主婦ゲーマーのゲーム日記

世間に隠したオタク心を爆発させています。時折まじめに読書など。

主婦レベルが1上がった

2016-09-18 19:45:12 | 雑談
私は、料理が不得意です。
レパートリーもありません。
ネットが発達してくれて、非常に助かります。某料理レシピサイト的に。

そんな私の元に一通のメールが舞い込みました。
「サンマをひと箱お送り……」
というネッ友さんからのメールです。


この時、まさに「なん…だと」の心境でした。
サンマは好きだけれど、「ひと箱」ってなんだ?
単位は匹じゃないのか?
箱って、某通販サイトの一番小さい箱より大きいのか?小さいのか?


が、遠慮を知らない私は、「お願いします」と返事をしましたよ。
が、大量に来ても、うちの冷蔵庫大きくないよ?
賞味期限ってどれくらいなんだ?いつも食べるだけしか買わないから分からないよ!

ということで、まずは冷凍の路線を考え、ネットで調べました。
うん、これなら腐らせることはなさそう。
で、全部焼くだけじゃ、芸がないよね~。
そうだよ、南蛮漬けだよ、と思い至りましたが、サンマって丸ごとじゃないよね…。
という難関がそびえ立ちました。

そう、私は魚が捌けない。
なんたって不器用。
しかし、今の世の中、3枚おろしの作り方の動画もございます。
見ていると、出来そうな気がしたのと、近くのスーパーで玉葱が安売りの目玉になっていたので、購入して到着を待機。
(大根も忘れずに)


そして、ついにサンマは現れました。
氷水に浸けられてやってきたサンマは、ぴかぴか。
ほんと、秋「刀」魚だわー。
スーパーで買ったのをみても、そう思わないけれど、取れたてでやってきたものは輝きが違う!!
(スーパーも同じように箱に氷を入れてばら売りされているのもあるけれど、皆がトングで触りまくるから、こんなに輝いていません。)


翌日、もう一度動画をチェックして、サンマを取りだし、いざ!
7匹のサンマを3枚におろしまくり、そのままの勢いで南蛮漬けまでゴー。
失敗したらすり身にしようと思ったけれど、意外に上手く出来ました。
(そのため、すり身にするのが勿体なくなって全部南蛮漬けへ)

焼く用は、本日の夕飯となり、美味しく頂きました。
あんまり好きではない息子も、ちゃんと食べていました。


さて、主婦レベルが1上がりましたが、ここのスーパーのを見ても、同じようにしようとは思わないかなあ。
あの輝きを見たら、ちょっと手が引っ込む。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クリア後感想~スターオーシ... | トップ | 本日の読書 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
無事に届いてなによりでした・・・が。 (すず)
2016-09-18 21:06:01
 こんばんは~。

(拙宅に頂いたコメントと重複するのですが)
まずは、すみませんでした。
サカナを人様にお送りする単位は、「一箱」なのが魚町。という事を、メールの初めに書くべきでした。

それにしても、サンマを三枚おろしにして南蛮漬けにされるとは素晴らしい!グレート! 「突撃お宅の晩ごはん」したいくらいです。

サンマの鮮度は、トングで持ってぐにゃぐにゃと柔らかいモノはダメです。お腹の中も、どろっとしていたりします。全身がピンと硬くて、くちばしが黄色いモノが美味しいです。

なんだか、かえってお手数をおかけしてしまい、すみませんでした。
美味しかったです (ペンタ)
2016-09-18 21:34:43
まずは、本当にどうもありがとうございました。
蜜柑に使うけれど、魚の単位に「箱」を使う日が来るとは思いませんでした。
しかし、その甲斐あって、美味しいサンマを食べることが出来ました!

これほど「全身がピンと硬くて」という状態のものは、見たことがなく、取り出したときにびっくりしました。
ただ、保存が悪かったのか、翌日冷蔵庫から出したときは、この時ほどピンとしていませんでした。

あと、お裾分けした友人も言っていたのですが、「脂が気にならない!」
ほどほどに乗っていてるのが良かったです。
脂がギトギトした時があるのですが、あれは時期の問題なんですかね?

南蛮漬けはしっかり染みこんで食べたいので、明日までのお楽しみとなっています。



コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。