主婦ゲーマーのゲーム日記

世間に隠したオタク心を爆発させています。時折まじめに読書など。

クリア後感想~デビルサバイバー2

2011-10-20 20:34:34 | クリア後感想
*タイトル
「デビルサバイバー2」

*ストーリー
友人ダイチに面白いサイトがあると言われ、主人公は「死に顔動画サイト ニカイア」に登録した。
親しい者が死ぬ前に、その死に顔動画が送られてくると言うそのサイト。

登録したわずか数時間後、ダイチと出掛けていた主人公は、偶然居合わせた同級生イオと共に、死に顔メールを受け取った。
友人に届いた自分の死に顔動画。
そして、その直後、動画通りに地下鉄が突っ込んで来て・・・。

薄れゆく意識の中、サイト管理AIからの声が聞こえてきた。
「あきらめますか?」
「ふざけるな!」
目を覚ますとそこにいたのは複数の悪魔。
悪魔達と戦い勝利し、悪魔達を使役する力を手に入れた3人。
そんな彼らの前に現れる、今回の未曾有の災害を引き起こした謎の敵。
彼らはやがてJP’sという組織とともに、その謎の敵と戦い、人類の在り方を考えることになる。


*システム
前作の「デビルサバイバー」(クリア後感想にリンクしています)とほぼ変わらず。
変わったところを幾つか上げてみます。
縁システム 仲間となったキャラクターとの会話イベントを進めていくことで友好度が上がっていきます。そのレベルによって、キャラの属性耐性やスキルクラック共有、悪魔の合体解禁と言った特典が付くようになります。

戦闘は前作と変わらず。貰ったその時に使わないといけなかったスキルチェンジのボーナスが無くなって、代わりにアドオンと言う名前で、合体時に使えるようになりました。(所持数制限はあります)

仲魔関連も前回と同じ。しかし、今回は悪魔全書が追加されたので、1度作った悪魔を手軽に・・・・はいきません。
喚び出し料金が高い!!!
なので1周目はほぼ登録のみでしか利用が出来ません。
今回追加されたAction(クリア時までに満たした条件)で得られたポイントで、周回引き継ぎ時に悪魔全書1割引+3割引(+半額)が取れるまでは使えないも同然です。
その為、周回引き継ぎ時に「新たな敵追加」を選べたとしても、それを倒す為の仲魔を2周目までに作るのはかなり大変です。(私は3周目で全撃破)

話が前後しますが、今回、このActionが追加され、2周目以降の引き継ぎに制限がかかるようになり、周回プレイに関しては前作より難易度が上がりました。(とは言っても3周もすれば全解除出来るくらいポイントが稼げるので、そんなには苦労しませんが)


*まとめ
前作に引き続き、お手軽に楽しめる作品です。
しかし、周回プレイにおいては今流行の?「実績による引き継ぎ条件が解放」となり、2,3周目がちょっと面倒になりました。
ですが、ただストーリーの分岐を見るだけしかなかった前作に比べて、やり込み甲斐があるとも言えるので、悪いばかりではないと思います。
引き継ぎ条件に追加ボスがあるのも◎。
ただ、そろそろイベントスキップ機能を付けて欲しいと思います。
じっとイベント(死に顔動画)を見る機会が多いので、5周もするといい加減面倒です。
多数の仲間キャラ達も皆、好感が持てます。
(一般人キャラが前作の使い回しが多かったですが)
BGMは今回、伊藤さんが担当でドキドキワクワクしていましたが、最初はメガテンぽくない・・・でした。
が、聞き慣れてくると、馴染んできて良い感じでした。
お手軽にメガテンをやりたくなった方、S・RPGが楽しみたい方にお薦めです。
ジャンル:
ロールプレイング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 本日の読書 | トップ | 本日の買い物&読書 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ケンキチ)
2011-10-22 18:51:22
メガテンシリーズやったことないんだよなあ。
だからと言って今積んでるゲームをほっとくわけにもいかないし・・・。
とにかく手軽なんだなと思いました。
Unknown (ペンタ)
2011-10-23 10:39:01
こんにちは。
このシリーズはメガテンでは泣かされる即死技が無い、主人公が死んでもゲームオーバーにならない、と非常に気楽な気持ちでプレイが出来ます。
人間の仲間もいっぱいいて、ご贔屓のキャラが出来れば益々楽しい。
ちょっとメガテンの雰囲気を感じてみたい方にお薦めですよ。(ただしメガテンの方はコマンド式RPGです)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。