主婦ゲーマーのゲーム日記

世間に隠したオタク心を爆発させています。時折まじめに読書など。

年末企画~「WA4」感想

2005-12-20 17:49:55 | クリア後感想
「ゲーム屋店員の戯れ言」さんからの情報です。
ワイルドアームズ総合サイト「WILD ARMS.net」オープン!

だそうです。

偶然ですが、今日の年末企画第4回目はWAです。ネタバレしてますので、ご注意を。

*タイトル
「ワイルドアームズ ザ フォースデトネイター」

*ストーリー
大戦により荒廃した異世界「ファルガイア」
世界を二分する激しい戦争の終結から10年余り経った「戦後世界」
『ファルガイア』とよばれるこの大地の上で、物語は繰り広げられる-

以上、裏パッケージより。
これでは、どんな話か分からないですよね。
私のようなゲーム好きな人間なら、雑誌を読んだり公式サイトを見たりしてどんなストーリーなのか買う前に確認しているけれど、そこまでしないような人には買ってもらえなさそうな気がします。

では、私からすごく簡単に。
村にただ一人いる子供ジュードは、村人に可愛がられながら母親と平和に暮らしていました。
ある日、軍用機が村の近くに着陸します。
軍用機に忍び込んだジュードは、捕らわれの少女と出会います。
彼女を助けたい、守りたいと思ったジュードは軍に雇われていた渡り鳥のアルノーと共に少女ユウリィを助け出そうとするのでした。
助け出せないまま村に戻ると、彼の運命を大きく変化させるような事態が…
そしてこの後、ジュードはユウリィ、アルノーと共に村を脱出。
途中ラクウェルを仲間に加え、ユウリィを追う者達から逃げまわることになります。

と言う感じでしょうか。

*キャッチコピー
それっぽいのが3つあるのですが、どれですか?
「少年は少女に初めて出会った。」裏パッケージ
少女どころか年が近い子にあったのも初めてです。
子供が他に誰もいず、大人達に可愛がられて育ったためかジュードは13歳という年齢にしては非常に純朴です。
この辺、好みが分かれるところかな?

「大人には分かってもらえない(だったけ?)RPG」CM
ジュードは私よりも長男の方が遥かに年が近いところに微妙な思いを抱きました。
私は、ジュードに未来を託し死んでいく大人達の年齢に近いのですよ。
「もうそんな年なのか…。私じゃ世界を救えないんだ。踏み台にならないといけないんだ」とちょっぴり悲しくなりました。

「空を見上げる君がいるから」解説書裏表紙
これはOP曲の歌詞の一部です。
いつも通りいい曲です。プレイ中はよく歌ってました。

*戦闘
今回大幅な変更となりました。
7つのHEXで区切られたバトルフィールドでの戦闘となりました。
一部のHEXには属性があるので、これをどう活用するかがポイント。
戦闘自体は反応値が早い順に行動するコマンドバトルです。
このHEXへのキャラの配置はランダムになっているのですが、配置によっては何もしないうちにユウリィが死んでいくのがザラです。
レベル上げに注意が必要です。
後半はラクウェルが非常に強いです。強すぎです。
挙げ句に行動回数を増やす「フォース(戦闘中にたまるFPを使って使用できる技)」を持っているので、はっきり言っていじめっ子です。
ちょっとバランスが悪いのでは無いかと思います。

*その他
フィールドが無くなりました。町やダンジョンは線で繋がれています。
見た目、メガテンです。
お陰でフィールドに落ちているアイテムやパズルなどを探す楽しみが無くなりました。
グッズが変更。キャラ固有のグッズを使ってダンジョンの仕掛けを解くのがワイルドアームズの特徴だったのですが、それがダンジョンに適当に配置されるようになりました。
ダンジョンではこれを使い、しかもアクション移動しながら探索しなければならなくなったのです。
これも悲しい変更点。ジャンプ移動、辛い。
アイテム、武器、アクセサリーが合成できるようになりました。
パズルは廃止され、アクションのミニゲームが出来るようになりました。
WAお馴染みの隠しボス「ラギュ・オ・ラギュラ」に会うためにはこのミニゲームがクリア出来ないといけないのですよ。
これはダメです
私は隠しボスを倒すのが好きなのに、挑戦権すらもらえないのは許せん!

*まとめ
この頃は短いストーリーが流行なのでしょうか。
これまた短いです。(このくらいで適当という人もいると思うけど)
その為、ユウリィの追っ手である「特務局ブリューナク(異能とよばれる特殊能力保持者集団)」の人たちの存在が薄いです。
1回出てきてやられてお終い。
こういう人たちは「覚えてろ」という捨てぜりふを吐いて去っていき、何度も登場するのがお約束でしょう。
せっかく味があるキャラ達なのに勿体ない。
キャラも戦闘システムも悪くない。ストーリーも一部???な所もあるけれど悪くなかったのですけどね。
とにかく物足りないという感じでした。

通常のナンバリングをしないのが特徴のワイルドアームズシリーズ。
次の5は一体どんなタイトルになるのでしょう。
次もアクション要素が高かったら、怒るよ?
ジャンル:
ロールプレイング
コメント (3)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« せっかく | トップ | ロマンシングサガ ミンスト... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
WA4は苦労しました (千晶)
2005-12-20 19:33:38
こんばんは。こちらではお久しぶりです。



何度も言ってますが、WA4はアクション苦手な者には

結構つらかったですよね。

ゲーム評で、よく「難易度低い」って書いてあったのに…。(笑)

私はラムダと同い年ですが、彼がジュードに

「おじさん」と言われているのがショックでした。

敵が薄いというのは、私も思いましたよ。

システムは、個人的にはWA:Fの方が好きでした。

ヘボゲーマーでも、まったり安心してできますから。
TBさせていただきました (桐生ハルカ)
2005-12-21 15:30:06
ペンタさんこんにちは^^



WAの新しいサイト、まだコンテンツはないですけど

気になりますね。どんなサプライズがあるのか続報が

期待されます♪



4のミニゲーム、私は挫折しました^^; ラギュと

戦えずに悔しい思いをしたので、次回作ではなんとか

してもらいたいですよね。みんなに平等に挑戦権を

与えていただきたいかとw



ではでは、コメント失礼しました~。
ありがとうございます (ペンタ)
2005-12-21 17:48:30
>千晶さん

コメントありがとうございます。

何度も語り合ったけれど、「アクション」が厳しかったですよね。

「難易度低い」と言った人、一体どういう人を基準に言っていたのでしょうね。

グッズを使った謎解きダンジョン復活希望です。

あのストーリーの長さならブリュナークのメンバーは半分で良かったのでは、と思います。



>桐生さん

こんにちは。

TBありがとうございました。

4のミニゲームは難しかったですよね。

私はどうしてもラギュと戦いたくって、旦那にお願いしてしまいました。

ラギュ戦よりもミニゲームの方が遥かに辛かったです。

ラギュ戦は今までに比べてあっけなかったです。







コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
WAの新しいサイト? (ソレイユ)
いつの間にか、こんなサイトができてたのね(゜0゜*)ホ--!! 「荒野の果てへ」が流れますよ~。 WILD ARMS.net 初代WAが1996年12月20日に発売されてから、来年10周年を 迎え