらいはロード無しにして欲しかった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 本日の読書 | トップ | 本日の読書 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。